« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月29日 (土)

自分の、方向性

もう、いろいろとやってみて、またやれる機会が得られて、また、支えてくださる人たちが現れて、感謝しつつも、立ち止まって、再確認です。

自分のやりたいこと、まだ2割ぐらいしか出せていないかな、というところ。

雅楽は、非常に最初のとっつきがよくない音楽です。

それで、「できるだけ、噛み砕いた形で」と「至近距離で聴ける環境」ということで、京都シリーズを始めました。

お客様を、育てていきたい、という気持ちもあります。

「鑑賞眼」ならぬ「鑑賞耳」でしょうか(笑)。

それを育てていきたい、と思うのです。。。

そして、それとは別に、笙を独奏楽器として育てていきたい、という想いがやはりありますshine

多分、京都コンサートシリーズで1回、2回と鑑賞されてきた方々は、3回目で、やはり合奏になると完全に「壁紙」と化してしまう笙の演奏を感じられたことと思います。

笙は、雅楽の「普遍の絶対的原理」を司っている、とは思っています。

ただ、、、陵王を吹いても、青海波を吹いても、笙のソロですと、一般のかたには違いがわからないでしょうcoldsweats01 多分、大ベテランでも篳篥、龍笛のかたでも。

如何に、「空気のように」さりげなく、でも繊細に篳篥や龍笛をサポートするか、が笙の使命。

笙は、楽曲の「個性」の部分には、ほとんど関わることができないんです。。。

例えば序吹きや於世吹の違い、管絃吹きと舞楽吹きの違いなどでの個性はありますが、同じ延八拍子の曲でしたら、笙だけ聴いていても、多分、どれがどの曲か、まったくわからないと思います。


以前からコンサートなどでお話してきていますが、雅楽器、そして笙は特に、「和楽器」のなかでも異色の存在です。

雅楽器は元々、海外から渡ってきた楽器です。

そして多分笙が一番、「原型」を残している楽器です。

篳篥も、龍笛も、おそらく楽器の形状はともかくとして、旋律などは平安時代に相当、「和風化」してきているはずです。

笙でメジャーコードなどを演奏すると「えーっ」と言われたりしますが、調子などでは、メジャーコード、普通に、頻繁に出てきますよ?

そんなこんなであらゆる可能性を感じつつ♪

4月13日のコンサート、どうぞよろしくお願いいたします。

113


| コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年3月27日 (木)

21日のコンサート、その他

無事に終了しました。

「笙の響きと雅楽の愉しみ」第3回「篳篥の魅力を探る」。

今回は東京から応援をお願いして、小林勝幸さんに演奏していただきました。

鵜殿ヨシ原研究所からは小山先生もご来場くださり、ちょっぴり鵜殿のヨシのお話も。

充実した内容となりました。

ご来場いただきました皆様、支えてくださった、生徒の皆様、今回も本当にありがとうございました!

今回は1回目、2回目と異なり、「篳篥」にスポットライトをあててのレクチャーと演目でしたが、「朝倉音取」を篳篥の独奏で演奏していただいたり、やはり高麗楽の貴徳急を後半、独奏で演奏していただいたりと、篳篥の魅力をたっぷりお感じいただけたのでは、と思います。

有り難いのは3回連続でいらしてくださり、毎回詳細なご感想を残してくださるかたがいらっしゃること。。。

わたしがお伝えしたい、「笙と雅楽の魅力」の部分をきっちりと受け止めてくださっているのが、丁寧な文面から伝わってきて、すごく励みになっています!

わたしは、ただ、決まった場所で古典を演奏しているだけでは、どうしても飽き足らないのです。。。。

雅楽は格式の高さと、その難解さゆえに、非常に「もったいない」ことになってしまっています。それこそ「もったいない、もったいない」と言っているうちに、だんだん「遠くのもの」になってしまって、しっかり鑑賞できるかたがたが減ってきているように思います。

「鑑賞の、きっかけ」をつくりたい、ということと、それとはまた別に、笙という楽器そのものの魅力を伝えたい、ということが、今、自分の目標になっています。

笙の、調子はわずかに6曲しかありません。

あとは自分で開拓するのみ。。。

神奈川のなごみ邸と東京経王寺でのコンサート、どうぞお楽しみに!







| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年3月21日 (金)

やっぱり根拠なく

やっぱり根拠なく
晴れ女。これから毎日新聞社さんでのコンサートです。!

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年3月19日 (水)

流れるような、柳の花

柳花苑は、一見、ABCBという曲の構成のようにみえて、実はもの凄く複雑です。

例えば入破などは、単純なABCBでおさまっています。
(いわゆる半帖がある曲)。

雅楽の曲の、この「単純な構成くずし」的なフレーズのつくりかたって、西洋のクラシックの世界では、やはり近代フランス音楽(モーリス・ラヴェルやドビュッシー)あたりがやり始めた?ことなのでは、、、と思います。

前回の「笙の響きと雅楽の愉しみ」では笙の響きの点で、フランス音楽との類似性についてお話しましたが。

西洋音楽は、偶数数から成る小節が規則的に展開していくのですが。。。

この話は、絵画論とも結びつけていくと、面白くなるのですが。。。

あさってのコンサートでは、この話まで、たどり着けないとは思いますが、そのうち、どこかでお話したいです。

柳花苑の構成は、アラベスク模様、というか、長いフレーズを少しずつ、パラフレーズさせていくところに、妙味があります。。。

まさに柳の花。。。

優雅です。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年3月18日 (火)

「篳篥の魅力を探る」今回はなんと、

来る21日の第3回「笙の響きと雅楽の愉しみ」レクチャーコンサート。

ゲストの小林勝幸さんに、篳篥の魅力を大いに語っていただき、リードの製作などについても伺う予定でしたが、なんと、鵜殿ヨシ原研究所の小山弘道先生も、お客さまとしてご来場いただけることになりました。

鵜殿の保全に40年近く、ほとんど半生をかけてこられた貴重なかたです。

小山先生がいらっしゃらなければ、宮内庁楽部を始めとする、篳篥のリードは一体どうなっていたのでしょう?

地元のたくさんのボランティアの皆様。

さらに、そのヨシを篳篥奏者のために、確保し、保存してくださっている皆様。

幅広い横のつながりがあって、初めて、「篳篥の音」が鳴るのです。

篳篥も、笙も、「自然素材」から作られている楽器、です。

楽器や歌は、人類の発生と同時ぐらいからあったのではないかと思います。

民族固有の楽器や歌。そして人を取り巻く自然があって、その恵みから楽器が作られて、その民族特有の音楽や歌が作られていきます。

自然が破壊されていくことは、そういった楽器が、作れなくなること。

わたしたちは、結局、「高速道路」と「伝統」や「民族の声」と、どちらかを選ぶときに、今、「高速道路」を選んでしまっています。。。

 

そう思って、今回のコンサートも、お聴きください。。。

小山先生にも、お時間がございましたら、昨年から今年にかけてのヨシの状況など、お話いただければ、と思います。

会場では、引き続き、SAVE THE 鵜殿ヨシ原署名集めのご協力呼びかけも行います。

また、今回は毎日新聞社京都支局様のご紹介で、「京都土の塾」様もいらしてくださいます! 竹林に囲まれた舞台なども、自分たちで作り上げられたそうで、興味深々。
またHPを拝見しましたら、農業などにも積極的に取り組まれているようで、とても楽しそうです♪


まだ残席ございますので、どうぞよろしくお願いいたします。

(ご予約は for_solo_voice@nifty.com まで)

| コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年3月14日 (金)

3月21日演奏会プログラム

第1部 篳篥の魅力を探る レクチャー
篳篥のベテラン、小林勝幸氏にその魅力を語っていただきます。
レクチャーのなかで、「朝倉音取」を篳篥独奏でお届けします。

第2部 春らしい曲を集めて 笙と篳篥による演奏
双調 音取
柳花苑
陵王

貴徳急(篳篥独奏)

壱越調調子
春鶯囀より遊声

*当日の演奏順序は、これに異なる場合があります*

柳花苑に、春鶯囀、、、

そうなんです、期せずして、源氏物語のなかの「花宴」のようなプログラムとなりました!

ご予約はfor_solo_voice@nifty.com まで。

よろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年3月10日 (月)

3月21日コンサート、4月のコンサートの準備

東京でのお稽古とリハーサルを終えて無事に帰宅しました。

まずは21日、京都でのコンサート。

小林勝幸さんは伶楽舎や小野雅楽会に所属、篳篥、左舞の大ベテラン。

一昨年、音輪会で芝祐靖先生が厳島神社にてご奉納演奏をされた際に、芝先生ご指名で陵王を舞われたかたです。

彼とは、もうかれこれ、30年近いおつきあい?でしょうか。
うーん、お互いに年をとりましたねえcoldsweats01(しみじみ。。。)

雅楽に対する熱意と、腕前は、とても信頼しています。

これだけしっかりとした古風なスタイルを守られているかたは、なかなかいらっしゃらない、と思います(故・東儀博先生に師事されていらっしゃいました)。

チラシの文面にも使いましたが、「荒くれ者の海賊達が感動して涙を流した」、という篳篥の音。

こんな音、だったのかもしれません。。。

3_2


4月はがらりと雰囲気変わって、上畑正広さんとのセッション。

昨年、京都で、リードオルガンのレクチャーコンサートで出演のご依頼をいただいて以来、はまっています、リードオルガンとのコラボ。

オルガンのリード、笙のリードとそっくり!!!なのですよ!!!

いわば、「同族」楽器なのですが、当然笙よりも音域が幅広く、ペダルによって強弱表現も豊かに出せます(通称、「足踏みオルガン」と言われるゆえん)。

どうしても、40代以上の人たちにとっては「小学校の教室に置いてあった」というノスタルジックなイメージしかありませんが、上畑さんの演奏にかかると、非常に豊かな音が鳴ってきます。。。

上畑さんの作品は、笙吹きにとっては、「ふふっ」と思わず笑みがこぼれるくらい、嬉しくなる音がいっぱい。

その作曲の秘密を伺って、吃驚しましたが( Д) ゚ ゚

上畑さんとのセッションは、まず、上畑さんがわたしの音を一音一音、丹念に録音するところから始まりました。。。。

職人肌の作曲家さんです♪

1132_2


 

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年3月 3日 (月)

駆け足で、大阪楽所講習会

今回は奈良にいられる時間が短く、また慌ただしく東京に行くので、ばたばたしております(いつもですが、笑)。

昨日は慌ただしく2時間だけ、大阪楽所の笙の講習会に参加させていただきました。

久々に参加させていただいて感じたのですが、大阪楽所は古いメンバーが多く、昔の演奏を忠実に守っておられる、ということです。

また、多忠完先生に始まり、多忠麿先生、多忠輝先生が厳しく指導をされてきた団体です。

笙の音が、輝かしく美しいですshine

いい楽器(値段、という意味ではないですよ)、特に古くていい楽器をお持ちのかたが多く、また昨日の練習場所は天井も高い部屋で、その響きにうっとりとしました。

関東では、体験できない、音響の世界です。


| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年3月 1日 (土)

今日は太陰暦、太陽暦ともに1日です

今日はなんだか「スタートライン」に立ったみたいな、不思議な日です。

太陽暦、太陰暦ともに1日(新月)。

そして占星術では物事が滞留するという、「水星の逆行」が昨日で終わったそうです。

わたしは占星術は詳しくないので、なーんとなく眺めているだけ、なのですが、確かに水星の逆行中は、交通機関のマヒ、経済界の大事件(株価の低下)など、起こりやすいなー、と感じています。

今回は雪によって東京からの宅急便が2回も遅れました。
それでも届くからスゴい、日本の宅急便!

本日1日から東大寺修二会の本行が始まりますね。

元々は修二会に惹かれて学生時代から奈良に通うようになり、2010年には修二会を含めて、3度、足を運ぶことに。

2011年も9日頃に修二会の聴聞に来ていました。

その直後に震災があり、東京でお稽古場として使っていた会場がすべて閉鎖に(一時的なもので、数カ月で解除されましたが)。

余震が続く東京では電気コンロも、火を熾すことも危なく、笙の調律もままならなくなり、このままでは、わたしは生きていけない〜、、、と、引っ越しを真剣に考えたときに、「自分が一番好きな、奈良に住めないだろうか」と考え、5月に移動。

雅楽とともに、自分の人生の支え、といいますか、大きく影響を受けているのが東大寺の修二会、そして奈良の文化です。

なぜ、こんなに惹かれるのか、今もってまったくわかりません。。。

今年はコンサートの準備や練習が忙しく、聴聞に伺えるかな。。。

まずは3月21日の京都でのコンサート、どうぞよろしくお願いいたしますcat

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »