« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

ツィッター退会しました。

2007年か8年に次いで、2回目の退会。
当時はまだ日本語版がなくて、英語版で始めたものの、魅力を感じず、退会。

ツィッターを見直し始めたのは、震災のときです。

早野龍五先生のツィッターはいち早くみつけて、ずっとチェックしていましたし、電車の遅延情報も利用していました。

今回は、ツィッターの時間がもったいなくなり、退会。

書きたいことはブログでいきます。

Facebookは、当分始めるつもりなし、です。

さて、東京教室の準備〜!



| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年7月30日 (火)

なんだか、、、

急激にいろいろなところでご縁が広まりつつあります。

昨日はリードオルガンの会の大森先生宅で、諸事打ち合わせ。
結局、お集りの皆様への、笙のミニレクチャーみたいになってしまったのですが、とても楽しかったです。

大森先生のお宅は、まるで「小さなリードオルガン博物館」のよう!

また共演させていただけること、楽しみにしております。

明日は、こちらのブログでわたしのことを紹介してくださったブロガー、ノラドラさんが京都のお稽古場に現れます。

伊藤が再び猫になる日も近い?!cat

ノラドラさんのブログは、1日1万の読者がいらっしゃるという、人気ブログ。

「おこぼれ頂戴」ではありませんが、わたしのブログへのアクセスもすごいことになっています。ここ数日は普段の4、5倍、でしょうか。さすがに1万なんていきませんがcoldsweats01

わたしも読めるところから拝見していますが。。。

お友達の「しーちゃん」のカテゴリーの記事、なんだかすごいです。。。
(必読!)夕べは夜中に記事を開きまくってしまいましたよ〜。

なんだか、田舎の道ばたに小さな仏さまやお地蔵様の像を見つけて、思わず手を合わせているような気分。。。ありがたい。。。こんな人、世の中にいらっしゃるんですね。

さすがに1日1万人の人を惹き付けるブログともなると、文章も絵も、構成もすごく考えて作られているなー、と別の観点からも感動。

気持ちを込める、ということ、また新たなに教えていただいたような気がします。

と、いってもわたしのブログが突然に変わる訳ではありませんが(笑)。

ますは、演奏とお稽古に専念、、、いろいろな形で笙の音の魅力を広めていきたいです。

京都でもう1カ所、新たにお稽古場を増やそうと奮闘中。

詳細決まりましたら、またアップしますね。
土日のお稽古も可能になりそうです!

よろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年7月28日 (日)

sound cloudに新しい音源をアップしました。

未発表音源ですから、貴重(?)ですよ(笑)。

CD「祈りの海へ・・・」は2008年12月に「府中の森芸術劇場」で録音(1回目)、その後追加で翌年1月に2回目の録音を行って、どうにか、完成させました。

12月の録音は、朝9時からホールに入って、確か夜の10時まで。。。
9時からすぐにピアノの調律スタート、確か10時ぐらいから他の出演者入り、「笙エキストラ」の皆様にはその場でリハーサルをしていただいて、出番待ち、その後江原啓之さんの到着待ち、その間にこのトラックを録りました。

本当に本当のFirst Sessionです。

基本のメロディーだけお伝えして、あとはほとんど即興と多重録音で、楽譜は存在しません、悪しからず。

迷った末に、CD全体の統一感を考えて、このトラックはCDに収録しませんでした。

今、聴いてみると、意外と悪くないかな?(自画自賛)

ピアニストの高橋全さんは、スタインウェイかベーゼンドルファーか、迷われて、当日はスタインウェイを選ばれました(贅沢なホールです)。

そして、贅沢な響きが鳴っております。。。

これは、本当にPCで聴くならよいスピーカー、もしくはしっかりしたヘッドフォンでご堪能ください(他のトラックも)。

| コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年7月26日 (金)

ゲリラ演奏の成果? ノラさんとの出会い

関西圏での出会いは、本当に不思議なことばかり、です。

告知しないで、ぶらっと楽器とコンロを持っていって、自分の好きな場所で演奏することを「ゲリラ演奏」と称しておりますが(笑)、先日、奈良のとある素敵なカフェで演奏したときに。。。

出会ったかたが。。。

こんな素敵なブログの記事にしてくださいました。

http://ameblo.jp/nora-family/entry-11580462170.html

わたしもいよいよ猫に♪happy01

違った(笑)、この素敵な場所では、ちゃんと告知して、いずれコンサートしますよ。

でも、センスがある人は笙の音の魅力をこんな風に表現されるんですね。

倍音の広がり感とかバイブレーションをこんな形で視覚化していただいたのは初めてで、もう大感激、しています!

