« 心を磁石にして | トップページ | 100m先か »

2014年4月25日 (金)

譜面

笙をお教えするようになって、気がついたのですが、生徒さんたちは最初「楽譜の解読法」をまず学ぼうとします。

違うんです。。。

雅楽では「乞」の漢字一字だって、いろんな歌い方があるんですから。

調によって、大体の推測はできますが、最終的には篳篥と龍笛の旋律などによって歌い方が決まってきます。

さらに、譜面をみて、大体、音が起こせれば、「歌えた」と思っている人が多いのですが。

洋楽では、譜面から「音楽を起こす」訓練を徹底的にやるので、勘違いしている人が多いのですが。

音楽は、基本、「耳コピー」の世界。

唱歌で、先生が歌っている歌を「耳コピー」する訓練をします。そして、それを自分の「歌」として「発声」する訓練。

本当に、本来は楽譜はいらない。むしろないほうがいい。

ただ、大人になってから、こういった練習法では身に付かないので、譜面も最初からお渡しして、暗譜でなくてもいいので、歌っていただいています。

ここからはかなりハイレベルな話になりますが。

音程も、テンポもとりあえず「合っている」としても、歌を「歌として歌えている人」と、「そうでない人」がいるんです。。。

これを語学に例えますと。。。

It makes me so happy.  という文章があって、これを「読んで」正確に発音することは、できる、とします。

でも、自分の実際の会話のなかでは、使うことができない。。。

「読み上げる」行為と、実際の会話のなかで感覚的に使えるようになれる、ということとは、大きな違いがあります。

笙の場合、楽器が正確な音を奏でてくれて、譜面通り(機械的であっても)奏でていれば、そこそこ「正しい」合奏にはなります。

ですが、龍笛や篳篥の人は、やはり音楽として歌えるか歌えないのか、ということは顕著だと思います。

その能力を身につけるのに、やはり譜面は、邪魔。

根幹は、「歌」、「唱歌」です。

と、書いてくると、「やはり全部暗譜しないと?」と思われるかもしれませんが、そういうことでもないのです。。。

不思議と、正確に音程がとれていなくても、長くお稽古に来られていて、感覚で唱歌を身につけられているかたは、「歌」になっている「歌い方」をされるんです。

ああ、「曲」として理解されているな、と思います。そういうかたは別に譜面をみながらでも、フレーズ感とか、その調の特性みたいなものが、きちんと出ているので、歌いこなせているんだな、と思います。

「音楽」の、面白い部分をしっかり味わっておられるというか。。。

雅楽だけでなく、音楽全般に言えることでは、あると思います。。。。


« 心を磁石にして | トップページ | 100m先か »

笙・・・演奏に関して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 譜面:

« 心を磁石にして | トップページ | 100m先か »