« まだまだ | トップページ | ブザンソンで優勝されたかた、 »

2011年10月 5日 (水)

笙という楽器は

制約がたくさんある。

だからこそ、やれることがたくさんあると思う。


« まだまだ | トップページ | ブザンソンで優勝されたかた、 »

essay」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まだまだ | トップページ | ブザンソンで優勝されたかた、 »