« 明日も、 | トップページ | 春鶯囀一具 »

2012年5月14日 (月)

大阪楽所練習こぼれ話

今回の公演は「春鶯囀一具」が呼び物かもしれませんが、「陪臚」も大輪小輪に続いて「出手」もあり、非常に珍しい機会です。

先日のリハーサルでは、大輪小輪が終わったあたりで、一臈さんと二臈さんが何か言い合っている???

陪臚は大きな桙、盾を持ち、そして太刀を佩きます。
大輪小輪では刀を抜くのですが、、、

練習用の刀とはいえ、桙を左手に、右手に刀を持った二人が、そこはこうなのでは、、、いや、そうじゃないヨ、と言い合っているのですから、何とも物騒です。

見ていた楽人さんたちの間で、だんだんと笑い声が起り始めました。
刀を持ったお二人も、周りの雰囲気に気がついて、苦笑い。

練習日程が詰まっているのですが、日を追うごとに合奏も舞も、よくなっているように思います。

わたしは初参加なので、まだわからないところもありますが、やはり30周年の記念演奏会ということもあって、本番への「求心力」がどんどん強くなってきているように思います。

たくさんの皆様にお喜びいただける、舞台となりますように。。。


|

« 明日も、 | トップページ | 春鶯囀一具 »

雅楽の魅力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日も、 | トップページ | 春鶯囀一具 »