« 100年の変容 | トップページ | 大仏さんお身拭い »

2011年8月 5日 (金)

平蠻楽 (渡し物)

録音、何かなかったかな。。。

笛の音だけ聴いていると、笙とはそれほど違和感がないのに、篳篥が入るとおかしくなるところが数カ所。

元は平調だったらしいけれど、黄鐘調に渡した人はもしかしたら、笛の人?

「渡し物」は洋楽の「移調」とはまったくやることが異なる。

ただ、調によってはほぼ、洋楽の移調の感覚でもいける調もある(詳細説明は、そのうち。。。)。

そのように、簡単に「渡す」ことができない、調から調へ「渡す」際には、「アレンジャー」的才能が必要となり。。。

越殿楽三調に関しては、かなりの「才人」の、大変に優れた「お仕事」。

こんなことができるのは、今の世だったら、芝祐靖先生ぐらいだろうか。。。


« 100年の変容 | トップページ | 大仏さんお身拭い »

雅楽の魅力」カテゴリの記事

備忘録」カテゴリの記事

essay」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 100年の変容 | トップページ | 大仏さんお身拭い »