でも、この通称「ノラさん」のブログ、化学物質に関しての記事を拝見して、愕然としました

( Д) ゚ ゚

特に、このあたり、怖かったです。ご興味がおありのかたは、この前後の記事も全部、お読みください!

http://ameblo.jp/nora-family/entry-11577168519.html

でも、少なくとも、ノラさんが、ご無事で、よかった、、、と、ほっとしました。

昔読んだ、「暗闇のスキャナー」というSFを思い出しました。
主人公は近未来の麻薬捜査官、おとり捜査で麻薬常習者たちの中に入っているうちに、自分が中毒となり、、、

最後のほうで、主人公の台詞が、、、、優秀な捜査官だった主人公の台詞がまさに崩壊していくシーンが、あまりにも残酷で怖かったです。
書いていた本人が「胸がはりさけた」と表現するくらい、過酷な話。
麻薬中毒の恐ろしさを訴えたかったという小説ですが、P.K.ディックの小説のなかでも、特に優れた作品だと思います。


話がそれましたが。。。

ノラさんが、このような形で貴重な体験を絵と文字でブログにしてくださっていることにも、とても感動しました。

内容からしたら、「告発!」のような形で、文章にすることもできるように思います。

でも、怒りに満ちた告発調のことは、ノラさんは全然、描いていない。。。すごいなあ。。。
この人、普通の人じゃないなあ。。。

さらに、ノラさんからいただいたメールには、ノラさんのブログは「毎日1万人以上が見てくれています」とあり、

またまた、

( Д) ゚ ゚

びっくり。。。


こういった静かで、ユーモアのセンスも抜群の、静かな静かな、訴えが。。。

もしかしたら、少しずつ、世の中を変えていけるのかも、しれません。

本当に、いい出会いでした。。。

拙ブログには、書いていないこともたくさんあるのですが、奈良では、しょっちゅう、こういった不思議な出会いに恵まれております。。。

シンクロニシティー(ご縁)の力が強まるお土地柄、なのでしょうか。

ありがたいことばかり、です。

| コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年7月24日 (水)

秋以降に、

ようやく京都で自主企画のコンサートがいくつか、開けそうです。

奈良に来てから、2年と2ヶ月。

ありがたいことに国内外から演奏やレクチャーのお仕事をいただいてきましたが、自分で内容構成を組めるコンサートは、いよいよ、これから。

どうぞお楽しみに!


| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年7月23日 (火)

とにかく上に登り続けること

落ち込んでいる暇も、ない

落ち込んでいる時も、実はパワー(バッテリー)充電の時間だったりする

精進精進♪

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年7月20日 (土)

今日の雲は

今日の雲は
芸術的?京都に向かう車中から。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年7月18日 (木)

だいぶ育って

だいぶ育って
奈良、西ノ京です。

稲もだいぶ育っています。1週間留守にするとだいぶ眺めがかわります。

夕日がきついの、わかります?

東京にくらべて色がぎらっとしているのです。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

東京教室、無事終了。

合奏会も終わり、奈良に戻ります。

月1回のお稽古のかたがほとんどですが、皆さん、よくついてきてくださっています。

少しずつでも、よい音、よい合奏を目指して、がんばりましょう!

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年7月16日 (火)

携帯、オーケーです。

お騒がせいたしました。

充電してきましたので、今のところ使えてます。

奈良に戻るまで、もつかな。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年7月15日 (月)

業務連絡orz

申し訳ございません。

いつもの忘れ物。。。今度は携帯本体ではなく、充電器を奈良に置いてきてしまいました。

さきほど、留守電のメッセージを確認しようとしたら、「充電してください」のメッセージとともに、電源が落ち、真っ青にshock

明日、どこかのauで充電してきます。。。

それまでお電話くださったかた。。。

申し訳ございません!

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年7月14日 (日)

どうにかSoundcloud、アップロードしました。

Soundcloud、アップロードすると、かなり音がひずみますね。
試験的に使ってみているのですが、もう少し高音質でアップロードできないのか、いろいろと条件を変えて試してみます。(ただ、ベテランアーティストの、ご本人のアップロードでも、音がひずんでいたりするようなので、サービス上の限界?)

アップロードしたのは拙CD「祈りの海へ・・・」から。ミックスダウンする前の音源から直接アップロードしたので、CDに収録されているトラックとは、少し印象が違うと思いますが、これはこれで非常に好きな音源です(アップロードで音がひずむのが残念)。

soundcloud、使いこなせば面白いサービスですので。いろいろと試してみたいですcat

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

sound cloudに、

CD「祈りの海へ・・・」からのトラックをアップしたのですが、わたし自身がクラウドに入れなくなりました。

あせっております!Σ(・ω・ノ)ノ!

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年7月13日 (土)

歌って!

笙って、ただ、和音(合竹)を吹いているだけ、ではないんです。

息を張るところで、小さな山、盛り上がりを作っているんです。

今、陵王(蘭陵王、管絃)のお稽古に入った生徒さんがいらっしゃるのですが。。。

昔、他会で習われたことがある、とのことで、細かい手移りは問題ないのですが。。。

吹いていただいていうちに、なんとなく、いらいら、というか、欲求不満というか。。。
(すみません、生徒さんが悪い訳ではないのですが)。

ふつふつと不満が。。。

物足りないなあ、、、

なんだろう?

いわゆる、細かい息の「張り」(洋楽的に言えば、クレッシェンド)、まったくなかったんです。

全然、陵王らしくない。。。

ただ、息の都合で、たあたあたあ、、、と吹いているだけ。。。

つまらなくありません?

で、かなりしつこく、「張り」を入れるようにご注意したところ、ようやく陵王らしくなってきました。

勘のよいかたなので、いったん掴んでいただけると、だいぶ雰囲気が整ってきます。

ああ、すっきりしました!(笑)


さて、ならばどこでも、必ず張ればいいか、というと、そういう訳でもないのですね。

「歌」に合わせて、張るところ、張ってはいけないところ、いろいろとあります。

篳篥や笛との絡み。

そうやって合奏全体のメリハリをつけています。

笙はやはり優雅で、堂々としていないと、、、と思います。

そのメリハリを支えていくのは、やはり「歌」、唱歌です。

笙は合竹(和音)でも、やはり歌っているんですね!

合奏を太い筆に例えると、笙の息の張りはちょうど、線の「止め」や「はね」とかの役割をしているような気がします。

フレーズひとくさりの、最後の部分をまとめている、といいますか。

非常におもしろいと思いました。

指導、ということは、本当に、勉強になります。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年7月10日 (水)

更新進まず。。。

笙の調律が、自分の分も生徒さんの分も、たまりにたまってしまい、根を詰めて作業していたら、目は見えなくなるわ、肩こりで具合が悪くなるわ。

久々にピラティスの教室に行ってきました。

かなりハードな先生だったので、ただ今疲労困憊ですが(笑)、目もすっきり、全体としてとてもよい疲労です。。。

行けてよかった。。。

あさってから東京教室。

書きたいこと、溜まりに溜まっておりますが!

まずは、調律、調律♪

(ツィッターでは結構頻繁につぶやいておりますので、小さなつぶやきは、どうぞそちらをご覧ください。。。)

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年7月 7日 (日)

真剣に答えを探せば、

Photo

答えは必ずふってくる

でも、「その問いには、答えなし、解なし」という答えのこともあるけれども

奈良の朝焼け♪ わたしの部屋から見える風景はいつも最高です。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年7月 5日 (金)

Sound cloud upload

CD「祈りの海へ・・・」から。 笙 松井北斗、野津輝男、伊藤えり 

盤渉調調子を九句目まで、退吹きで収録。
Soundcloud、実は、まだよくわからないのです。ちょっと笙の音がひずむような気もしますが、アップしてみます。

できればよいスピーカーかヘッドフォンでお聴きください。

どうぞよろしくお願いいたします。


CDのご購入は上記「祈りの海へ・・・」をクリックして詳細をご覧ください。

よろしくどうぞcat

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »