« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

イメージは、大きい

なぜ、チラシとかHPのデザインにこだわるのかといいますと、わたし自身がいっとき、文楽にハマったきっかけのひとつが、「国立劇場のポスター」にありました。

宇野千代さんの文章などで、ちらちらとは気になっていたのですが、いつも目にしていたのが、日比谷から銀座に抜ける地下鉄の通路などに大きく貼ってあるポスター。

写真家の青木信二さんの写真(雅楽のほうでもとてもよい写真を撮られていますね)だったのですが、人形そのものが強い意志を発しているというか、ドラマを背負って立っているような感じ。

(この写真はお姫様のようだけれども、どんな人なのかな?)、(このきりりとした立ち姿、カッコいい!)

写真を見ているだけで、なんだかワクワク、どきどき。。。

本気で何かを伝えたい、と思う時、やはりそのツールのひとつとしてのチラシにもこだわりたいと思うのです。。。




| コメント (0) | トラックバック (0)
|

HP、あともう少しです

なんか、せっかくいろいろ手を加えたのに保存をかけ忘れたりとか、エライことになっておりますが、とりあえず、公開してしまうつもり。

編集途中のページなどもあります。

HPは、わたしと皆さまがたをつなぐ「玄関」のようなもの。

できるだけわかりやすく、という思いで作っています。 wixを使っていて、こちらのブログ機能もあるのですが、当面、今のブログ(当ブログ)のほうで継続していこうかと思っています。

機能的には不具合がありますが、愛着もありますし。。。

Hp

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月29日 (金)

おめでとう、桐蔭吹奏楽部!

えっ、「突然なんですか?」って。。。

大阪桐蔭の吹奏楽部。

8月27日に開催された、「第64回関西吹奏楽コンクール」において、金賞・代表を受賞!!!

との速報が。。。shine

「野球じゃないんですか?」って?

いえいえ。。。なんとなく野球の陰にかくれちゃっていますが、野球だけじゃないんです!

今、JEUGIAミュージックサロンと、京都教室で笙のお稽古を受けている現役高校生が桐陰の吹奏楽部に在籍されています。
お母様から、「親バカでスミマセン」とのお言葉とともに、メールでご報告をいただきました!
こういった明るいニュースは本当に受ける側も嬉しくなりますね♪

笙のほうは始めてからまだ1年ほど、吹奏楽の練習に追われてまだまだ、、、
(お話を聞いていると、本当にスケジュールがびっちりです。今は朝、始発で学校に通って練習されているとか!)

ですが、10月の演奏会を過ぎたら、本腰をいれいて勉強されると、「宣言」されています。

こちらも「10月過ぎたら、びしびしやりますから覚悟してくださいね」と宣言delicious

先々が楽しみなかたです。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月28日 (木)

HP、佳境へ

9月1日ごろ公開をめどに、ただ今HP製作中です。

最小限の情報で、、、と思っていたのですが、やはりいじっているうちにページ数が増え、完成してから公開するか、under construction(このページは、ただいま製作中)として、途中でも公開してしまうか、迷っているところです。

1度デザインを決めても、スマホの画面でプレビューでみてみるとレイアウトが崩れてしまったりで、結構手こずります。

さて、今後の予定ですが。

10月21日、静岡文化芸術大学にて、大学の授業のなかで演奏とお話、10月25日(土)、毎日新聞社京都支局にていつもの「笙の響きと雅楽の愉しみ」(第5回)を行う予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。





| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月26日 (火)

楽器

前にちらっとFacebookにも書いたのですが、もう長年やってきていると「この楽器(竹管)にこのリードをつけると、こんな音色(おんしょく)になるだろう」という予想は漠然とつくのです。

ですが、先月のコンサートで3管のピッチが違う笙が必要となり、普段使っていない管に別の楽器からリードを持ってきたのですが、、、

予想とはまったく違う雰囲気の音になり、吃驚Σ(゚д゚;)


Img_1171

「想定外」って、困ることもありますが。。。

新鮮な体験。

まだまだ知りたいことがいっぱいありますなあ。。。

(写真は、わたしの仕事ではないです、はい)。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

東京経室の予定組み! (◎_◎;)(◎_◎;)(◎_◎;)

皆さんが希望する日時って、重なるときは重なるのですよね!!!

「複雑怪奇」なことになっております!(◎_◎;)(◎_◎;)

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月25日 (月)

昨日はJEUGIAミュージックサロン京都駅でお稽古

昨日は「JEUGIAミュージックサロン京都駅」でのお稽古でした。

「京都駅」というだけあって、本当に駅から近くて便利です。
名古屋から来てくださっているかたは、東京にいたときからの生徒さんで古株のひとり。
普段は普通の会社員さんで、随分ブランクがあったのですが、それでも昨年ご復帰、以来ほぼ毎月、来てくださっています。
唱歌は、ある程度きちんと歌える人のなかに、感覚で音がとれる人と、そうでない人とがいらっしゃいます。
感覚でとれない人、というのは概して「音名」を追う人。
音名の説明がないと歌えない、ということがあります。
正確に歌う人も多いのですが、感覚派(わたしもそうです)からすると不思議な感じ。
感覚派は、例えば蘭陵王とか、胡飲酒とかのメロディーが細かく動く曲でも別になんとも思わないのですが(むしろ、好むことが多い)、音名で追う人は、音数の多さにげんなり。。。
「考えないで、覚えちゃって!」と叱咤激励しています。
それでも、笙のお稽古を受け続けているだけでも、随分と雅楽の鑑賞力が深まってくると思います。
しっかりした「聴き手」を育てたい。
そこも視野に入れながら、お稽古をしています。

続きを読む "昨日はJEUGIAミュージックサロン京都駅でお稽古"

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月23日 (土)

ただ今、新Web Site構築中です。

New_website_2

8月末までに終わるのでしょうか! 

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月22日 (金)

笛の、かけ吹き

数日前に、京都瑞光寺様で合奏会を行いました。

笛は、川口先生がお時間が空いているときにみてくださるのですが、「胸がすっとするような」ご指導(課題曲は蘭陵王と鶏徳)。

かけ吹きは、笛の人の個性が最も出やすい部分だと思います。

ただ、明らかに「おかしい」かけ吹きのまま、ずっときてしまっている人も、なかにはいらっしゃいます。

師事した先生の違いもありますので、耳慣れない吹きかたで吹かれるかたもいらっしゃいますが、それは、バリエーションのひとつです。

困るのが、「それ、おかしいでしょう?」というかけ吹き。
「音数が足らない」とか。

以前に、「篳篥、笛の旋律が、だんだん平板になってきている、小節(こぶし)がなくなってきている」と書きましたが、同じことかもしれません。

「簡略化」してきているというか。。。

蘭陵王、今は管絃で吹いていますが、舞楽のときなど、出だしからかけ吹きですから、しっかり吹けていないとかっこ良くないでしょう。

そのあたりを川口先生は、的確にご指導くださるので、横で聴いていて気分も「すっきり」happy01

笙は、「手出し」できない部分です。
笙は笙で責任重大なところがいくつもあるのですが、「旋律」の細かな動きには手が出せません。

若い人たちには、どんどん勉強をしてほしいと思います。。。




| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月19日 (火)

HP製作中!

ただ今、HPを製作中。。。

やはり8月いっぱいはかかりそうです。
コンサート情報や教室情報など急ぎアップしたい情報を先にして、あとから徐々に構築していこうかな、、、と思います。。。

ブログの更新がしばし滞りますがご了承ください。

本日は京都での合奏会です。



| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月17日 (日)

ただ今京都着。

15時ごろ京都に着きました。
見事な晴れ女。

新幹線で通り過ぎた激しい雨をくぐり抜け。

着いたら快晴happy01

まっすぐ奈良へ戻ります。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月14日 (木)

東京教室中休み。。。

笙のお稽古、合奏会も無事終わり、ほっと一息。。。。

ちょっと休憩。。。happy01

と、休む間もなく。

ただいまHPを作っています。

つくり出すとはまるのですね、これが。

ただ、なかなか気に入った形にならず。。。

「夏休みの宿題」のようですcoldsweats01


東京の合奏会ですが、はなんと京都からも参加者が( Д) ゚ ゚

わたしのところの合奏会は人数は少ないですが、多分、ほかではやらないような練習方法をとっています。

地道にご参加くださっていれば、実力を蓄えることができると思います。

東京ではなかなか、毎月開催できないのですが。。。

東京・京都とも、どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月11日 (月)

明日から東京教室で、

明日から東京教室スタート、本日奈良から東京へ移動します。

相変わらずの超・晴れ女、懸念していた台風は抜けて、奈良、快晴sun
明日は、東京では久々の合奏会です。
なんと京都からご参加されるかたも。
楽しみです。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月 9日 (土)

仕事をしながら、HPを製作中

昨日は京都で生徒さんのお稽古。

その後、冷泉家の乞巧奠を拝見しに、京都アルティへ。
(以下、Facebookに書いた記事をコピペ)

*****************

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20140808000131

生徒さんに誘われて、行ってきました。夜の部満席。
雅楽は越殿楽や王昭君の奏楽、やや拍子抜け(確か盤渉の蘇合香などを奏するのでは)、かたや二星の朗詠はまさに朗々と歌われ、御見事。
蹴鞠、初めて拝見。ワールドカップの原点?
ポコーンとのどかな音をたてる白い鞠がカワイイ。
歌披講は久々に拝聴しました。
女性による披講は初めて聴きましたが、高音がきれいで、いいものですね。
ただ、いろいろな意味で、こういった行事を「舞台」にあげるには、まだ難あり、と感じました。それは主催者の側ももちろん自覚されていて、最後、無言で和歌をとりかわしていく「流れの席」のシーンなどは「お退屈ではありませんでしたか」と一言。(ただ、即興でとりかわされる和歌の内容に、なかなかなまめかしものもあって、会場から感嘆のため息が漏れたりもしていました)。主催者が心配されるほどには、退屈ではなかったのでは。。。
ただ、わかる人にしか、わからない世界ではありますので。。

本来は、人に見せるものではないものを舞台にあげるジレンマ。
(その悩みは雅楽の管絃でも一緒。管絃を舞台に上げることが「根付いて」きたのは、ここ50年ほどのことです)。

東京国立劇場は、数十年の経験を経て、伝統行事を舞台に上げることに習熟してきていると思います。やはり、「そのまま」ではなく、演出やその行事についての詳細を記したパンフレットなどが必要。

ただ、乞巧奠という神秘的でロマンチックな「遊び」、今民間に降りてきている七夕のルーツを体験でき、とても楽しい一夜でした。

夜の部は彬子女王もご来席でした。

平和だからこそ、こういった世界が伝承できる。
伝承が、常しえに続いていくことを願っています。
************************

ちなみに、冷泉家については白洲正子さんの「遊鬼」という本におもしろい文章が。

白洲さんのお父様を「地下人」と言ってしまうあたり、お公家さんだなあ、、、
なお、当時子供だった正子さんには、雅楽の伶人たちは古い時代から現れた、「おばけ」のように見えたそうです。

そんなこんなで、HP製作は、ぼちぼち進行中。

今、テンプレートをいじり過ぎて、元に戻すことができず、とんでもないことになっております(◎_◎;)

果たして公開はいつか!

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月 6日 (水)

枠からはずれていくことが楽しい

Facebook、6月に始めたものの、なかなか「面白い」と思えません。。。

幸い、今使い始めているHP製作の機能に、Facebook自動連携の機能があるようなので、閉鎖はしないと思いますが。。。

Facebookやツイッター、文字等を自由にいじる機能がない。。。

ブログやHPが好きなのは、自分でフォント(書体)ひとつにしても、好きなものが使えて、デザインを変えていくことができるからです。

わたしはどちらかというと「市役所に出す公式文書も、色鉛筆とかいろんな色で書いて、好きに出せたら、楽しい」と思うほう(やりませんよ、笑)。

よくそんな性格で、雅楽などやっていられる、と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、雅楽は、基本「ゆるゆる」な音楽です。

小節線のある音楽を想像していただければ、おわかりでしょう?

Facebook、広いようで狭い。。。

あの「タイムライン」の決まりきったボックスのなかに汲汲と押し込められるのは、かないません。。。

Facebookにクリエイティブを求めるほうがおかしい??

いえ!

生活の、ひとつひとつがクリエイティブであるほうが、楽しいですから!

電話のかけかたひとつだって、クリエイティブにできるのです。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

日々着々と、、、

新しいHPを作ろうと必死です(笑)。

こちらのブログで、お稽古の情報が正確にスマホなどで掲載されないようなのです。
わたしはスマホやタブレットは使っていないので、どのように情報が表示されるのか、逐一確認もできませんし。

他のページなどもおかしくなっていると困るので。まずは念願のwebsite、作ってしまおうと。

で、今日は素材になる写真を撮りに、ご近所の唐招提寺さんへ。

蓮はもう終わっちゃっているかな。。。

Hasu_no

ちゃんと咲いていました!

元々、唐招提寺は、俗世を離れた、清らかな雰囲気のお寺です。。。

以前観光ガイドさんが「奈良の人たちが数ある奈良のお寺でも一番好き」などと案内されていたのも、なんとなくわかるような。。。(もちろん、人それぞれ、好みや相性はあると思います)

鑑真和上が開祖、律宗のお寺。鑑真さんがいらっしゃらなかったら、雅楽の様相もまた随分と違ったものになっていたでしょう。

と、思うとついつい和上のご尊像にも深々と頭を下げてしまいます。

この、白に先端がつんつんとピンクの蓮、かわいいですね。
ただ、どの花も妖艶ながら、なんとも神々しいのです。これから咲こうというつぼみにまで、凛とした強い意志が感じられ。。。

「世界観」をこの花に例えた華厳経のことを考えたりしました。

唐招提寺にしかない、蓮の鉢も随分とあるようです。
あ、「皇居の和蓮」などというものもありました。

蓮好きには垂涎の、世界(わたしは、よくわからないのですが)。
子供の頃、バラが好きで丹精していたことがあり、いろいろな種類のバラを見るのが好きでしたが、蓮の種類もものすごく豊富です。名前を見ていても楽しい♪

ちなみに、唐招提寺さんの宝蔵館のほうは夏の間はお休みのようです。
天平のトルソや大太皷をご覧になりたいかたは、夏ははずされたほうが無難です。

そんなこんなで、コンサートのご報告の続き等も書けず。。。Web製作、8月いっぱいはかかるかな。

新しく録音なども録ってみたいので、さらに一層忙しい8月です。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月 1日 (金)

今月の予定など。

本日は1日。

今月の予定などをつらつらと。

拙ブログがスマホに対応していないことを受けて、早急に新しいWebSite(HP)を立ち上げたいと思います。

今のペースですと、間に合うかどうかわかりませんが、できる限り今月中に、公開できれば、と思います。

こちらのブログも記事やカテゴリーが増え、やや内容が読みづらくなってきたので、ちょうどいいタイミングかもしれません。

HPは簡潔なものにする予定です。
(ただ、内容は楽器の奏法詳細、さまざまな音源など、随時、充実を図りたいです)。

11日から東京教室

12日合奏会(予定)

19日合奏会(京都)。

JEUGIAミュージックサロン京都駅
は9日、24日。→無料体験もございます。
詳細は、
0120-513-791(JEUGIAミュージックサロン京都駅)へ。

8月、何もないのも淋しいので、奈良、京都近辺で、ミニコンサートやミニレクチャーなどをさせていただくかもしれません。

奈良、京都、魅力的で居心地のよいスペース、たくさんありますから!

ただ今、「宿題」をいただいています。
すでに出来上がっている笙(と弦楽器のための)作品の「添削」です。

コンテンポラリーの作品ですので、時間がかかりそうですが「年内まで」というタイムリミットをいただいているので、なんとかやれるのでは、、、と思います。

いつか、皆様にその成果をお届けできれば、と思っています。

先のコンサートでお世話になった皆様方への十分な御礼もままならず、、、(オルガンを貸してくださった土倉大明さん、調律師の小川瞳さん、チラシをこころよくお店に置いてくださったたくさんの皆様、そして、当日のボランティアとして、きびきびと動いてくださった生徒さんや関係者の皆様、その他ここに書ききれないくらいたくさんの方々のお力をお借りしました。本当にありがとうございました!)

すでに8月は走り出しました。。。

秋までに、どこまで進めるかな?

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »