« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

物で栄えて

「物で栄えて、心で滅ぶ」

薬師寺の名僧、高田好胤師の有名な言葉。

でも、心は栄えることを求めます。

そして、物にも、心があります。

(楽器を扱っているヒトは、よくわかりますよねー)。

物で栄えて、オーケーだと思います。

でも、その豊かさを循環させること。

「物で栄えて、心で滅ぶ」なんて、今、貧しさに苦しんでいる人たちにとっては、みじんも役に立たない。

「物で栄えて、心もさらに豊かにshine

そして「物がないときでも、心も一層豊かにshine

。。。と、いうことを大掃除をしながらふと思いついたわたし。

家具も全部移動しながらの久々の大清掃。

お正月はずっとお掃除だわsweat01

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月30日 (月)

仕事納め

笙教室は本日が仕事納め。

P1000621

ただ、生徒さんたちへのメールなど、まだまだ仕事は残っています。

今年笙を始められたかたも、継続しているかたも、それぞれのペースで前進しています。

今年は東京教室で、音輪会川口会長のご協力もあって、ようやく三管での合奏会が実現しました。

京都でも、吹けるようになってきたかたが増えてきたので、来年からはできるだけ合奏練習の機会も設けようと思っています。

スケジュールの調整が、皆さん、いそがしいので、結構大変なのですがcoldsweats01

でも、その調整を利かせるところが伊藤笙教室の利点でもあるので、マネージメントもスムーズにいくように心がけていきたいと思っています。

今年は10月より「笙の響きと雅楽の愉しみ」レクチャーコンサートを始めたこともあって、秋からの仕事の勢いがすごかったです。

仕事のひとつひとつでお会いしたかたがたがとても素晴らしい音楽家ばかりで、来年以降も何らかの仕事に結実していきそう。

さて、東京の皆様、来年は東京でもコンサート、ライブなどができそうです。

関西に越してきて、早や3回目の年越しですが、ようやく基盤ができてきた感じ。

この基盤を元に音楽的にもいろいろと高めていきたいと思っています。

今年はたくさんのかたがたにお会いできて、楽しく、また実りの多い1年でした。

たくさんのかたがたのお支えがあって、なんとか関西と関東を往復しながら暮らすことができています。

ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

(写真は近所の薬師寺さん側の街頭です。この通りの夜のとっても渋い雰囲気、好きです)。

伊藤えり拝☆

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月28日 (土)

久々に、

名前を間違えられました。

病院です。歯医者さんです。

間違ったカルテで、治療されちゃいました。

と、言っても歯石をとる程度のことだったので、大事には至らなかったのですが。。。

わたしの名前、「えり」は元々は漢字です。

ところが、子供の頃からしょっちゅう書き間違えられ。。。

中学校の卒業式のとき、卒業証書をもらうために壇上にあがったわたしは、やや目が涙で、うるうるとしていたのですが。

受け取った証書の漢字が間違っていて、一気に涙が引っ込んだこともcoldsweats01

コンサートなどでも、プログラムで名前が間違われていることは、ざらにあり。。。

先輩から「伊藤さん、今日はあっていてよかったね」と言われたり。

数年前には届く郵便の宛名の大半が間違い(パソコンで変換しにくいからでしょう)、もういちいち、訂正するのも面倒なので。。。

CDをリリースするときに思い切ってひらがなにしました。

ところが、CDが江原啓之さんをフィーチャーした作品だったため、多くの知人に「江原さんのアドバイスで、名前を変えたの?」と勘違いされることにcoldsweats01

ボランティアで収録にいらしてくださった江原さんとはゆっくりお話もできず、 ましてや、人気絶頂の霊能者がそんな簡単に、人を見たりはしません。。。

プロですから。

さて、病院などでは、保険証を提出するので、さすがに漢字で診察券なども作っていただきます。

そして「同姓同名のかたがいらっしゃるので、生年月日をお願いします」と確認されることもよくあります。

こういうときは、「キラキラネーム」って、いいのかも。。。と思ったりもしますhappy01

オンリーワン、ですからね。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月27日 (金)

昨日奈良に戻り、

東京教室は一応、仕事納め。

奈良で30日に1名、お稽古があって、これで笙のお教室のお仕事は「本当の仕事納め」。

重い荷物の持ち過ぎ? 肩をいためて長島鍼灸院に駆け込み、だいぶよくなりました。

適切な養生の方法もご指導いただけ、本当にありがたいです。

「トータルで体のバランスを診る」ことって、西洋医学では今、完全に欠落していると思います。

ただ、鍼灸師さんでも、体の全体のバランスをきちっと診ることができる人って、おそらく1000人、もしかしたら1万人くらいににひとりぐらいなのでは。

奈良、今日は突然雹が降りました。

山に囲まれた盆地の気候は、猫の目のように変わります。

関西に移住してきて3度目の冬。

だいぶ慣れてきたものの、今年こそは暖房費を節約したいです(笑)。

「笙の響きと雅楽の愉しみ レクチャーコンサート」第3回は、おそらく3月に変更となる予定です(第2回にご来場くださった皆様には、15日、と告知してしまったのですが。。。)

古典用の笙をオーバーホールに出しました。どんなに早くても、2月の上旬に出来上がる予定です。

そうすると、練習する時間が取れないと思いますので。

本当は、「舞」についての特集の回にしようかと思っていたのですが。。。

1、2回と「笙」で来ているので、いきなり舞に持っていっても、連続で来られているかたも、戸惑われるのでは?というご意見もいただき、3月に、再び笙の演奏を中心として、第3回を行おうかと思います。

どうぞお楽しみに。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月23日 (月)

ただ今東京教室!

年の瀬に向かって、忙しくしております。

土曜日から東京教室、合間を縫って旧知の知人に会ったり、また来年お手合わせをお願いしたいミュージシャンにお会いしたり。

頭の遠くで、「年賀状、早く書きましょうね」というエコーが鳴り響いているのをききつつ(笑)、東京のクリスマスのイルミネーションにうっとり。。。

そんななか、金曜の夜に東京に到着したら、母が大腸炎!

ノロウィルスではないそうですが、感染性が強いとのことで、要注意。

家事を手伝いながらのブログアップです。。。

来年もいい年になりそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月18日 (水)

俄然、面白くなってきた!

楽器の製作に関しては、昔の楽器の作りや音を理想としています。

ここ10年ほどで、普及管クラスの楽器の製作のレベルが上がってきた、、、と思っていましたが、プロ仕様のものの製作がなかなか安定していない?ようなところもありました。

ですが、いろいろと丹念に足を運び、またお話をしているうちに、わたしのワガママ(要望)を受け入れてくださるかたも現れてきました。

わたしには、わたしなりの経験値と、音へのこだわりがあります。

また、変わりゆく世の中の状況にも合わせて、笙の音を紹介していきたいと思っています。

最初に書いたことと矛盾するかもしれませんが、100年前の人たちと、「耳」や「嗜好」が変わってしまっているのは、どうしようもないことです。

でも、今の時代に生きているわたしも、昔の楽器の音に触れて、ハッとすることがある。。。

そして例えば、100年前には考えられなかった、スタジオ録音、という状況で、どう笙の音を鳴らしたらいいのか。

エンジニアのかたにどのように説明して、どのような要求をしていったらよいのか。

エンジニアのかたも初めてであり、またお互い初めてだからこそ、失敗もありますが、それは「失敗」という名の経験値。

むしろ失敗ですらなく、次へ活かしていける、貴重な体験です。

誰も体験していないことを、体験しているのですから。。。

意識の自由度を高くして、臨んでいきたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月15日 (日)

京都Jeugiaさんでの笙のお稽古

京都jeuiaさんでのお稽古
京都駅すぐそば。

遠方からの生徒さんに好評です(名古屋からのかたもいらっしゃいます)。

荷物が多いわたしにも有り難い場所です。

お教室も新しくて明るい雰囲気。

今は月1回ですが、2回ぐらいには増やせたら、と思います。

詳細は→ http://gakki.jeugia.co.jp/kyotostation/course/original/other.html#shou
Jeugiaさんの体験レッスンは無料です。
0120-513-791 もしくは ネットからの問い合わせ
https://www.jeugia.co.jp/school/yamaha/form/?s=0079&k=1

へ。

写真は京都タワー。。。

さあ奈良へ帰ります♪

その他のお稽古場所に関しては下記をご参照ください。
京都(伏見区)、東京(主に文京区)、千葉(柏市)
→ http://sho3ku.cocolog-nifty.com/blog/lesson.html

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月14日 (土)

室温20度以下だと

かなりきついです。笙の温め。

600ワットのコンロでも時間がかかります。

先日、久々に楽器をかびさせた人が現れましたweep

わたしのところに初めてお稽古にいらしたかたですが、長年の経験者。

それが、どうして、、、(こんなことに?)と思いましたが。。。

仕事の都合などでかつて通っていたところに通えなくなったそうで、数年、ブランクがあったそうです。

それでも笙をやはり続けたいと思われて、わたしのところにいらしたのですが。。。

ご家庭の事情で、いま、 家で練習できず、川べりで吹かれたのだとか。

家で楽器は温めていって、終わって戻ってからまた、温めたそうですが。。。

黒い根継ぎの部分に白いカビが。。。


もちろん、神社さま、お寺さまでの奏楽など、気温のことなどいっていられない場合もあります。

外で吹く際には、一時しのぎですが、使い捨てカイロをタオルなどに貼って、楽器にまきつけておく、ということもできます。

ただ、祭典の伶人の奏楽の場が人目につきやすいところでしたら、場合によっては見苦しくなるので、気をつけましょう。

わたしの感覚では、室温は23度以上になると、楽器の温めも少し楽になるようです。

20度以下になってくると、かなり、時間もかかります。

せっかちな人は強いコンロで表面だけ温めて吹こうとしますが、要は竹がささっている根継ぎの部分も温めてあげないといけない訳ですから、匏のなかの温度も、上がっているかどうかイメージしてください。

鏡の部分の温度は、やはり非常に参考になります。

こういったことは「手」の感覚で覚えるしかないので、、、

笙の「修行」のうちかもしれませんね

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

体を壊せば、

当面の予定はこなせるのですが(笑)、先々の仕事は不履行。。。ということになってしまうので、自分もつらいですし、他の方にも迷惑がかかることに。

で、じわじわと体力づくりをしながら、(そして、休みたいときは、たっぷり休んで)、仕事にとりかかっております。

昔は「休む」ことに罪悪感を感じることもあったのですが、今思うと「バカ言ってるんじゃありません!pout

わたしは特にエネルギーの発散と消耗が激しい体質のようなので、消耗したときは諦めて「充電」することに(パソコンのバッテリー「充電マーク点灯中」)。

12月7日のコンサートのあと、いろいろなかたからメールをいただいたり、またそのかたが知人のかたをご紹介くださったりと、さまざまな輪が広がりつつあります。

ご返信、御礼、連絡が遅れているかた、申し訳ございません。。。

ね、年内にはなんとかsweat01

予定調整中でございます。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月12日 (木)

リードオルガンつながりで

リードオルガンのコンサートのご案内です(わたしは出演しません、念のため)。

前回も好評だったそうです。

内容も、演奏も、お勧めします。

「リードオルガン良い子組」って名前が可愛いcat

(以下、ご案内のメールから転載)
*****************
我々リードオルガン良い子組は
http://reedorgan.org/mokuji.html
10/20に第一回のコンサートを開催しました

12/14 土曜日に
第二回目となるコンサートを開催します

~リードオルガンコンサート『12月の街角』~
日時:2013年12月14日 (土) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日共に 1,000円
主催:リードオルガン良い子組
共催:塩屋音楽会
協賛:アトリエ・ピアノピア
http://www.nedogu.com/blog/archives/8253

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

びっくりだわ! ネクスコさん

この件につきましては、NEXCO西日本さんより後日ご連絡をいただき、ご説明がありましたので、追記があります↓(2014年1月16日現在)
http://sho3ku.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/nexco-4b27.html
合わせてお読みいただけますと、経過をより一層ご理解いただけると思います。

***********************************+

(もう一つのブログにも同一記事をアップしていますが、こちらのほうがアクセス数が多いのでhappy01、このブログにも掲載しますね)。

本日、第3回目の「新名神高速道路 鵜殿ヨシ原の環境保全に向けた検討委員会」が高槻市であり、参加してきました。

2時間で終了の予定が2時間45分、ほぼ3時間近くノンストップで行われました。

前回よりは、ネクスコさん側の実験の成果ご披露の時間が少なく、検討委員のかたの発言の時間も、少しはあったのですが。。。

会場には実験や観測に使われている無線のヘリコプターなどが展示され、なんか、やっぱり、ネクスコさんって感覚がずれているなあ、、、と。

「お金をかけてます、最新の技術を使っています」というアピールではなくて、実験の内容と成果、なのです、保全のために求められているのは。

相変わらず、種を蒔いて発芽させる、という、とんちんかんな実験をされつつも(今回は、オブザーバー側からも、そのとんちんかんさの指摘がありました)、ようやく来年度から地下茎の移植に取り組んでくださる、という朗報もあって、、

少しは実験の態勢も、向上してきたのかな、と思ったのですが。。。

最後の最後に、、、

ほんと、びっくりしました。

実際に、工事を請け負う責任者のかたのご発言が終幕のほうであったのですが。

まず、11月18日に「SAVE THE 鵜殿ヨシ原」の活動によって大臣に7万9000筆近くもの署名が提出されたことについて触れられたのですが、、、

なんだか、怒りに声が震えておられ。。。

(えっ、何を今更。。。署名集めのことはもう1年以上も前から、よくよくご存知だったはず)。

「あなたがた、一体、何がそんなに心配なんですか!」と詰問され。。。

(心配、というより、このままでいくとヨシがなくなる、という現実があるから、この検討委員会があるのでは。。。一体?)と、思っていると、さらに

「我々が国交省が行ってきている導水路や揚水ポンブを止めるようなことをする訳がないでしょう! 配慮して工事をすると言っているでしょう!私たちが出しているパンフレットにも、ちゃんと書いてあります! ヨシを守れるという保証が、ほしい、保証保証ってあなた方は!」と、ご発言。

ええええええええ!!!!?

随分、お金をかけて、まあ立派なパンフレットを作ったな、と思って眺めていたのですが、確かに書いてあります。

でも、具体的に導水や地下水に影響がでないための工事方法も提案も、何ひとつ、書かれていません。

で、パンフにある写真にも、導水路を「ばっさり」、高速道路が横断する図が、堂々と明記されているのですから。。。

全然、論旨が通っていません。。。それに、篳篥のためのヨシが増やしていけるという保証、というよりは「確証」が得られないと、計画通りの工事を認められない、という雅楽界側の要望は、とっくにご存知のはず。


「あんな実験、やりました」「DNAの鑑定もしています」「GPS使いました」「無人へりも飛ばして」「これだけ、地下の水脈調べました」だけでは。。。
(どのご報告も、まだ「結論」が出ていない段階です)。

中には成果が待たれる実験や調査もあるのですが、、、

全体のデータの流れやアピールの仕方が、「素人の目くらまし」にもとれます。

ネクスコさんって、もう少し文化的、紳士的に話を進めてくださる会社かと思っていたので、ちょっとショック。

そんな、威丈高に怒られても、っていう感じです。

でも、おそらく、マスコミのかたがたは「不安にかられた地元市民が公聴会に詰めかけた」云々、書くのでしょう。。。

パンフの立派さには負けますが(笑)、鵜殿ヨシ原研究所などで出しているリーフレットの情報なども、きちんと把握していただきたいものです。

わずか数%台までに落ち込んでいた葦の植生を20%台に戻すだけでも何十年とかかっている、ということを。。。

「心配」ではなくて、「現実」です、これが。



さらに、今回、公聴者がやや過去2回に比べて少ないという印象を受けましたが。

今回は、これまで来ていた、ネクスコからの検討委員会のご案内のメール、来なかったんですよね。

まあ、今回以降は「自分で情報をチェックして、来てください」ということなのでしょうけれど、そういうことなら、その旨を伝える御連絡があってもしかるべきでは。

今回の検討会の日程を知らなかった人、多いはずです。

そうかと思えば、今回は宮内庁楽部からのオブザーバーも、また、過去2回と同じく東儀秀樹さんも、ご欠席。

楽部の先生方は、12月と1月は、予定がいっぱいで動けないのもわかりますが。。。

「当事者」(篳篥の演奏者)不在のまま、篳篥用のヨシの保全を巡っての検討会。

なんとも釈然としないものも感じました。



10年後から20年後ぐらいには、「篳篥奏者」という職業が、宮内庁からも、民間からも、なくなるのでしょうか。。。

宮内庁の楽師というと、笛か笙しか、いなくなるという。。。
定員が20名ぐらいになるかもしれません。そうなったら、もう「トキ」のような状態です。

まあ、そこまで行く前に、もっと細い、他の地域の葦で、どうにかこうにかリードが作られ、音色も音量も貧相になって伝統は続いていくのかもしれませんが。。。

道路を作る側だけでなく、国全体が、文化より道路、という方向で動いているんだなあ、、、と思います。

ネクスコで、劇的にヨシを増やす方法とか、本当に見つけてくだされば、歴史に残るぐらいの工事事例として名を馳せ、雅楽も救われるのですが。

もう少し、真剣味が欲しいです。
真剣に、成果を、実績を出してください!












| コメント (1) | トラックバック (0)
|

2013年12月11日 (水)

2013年が過ぎていきます

2011年の5月に

東京から奈良に引っ越して来ました

27、8年ほど住み慣れていた文京区を離れました

大好きな文京区

でも、ここ10年ほどは、どんどん空が狭くなるのが息苦しくてたまりませんでした

関西にはまったく知り合いもいず、

親しい知人にもほとんど言わずに、

部屋をたたみ(部屋にも長い間住まわせてくれた御礼をいって)、

自分の人生の一つの幕がおりたように感じながら、

新幹線に乗り、

それでも(本当に引っ越せるのだろうか)といぶかりながら

東京を離れました

新幹線のなかでさえ

(余震で新幹線の線路が倒壊するんじゃないか)

とか

(富士山、爆発したりして)

とか、考えながらも着いたホテルでほっとして(引っ越しの車は翌朝に着くことになっていたので)、

翌朝、いよいよアパートの鍵をあけるために近鉄線に乗って

早朝の朝日に輝く垂仁天皇陵をみて、震えるほど感動して、

その部屋の鍵を開けたときに、

すでに人生の次の幕が開いていたとは

気がつきませんでした。

住み始めてすぐに東京との往復生活が始まって

いざふたを開けてみたら、関西には20年以上も前に同じ舞台に立っていた人たちが何人もいて

ご縁が、水紋のように広がって

必死で演奏をし、話をしているうちに

つながりがつながりを呼んで

どうにかこうにか暮らせている

こんな人生があるなんて

思わなかった

2013年が過ぎていきます

2013年という年は宇宙で一回しかありません(当たり前か(◎_◎;))

もうすぐ終わるんだな。。。

来年も驀進しそうです

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月 8日 (日)

無事終了

第2回、「笙の響きと雅楽の愉しみ 伊藤えりレクチャーコンサート」、無事に終了しました。

響き的に笙にぴったりなホールで、調子を演奏できるのは、無上の喜びです。

本当はコンサートホールとしての場所ではないのですが。

にも関わらず、会場を貸してくださっている毎日新聞社様、ありがたいです。。。

会場リハーサル中でも、オルガンの大森幹子先生と笙の息があってきて、思わず二人で「わー、きれい!」「きれいですね、楽しいですね♪」と言ってしまった瞬間がありました。

篳篥の大原孝宣さんとは、「それでは、これから越殿楽を」と笙を吹こうとして、わたしが盛んに温めていたのは、洋楽ピッチの笙。

古典ピッチの笙はすでに冷えきっていた。。。という失敗もありましたが、「では、越殿楽は第2部に」ということでなんとか乗り切りました。いつもはこのタイミングでこの笙を使うから、ここで温めて、というのは抜かりなく計算しているのですが。。。初めての失敗です。

トータルのプロデュースから、宣伝などをすべてひとりでやっているので、なかなか大変ですが、それでも今後の企画への新たな夢も湧いてきました。

今回は(ブログをずっとお読みくださっている皆様はご存知かと思いますが)、直前にわたしのメインPCがこわれ、しかも過去2ヶ月近くのデータが復旧できず、1回目のコンサートのときの記録がすべて吹き飛びました。

アンケートで、折角「今後の演奏会の案内希望」としてくださった皆様に連絡がとれず、申し訳ございませんでした。

直近のご案内にも関わらず、いらしてくださった皆様に感謝です。

また、午前中から会場設営、そして受付やCD販売などでご協力くださいました皆様、ありがとうございました。

支えてくださっている皆さまのお力なしには、コンサート、成立しませんから。。。

心から御礼を申し上げます。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月 5日 (木)

12月7日コンサートのリハ終了

本日は7日のためのリハを会場の毎日新聞社ホールで、大森先生と行いました。

本当に、響きが丸く柔らかいホールですね。

リードオルガンと笙の音が、まるで天に上っていくようで、二人で聞き惚れてしまいました。。。

前回(3月)より、さらに進歩。

大森先生と「面白いですね」といいながら掛け合いの合奏になっていきました。

さて、明日は篳篥の大原さんとの合わせ。

篳篥はあの会場でどう響くのか。。。

本番はあさってです!

残席ありますよ。

ご予約は
for_solo_voice@nifty.com

まで。

よろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月 1日 (日)

12月7日のコンサート

実際にドビュッシーの譜面を見ながら、笙の音との類似点を探ります。

これはわたしの「個人的な見解」ではなく、出典はエタ・ハーリッヒ・シュナイダー。
1940年代から日本に主にチェンバロの指導で来日されていた、ドイツの著名なチェンバロ奏者(と、いうよりは鍵盤楽器全般?)。

多分、とても貴重な内容だと思うので、今後、東京その他の場所でも、やってみたいと思っています。

なんだか、難しそうだな、、、と思われるかたも、ご心配なく(笑)。
演奏のほうもお楽しみいただけると思います。

ご来場ご予約は、

for_solo_voice@nifty.com まで、お名前と枚数を明記の上、メールをお送りください。(必ずPCからのメールが受信できるメールアドレスからご予約ください)。
よろしくお願いいたします。

Photo

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »