« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

5月が、終わります。。。

今回の東京行きはいろいろな成果がありました。

初めての、奈良からの出張。

東京を離れるまでわからなかったこと。

新たな勢い、新たな想い。

終わったこと、始まったこと。

奈良、という土地に対する新たな見方、そして未来について思うこと。

未来が、まったく不確実な世の中となりました。

即、行動しないと間に合わない時代です。
そして返ってくる反応も早いです。

こんな時代ですから。。。ぼやっとしていると退化してしまう一方です。

わたしもどんどん衣を脱ぎ捨てて脱皮していきます(笑)。

来月は、もう少し演奏関係の仕事のほうにもシフトしつつ、、、

今月、新しく笙のお稽古を始めてくださった皆さんをひっぱっていきたいと思っています。。。

やってくる6月、、、気を抜かずに、過ごしていきたいと思っています。。。

| コメント (0)
|

車中♪

17時現在豊橋通過。
奈良へ戻る途中です。

本日のproject etenraku は車中で唱歌を念じるだけになりそうです。

ご協力いただいている皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0)
|

2011年5月30日 (月)

ちょっと「玄人な」話

下無と勝絶。

このあたりの音程をどう歌うかが、洋楽臭くなるかならないか、の決め手のひとつ。

非常に、微妙。。。

| コメント (0)
|

東京でのお教室

奈良から出てきて、なんとか予定をこなすことができそうです。

今回は奈良から持ってでてきた荷物が多すぎcoldsweats01、少し宅急便で送り返さないといけません。

土曜日の舞のお稽古の疲れがどっと出てきました。

今日は国産レモンを買って絞って飲みます。。。

| コメント (0)
|

2011年5月29日 (日)

自分の体の特性を活かして

久々に納曾利のお稽古を受けました。

わたしは、背が低い、その他、体のコンプレックスがたくさんありますweep

でも、このところようやく、それを「受け入れる」心持ちになってきました。

コンプレックスが強いというのは、自意識が強い、ということの裏返しでもあります(恥ずかしながら、、、これまでずっとそうでした)。

欠点を個性に、、、練習、練習。

| コメント (0)
|

本郷

本郷
東京に来ると、東京はいいなぁ…と思います。

奈良にいれば、奈良最高!と思い…、

どこも土地土地のよさがあります。

今日もお稽古のハシゴ。

写真はお稽古場近くのお寺さん。文京区はお寺さんと神社さんが、とても多いです。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月27日 (金)

戻りました。

戻りました。
文京シビックセンターから。

右手は後楽園遊園地。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

もうすぐ東京です。

こだま号、喫煙車、煙たいです。。。weep

早くつかないかな。

| コメント (0)
|

2011年5月26日 (木)

はあ〜

いつも思うのですが、、、
ぷらっとこだま、4時間。。。

新幹線のなかで笙が、吹けたらいいのに〜。

(アヤシイヒト、ですが。。。)

PCで音を聴くのみ、ですね。。。
でも唱歌を聴くと一緒に歌ってしまいそうなので、、、
(それもかなりアヤシイヒト、です。。。)

| コメント (0)
|

改めまして。。。

奈良に来て9日ほどが過ぎました。

ひとりものの引っ越しだから、と、たかをくくっていたものの、いざ動いてみるとなかなか大変です。

不動産屋さんにも「このあたりは車がないと大変ですよ〜」と言われていましたが、そこは健脚と自転車でカバー。。。しつつも、足らない家庭用品をそろえるのも一苦労。

未だに、ふた部屋には照明とカーテンがありません(笑)。

さらに銀行も、コンビニさえもなく、宅急便も、取扱店に出しに行ったら4時までだったり(笑)。

ようやく落ち着いて笙を吹いたり、調律にもかかれるようになりましたが、明日からまた慌ただしく上京します。

まだこちらに来て10日も経っていませんが、少しずつ、奈良のペースに自分をチューニングしています。

そして、Project Etenrakuでの「祈りの気持ち」が、さらに濃くなったように感じます。
これは本当にありがたいこと、です。

この土地に生きた先人のかたがたの気持ちを慮ろうとすることで、逆に助けていただいているのかもしれません。

まだまだ「楽」業、至らないところの多いわたしですが、少しでも精進できるよう、環境を一歩一歩整えています。

奈良の地をベースにして楽に精進する準備がようやくできつつあります。

今後もたくさんの人に笙と雅楽の魅力を伝えていくべく、奔走したいと思っています。
もちろん、楽しみながら。

どうぞよろしくお願いいたします。

伊藤えり拝

| コメント (0)
|

大和西大寺駅で

大和西大寺で
うちの近所には、銀行もコンビニもないのです。

銀行に用事がある時は、ふた駅先の大和西大寺駅まで出ないといけません。

駅構内のBAN INOUEで。

奈良のきのこのハヤシライス。
お米は黒米、お茶が美味しい!

ごちそうさまでした。。。

BAN INOUE (井上幡)、本業はモダンな麻布や蚊帳製品の販売。

さて銀行、銀行。

| コメント (0)
|

武田邦彦先生のブログ、転記します。

明日からわたしも東京に戻りまーす。

そして原発から30キロ圏内よりも放射能汚染度が高い、柏市に滞在です。
ホットスポット。

雨を一番怖がっていたわたしが、多分最も高濃度の放射性物質が柏に降り注いだ日、雨の中を東京まで移動していました。

起ってしまったものは仕方ないですが、なんともとほほ、、、な事態です。

ただ、使い捨ての雨合羽とビニール傘を使って、もちろんそれはすぐに捨てたのが、せめてもの防御、でした。

やはり自前の防御でも多少はなんとかなる、ということを痛感しています。

*****************
ある出版社が、「外国」の環境団体が測定したデータを送ってくれました。
それによると、5月5日に江名港での測定では、アカモク(海藻)から放射性ヨウ素が基準値の60倍、セシウムが3倍でした(フランス環境団体測定)。
また四倉港のコンブ(5月5日)はヨウ素が50倍、セシウムが4倍で、海草類に汚染が拡がっていることを示しています(ベルギー原子力研究センター測定).
おそらく海藻の表面か、海水から直接、吸収したものと思われます.
また、勿来港のシラス(5月9日)は、ヨウ素は低いのですが、セシウムは2.2倍含まれていました。
・・・・・・・・・
福島原発の事故が起こった直後、日本人にとってもっとも大切な情報は「風向き」でしたが、気象庁は「俺の任務はIAEAに報告するだけ。日本に国民がいるとは思わない。勝手に被曝しろ!」と言って応じず、原発から北西の人たちが被曝しました。
3月下旬、私が風の情報をドイツ気象庁、ノルウェー、それにイギリスから得ていたとき、本当に哀しくなりました。
日本人が自分の命を守るために、日本の気象庁ではなく、ドイツの気象庁までデータをとりに行かなければならない。それも100年に1度もない気象上の緊急事態なのに・・・
哀しい・・・
今まで、真面目な日本、誠意のある日本、シッカリした役所などを信頼していた私。江戸時代から明治にかけての日本がヨーロッパより優れた文化を持っていたと書き続けてきた自分.
・・・・・・・
そして、また今、海洋国家日本が食材の中心となっている魚の汚染データを外国から得なければならなかったのです.
日本の海の関係機関や学者はデータを持っているのか、それを隠しているのか判りませんが、多くの人たち、お母さん方が「海は大丈夫かしら」と心配していることが判らないのでしょうか?
・・・・・・・・・
私たちは、国を失いました。自分で行きます! 
夏に向かって、魚の汚染が進み、貝、海藻の心配が増えます.また釣り、潮干狩り、サーフィン、海水浴のシーズンになりますが、国を失った民は当面、データがでないから諦めなければならないでしょう。
そのほかにもいくつか、問題点があります。
1)   
今回は、データ自身のつじつまは合っていますが、外国の環境団体のもので、信頼性がまだ十分ではないこと、
2)   
海ではストロンチウム、プルトニウムが問題だが、まだデータが無いこと、
3)   
この汚染がどのぐらい拡がっているかが判らないこと、
4)   
海藻の汚染が早く、魚(中型が今から、大型が7月からと予想していましたが)の汚染が少し早まる可能性があること、
5)   
基準値は「それだけが汚染されている」という基準だから、「足し算」をしなければならない時には、基準値を10分の1にしなければならないから、すでに100倍ぐらいもあり得る、
ということです。
具体的には、三陸沖、北海道、四国沖、九州沖、沖縄、日本海以外の海産物は買わないほうがよいでしょう。
海の人に呼びかけたいと思います.
「食べる人が安心して買うことができるように、自分たちの手で測定してください。「自分の仕事より子供達の命」という日本人としての誠意を持って」
(平成23年5月26日 午前9時 執筆)

武田邦彦

| コメント (0)
|

2011年5月25日 (水)

長かったな

長かったな
ようやく調律の仕事にかかることが出来ました。

ここなら、炭もおこせます。

ほっとしています。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

空気も水も、

土も

何一つ当たり前のものはない

その有り難さをひしひしと感じます。

3月11日以降、空気を吸うことでさえ、ありがたいです。

Img_0447















唐招提寺側でみた、かわいいお花ちゃん。軽く葉っぱをもんでみたら、いい匂いがしました。。。

続きを読む "空気も水も、"

| コメント (0)
|

新聞の自動販売機。

新聞の自動販売機。
初めて見ました。

1部購入。

新聞がするっと出てきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月24日 (火)

今日は、平調の調子を吹いてから

越殿楽を吹きました。

新居の窓からは見えませんが、唐招提寺も薬師寺もすぐ側です。

Project Etenrakuにはぴったりの地に越してくることができたと思います。。。


このところ6時ぴったりには、はじめられないのですが、、、

祈りの気持ちを込めて、唐招提寺と薬師寺の仏様を思い浮かべて、窓に向かって奏楽しました。窓に向かって右側に唐招提寺さん、左に薬師寺さんがあります。。。

次回の「雅楽だより」のための原稿も昨晩提出しました。

やはり、いろいろ書いているうちに、だいぶ長くなってしまったので、編集サイドでカットされましたが(笑)、動きがあれば、次号でもご掲載いただけるとのこと。

秋号までには、もう少しいろいろと踏み出せていると思います。

どうぞよろしくお願いいたします。。。

| コメント (0)
|

さすがに

引っ越し後は忙しいです。
単身者の引っ越し、と自分でも甘く考えていましたが、段ボール箱は結局、30箱から40箱はあったのでしょうか、こちらで開けても開けてもなくなりません。

今日は「ぷらっとこだま」のチケットを買いに京都まで。。。
うっかりしていました、奈良では買えないことに気がつきました。。。

| コメント (0)
|

2011年5月23日 (月)

可視と不可視

可聴と可聴外領域の音の関係に似ています。

自然が豊かなところは、可聴外の音が多分に鳴っています。

インスピレーションも高まる訳です。。。

都心はなぜかそういった音がかき消されてしまいます。

見えないもの、というと怪しいもののように思われますが(笑)、紫外線、赤外線、これらも見えないものです。

今、見えているもの+その外側のものにまで感覚を広げれば、世界は広がります。。。

| コメント (0)
|

2011年5月22日 (日)

唱歌

音高は、下がりやすい。

音程は概して狭くなりやすい。

楽をしていると、ピッチが下がり、節回しがのっぺりして妙になだらなかになる。

とにかく気を入れて、丁寧に、丁寧に。

| コメント (0)
|

まだまだ、

「いやー、原発がないと、日本経済はやっていけないでしょう」
という人にもお会いします。

地元に原発がある人が、多いですね。
原発で潤っている現実があるからだと思いますが。。。

でも、、、今日のニュースでも、、、

「福島県内に本社を置く企業のうち、福島第1原発から30キロ圏内にあり、操業できなくなっている企業が2207社に達していることが、東京商工リサーチの調査で分かった」

そして東電は1兆4000億円の赤字。

でも、そんなことより、空気も水も海も土も汚染され、とりかえしのつかないことになっています。。。
福島の辛酸をどう思われているのか。。。

まだ、「経済」と言いますか。。。

もちろん、経済が大切なことは、よくわかっています。
豊かであることは必要です。

でも、今の福島の状況は。。。

不思議と、、、

自分たちのところの原発だけは事故をおこさない、と思っていらっしゃるようです。

福井の人とか、新潟のかた、とか。。。

すべての原発が事故を起こして、日本、住むところがなくなってから、初めて、みんな気がつくのでしょうか。。。

| コメント (0)
|

朝焼け

朝焼け
夜は自然にからだのスイッチが切れて眠る。

久しぶりに、日の出を見る。朝の4時半頃。

散歩中、田植えのための稲を見た。

福島のことを思った。先祖伝来の土地で、田植えができないなんて。。。

なんとかしたい、という気持ちは傲慢なのだろうか。

今はただ、ひたすらに祈るだけ。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月21日 (土)

奈良だより1 5月19日唐招提寺

Img_0419

立派です。暖かさのなかにも、揺るぎない厳格さを感じさせるお寺です。
ぽやっとした空間がない。。。隙がない、きっちりとした感じのお寺です。

ただ、暖かさと信仰の深さが感じられて。。。
すごく好きなお寺のひとつになりました。

Img_0422

金堂の講堂に挟まれるようにして。。。

舞台ができていました。。。

Img_0436_2








陪臚。

Img_0435











陪臚は装束が華やかでいいですね。

舞振りは東京の舞楽とはかなり異なっていました。

Img_0439







黄色い蛮絵装束。
登殿楽でした。

陪臚の前に振鉾があり、二節(高麗笛)からはじまったので、???と思ったのです。

右方の曲が2曲だったので、二節のみにされたのでしょう。

四臈の男の子が、かわいい。

Img_0440

頑張っていたのですが、、、途中、最後のほうで、わからなくなっちゃいました(笑)。大きくなったら、立派な舞人さんになることでしょう。

もしかしたら上臈のどちらかがお父さんだったりして? なんとものんびりしたムード。

ちなみに、これは法要のための舞楽ですから、講堂ではずっと法要が執り行われていました。

ときおり聴こえてくる声明や法具を使う音のなかでの舞楽。。。やはり感動的です。
声明だけでも、もうずっと聴いていたかった。

Img_0423_3

ハート型のうちわ。
著名人が揮毫したものは、蒔かないで飾ってあるようです。

wikiで調べてまた感動。そのままコピペしますが。。。

「唐招提寺を復興した覚盛上人を偲んで行われる行事。覚盛は殺生戒を守り、蚊も殺さなかったといわれ、その徳を偲んだ法華寺の尼僧がせめてうちわで蚊を払えるようにと霊前にうちわを供えたのが始まりといわれる。」

唐招提寺のうちわ、法華寺の尼僧さんからの「エール」だったんですね。
それが「ハート型」なんて。。。

ちなみに、うちわまきのうちわ拾いに参加するには、抽選券が必要でした!
わたしがいったときにはすでにその抽選券はなく。。。

さらに、「くじ引き」でいただいた、うちわを無料でいただける抽選にもはずれ。。。

結局1,000円でうちわを買ってきました。。。

厄を払える、魔法のうちわ。
大切にします。。。


| コメント (0)
|

農地を

たとえば東京ドームなみのドームで覆ってしまう、ってできないのですかね。

徹底的に除染(表土を取り除く)した上で。ゼオライト、強力に効果ありそうですし。

空気も放射性物質が入らないように、防塵装置を着けて。

広々とした場所なら、子供も遊べます。

福島近辺の農家の人たちを救う一助にならないかと、思います。。。


こんなバカなことを書いていますが、、、

こんな思いつきでも、だれかが拾い上げてくれるかもしれないので。。。



| コメント (0)
|

経済ってなんですか

今でも、「原発を止めると経済が立ちいかなくなるから」という話を耳にするのですが。。。

でも、「経済」ってなんですか。
今、正確に説明できる人、いないのではないですか。。。

わたしも、できません。

経済って、、、産業とか生活を成り立たせるための、システム?
でも、今、原発があったからこそ、農業、漁業、そして工業さえも打撃をうけ、再生の見通しはまったく立ちません。

経済って、、、人間の幸福と、どう関係があるのでしょう?

ただ、お金がある、っていうことでしょうか?
経済状態がよかったころ、日本は幸せだったのでしょうか?
飽食とエネルギーの無駄遣い。
教育の現場は荒廃してきていましたし、自殺は増える一方でしたから。

でも、よく言われるように「幸福指数」が国の発展の尺度となっているという、ブータン王国のようになりましょう、というのも、またちょっと違うと思うのです。

そう、原発を止めましょう、というと、何か「原始的な」生活に逆戻りしないといけない、と勘違いしている人が圧倒的に多いのですよね。

日本には高度に発展してきたテクノロジーがあります。
そういったものを最高度に活かしつつ、これまで破壊し続けてきた自然を取り戻していく産業とか、作っていけると思います。

ただ、根底には「畏れ」とか「謹み」とかいう文化がないと、今後、どうテクノロジーを発展させても、自然界に崩されるでしょうね。

いち雅楽の演奏者として、何ができるのか、、、
わたしにできるのは音を届けるだけ、ですが、そんな妄想もしています。。。

音とともに、今後、畏れと慎みと感謝の気持ちをもって自然に接して来た、日本の精神文化のことも、伝えていきたいと思っています。

でも、改めて、、、

「経済って、なんですか?」

それは、日本国民、あるいは、人類の幸せと、合い入れるものですか?

人類の、未来と?

| コメント (0)
|

2011年5月20日 (金)

西ノ京の鐘の音は。。。

唐招提寺のほうかな? 
薬師寺かしら。

なぜか単音なのに、「メジャー」に聴こえるのです。。。

明るい。。。

| コメント (0)
|

自然との共生、とか

頭でっかちなことを言わないで

雅楽を聴いて、奏でてください。

逆らわないで滔々と流れていく音楽、対立概念のようなものがない雅楽のなかから、自然を「感じて」ください。

分かる必要は、ないのです。

そこで鳴っている音にただひたすら、耳を傾けてください。

Project Etenraku は夜6時から。

伊藤の東京の雅楽教室については
for_solo_voice@nifty.com

まで、お名前と連絡先お電話番号を明記の上、ご連絡ください。

関西その他地域の出張お稽古、「合奏ワンポイント・ブラッシュアップ講座」なども、今後検討中です。

よろしくお願いいたします。

| コメント (0)
|

ようやく

電話回線もつながりました。

お部屋のなかが片付きはじめ。。。

調律のお仕事、かかれそう♪

ミツロウたきも、ここなら炭火が熾せると思います。

やれやれ、震災以来、ようやくです。。。

| コメント (0)
|

2011年5月19日 (木)

奈良に居を移すことで

笙の教室の生徒さんに多大なご心配をおかけしてしまいました。。。

わたしにとっては、奈良は「近い」んです。
心理的な距離として、近いのです。変なお話、例えば「静岡」よりも近いといいますか。

学生時代に通い慣れていたのと、学生時代は本当にお金がなく、ずっと「青春18きっぷ」で、鈍行で通っていたのとで
(あの頃、片道2,500円でしたから(^-^;)、、、でも片道、12時間以上かかりました、、、

そんな体験があるので、新幹線の移動は、それほど苦にならないんです。

東京のほうの教室、そして活動は月に2回、往復することで続けたいと思っています。

それにしても、皆様、こんな状況下でもよく止めずに、ついてきてくださる、、、と心からありがたく思いました。。。

4月から転勤で、お稽古場が遠くなってしまったかた、ご主人様のお仕事の関係で忙しくなられたかた、、、

法要で吹く事を目指して、新たに入門してくださったお坊様、、、

アメリカで笙の音を聴いて、是非習いたい、と短期間で入門してくださった、音大の学生さん。

数年前、転勤でいらっしゃれなくなったのに、再度、門を叩いてくださったかた。。。

3月4月は夜間の時間帯に利用できる施設がなくなり、頭を抱えた時期もありました。
それでも、土日の時間をやりくりして、お稽古にいらしてくださり、ありがたく思っています。

また篳篥との合奏など、楽しくできることを目指して、がんばりたいと思っています。

わたしが習ってきたことは、本当に宝のように大切に思っています。
できる限りよい形で、お伝えしていきたいと思っています。

また、奈良の魅力、雅楽の魅力、地元のかたこそ、まだまだご存知ないように思えます。

今の時代に、、、
奈良の奥深い歴史や、政治的な混乱期を乗り切ってきた知恵を逆にわたしは、「外から来た人間」だからこそ、お伝えできるように思います。

こちらでも、追々、レクチャーやミニコンサートを開いていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0)
|

こういうの

こういうの
すごく嬉しい。
薬草のなかには、放射能の毒を解毒できるものも、あるんじゃないだろうか。

薬草に雅楽を聴いてもらいたい…ふと、そう思った。

突飛なことではないですよね。

蘇合香という、薬草の曲、ありますから。

| コメント (0)
|

唐招提寺

新居から歩いて5分。

ウソミタイ。

1時から法要があって早速、舞楽を拝見。。。
振鉾二節から始まって、陪臚と登殿楽。
今回、左はありませんでした。

東京と舞楽の作法が随分と違います。
登殿楽は意調子で舞人さんが登台。
びっくりしました。

七拍子あり、でしたが、七拍子の形もだいぶ違いました。

金堂と講堂の間に舞台がしつらえられ、そこで舞楽がありました。
講堂では大勢のお坊様がたが声明を唱えられています。
その声明を耳にしながら、舞楽が拝見できるのですから、やはり雅楽好きとしては贅沢な気分になります。。。

奈良は今日は快晴。日焼けしないように長袖を着ていましたが、汗びっしょり。
ですが風もあり、気持ちよい空のもと、舞楽のご奉納です。

律宗。。。
少し東大寺の声明と節回しが似ているような気がしました。
東大寺は華厳宗ですが。

こういう雰囲気を味わってしまうと、舞台での声明公演が、何か絵空事のように思えてしまうのですよね。。。

もちろん、ホールでは音響のよさとか、味わうことができるのですが。。。

さて、今後は「奈良だより」も書きながら、ますます雅楽の魅力を皆様にお伝えできるように、頑張りたいと思っています。

よろしくお願いいたします。

| コメント (0)
|

理解

随分前にも書いたけれど、

わたしは直感で動いてしまうので、

まわりがついてこられない、らしい

言語化しようとすると、うまくできないことが多くて、逆に「理屈っぽい」と言われてしまうこともありますが、

ごめんなさい、判断の部分は完全に直感、で、即決なんです。

体がぐいっと引っ張られる感じとか、

逆に風に押し戻される感じとか、

そういった感覚はものすごく信頼しています

反対に、頭で計算して、「これとこれで、こうするれば、上手くいく!」という算段をして、わーっと突っ走ると、間違いなく途中で転びます。

算段というのは、エゴなんですね。。。

エゴがなくなって透明になったとき、初めて、物事がすーっと動くようになってくるみたいです。。。

| コメント (0)
|

2011年5月18日 (水)

一大決心。

奈良に来ています。

今度はなんの行事ですかって?

いえいえ。。。

住むのです。。。

昨日、引っ越しが完了しました。

ただ今、段ボールの山に囲まれて、ブログを書いております。。。

こんな大決心は久々で、ずっと緊張していたのですが、少しずつほぐれてきました。

詳細と経緯については、またおいおいブログに書いていきます。

大村さん、そして「震災友達」の篠原さん、引っ越しを手伝ってくださって、本当にありがとうございました!

伊藤はなんとか、ここで生活を始めることができそうです。。。

| コメント (0)
|

2011年5月17日 (火)

モブログ

モブログ
夜景で一番好きな場所は東大寺二月堂から見る奈良の街。修二会の行が終わったあとは空気が澄んで、素晴らしい。

でもこちらの夜景も、なかなか…。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月15日 (日)

3号炉の

温度がだいぶ落ちて来た。

どんなに緊急のときでも、国も県も東電も何も言わないということがわかったので、

自分でチェックするしかなく。。。

冷や冷やします。。。

| コメント (0)
|

本日は唱歌のみ

今日は慌ただしく過ごし。。。

楽器を取り出す時間がなく、唱歌のみ、でした。

さて、次回のProject Etenrakuの撮影はどこに行きましょう。。。

来週末からは少し、時間がとれそうです。

いろいろな場所で夜6時からの合奏を試みてみたいと思っています。。。

雅楽の演奏団体は、世に一般の人が思っているよりは、たくさんあります。
でもそれぞれの交流が少ないんですね。。。

未来を祈るだけでなく、そういったつながりを広めていくことも夢です。

Project Etenrakuは夜6時から、それぞれがいる場所で、越殿楽を奏でるプロジェクトです。

よろしくお願いいたします。。。

| コメント (0)
|

2011年5月14日 (土)

水を汚さないで

雅楽の楽器の音が水の音のなかに聞こえることがある。。。

と、書くと神秘的でしょう(笑)。

でも、滝の音などのなかに笙の音が聞こえたことが、あります。

逆に絃の音のなかに水の音に近い音が聞こえて、感動したことがあります。
おそらく、科学的に共通する周波数帯とか、があるのでしょう。
両絃の音が重なるときに、「ぱしゃーん」という音がするのです。
感動しました。

それは楽部での演奏会のとき、でしたが。。。

水そのものが神秘的な物質です。

最近の福島の、、、
例の海水のことは、書くのも辛いことです。。。

さらに、気になっているのが、最近の、、、あの食肉の問題です。

また「抗菌、抗菌」でやたら強い消毒剤を調理器具や食器にも使うのでしょうか。

基本的には和食は、知恵の固まりです。
わさびやニンニク、生姜にはかなり強い抗菌作用があります。

緑茶に多く含まれる、カテキンもそうです。

そして熱湯に塩。
昔は定期的に布巾を煮沸、まな板なども塩で消毒を行っていました。
○○剤のようなものは一切ありませんでした。

リコーダーのカビにはカテキンがよい、、、
とは、リコーダーの吉澤実先生に伺ったことです。

笙の調律にも使う、エタノール(99%程度の高純度のアルコール)でもカビは死にません。

篳篥のリードをお茶に浸す、、、非常に合理的です。
お茶の繊維がリードに浸透してよいから、お茶を使う、という説もありますが、おそらく、「消毒」の役割も果たしていたのでしょう。

さて、以前に0150が流行ったときに、強い消毒用の石けんなどを使った手洗いが励行され、結果、近海が汚染されました。
真珠の養殖なども、大打撃を受けたそうです。

生ものを食べるときは、わさび、ニンニク、生姜。
飲み物は緑茶(ペットボトルなどではなく、ちゃんと淹れたお茶のほうがいいですよ)。

日本人はそういった「食の知恵」を発達させる天才です。

食器類の殺菌は熱湯。

台所からの水も、必ず「どこかへ」流れていきます。
川、海、地下水を汚さないようにしましょう。

水の音に雅楽器の音が聴こえる。。。
水に対して、とても神秘的な思いを抱いています。

東大寺の修二会。
お水を汲む儀式が一番有名になり、「お水取り」という名称が広く知れ渡っています。
汲まれた水は香水(こうずい)として、行の時々で、聴聞のかたがたにも配られます。

タルコフスキーの映画のなかの水の音。。。
感覚が研ぎすまされて、意識が澄み渡っていきます。

「アレクセイと泉」チェルノブイリの側の小さな村。
被曝した村。
ただ唯一汚染されていないのは、100年かかって地下から湧き出てくる、泉の水だけ。
この水が、村の人たちの命を支えている。。。

水をなんとか、守りたい、、、と、東電の事故から、思うようになりました。
もう一度、水に感謝して大切に使う、日本の生活を取り戻したい。。。

小さなことでも、、、

始めましょう。

今、すぐに。。。


| コメント (0)
|

宮田まゆみさん

宮田まゆみさん

(わたしが芸大時代にお世話になった、わたしの最初の笙の先生ではありません、念のため〜)。

一緒に写真を撮ろう!といってくださったのですが、終電があったので。。。
急いで携帯で撮らしていただいたので、不思議なポーズ?(笑)。
あ、でも天使の羽みたい
heart04

きらきら、純度の高い人です。
固定のファン層のかたが、たくさんいらっしゃるんですネ。
本当に、暖かなライブでした。

癒されながら、うっとり聴きいってしまって、、、
あら、わたし、出るんだったわcoldsweats01

曲間のMCも、まゆみさんのいろいろな思いが、ひたひたと伝わってきて。。。
音楽とともに、胸にしみるお話でした。

まゆみさんは、茨城県の日立市にお住まいです。。。まだまだ、大変な時だと思うのに、これだけクオリティーの高いライブが組めるなんて。

見習わねば!と思いました。

お客様も本当に幸せな時間を過ごされたと思います。

わたしはまゆみさんのMoonbowという曲に笙で参加、あと1曲、調子を演奏させていただきました。

本当に久々のライブで緊張しましたが、まゆみさんがトークで支えてくださり、なんとか終えました。

終わったあと、よかったです〜、と何人かのかたにも声をかけていただけて、

ほっ。。。

新しいこと、いつも自信がないんですよ〜。
声をかけていただけると、だいぶほっとします。。。
笙でもう少し、クロマチックな音を追えないか、やってみようと思っています。

うん、いろいろやってみたい!

それにしても、、、

昨日のお寺さんでの奏楽といい、今日のライブといい、応援(お寺さんでのご奏楽は、仏様への応援、のつもり)しているつもりが、いつもこちらのほうがたっぷりと癒されて帰ってきます。

自分の居場所があって、演奏させていただける、というのは、ありがたいです。。。
ここ2ヶ月、身にしみてそう思います。

ご縁のつながりに、感謝感謝の日々です。

まゆみさん、ありがとうございました!
また何かご一緒しましょう!

| コメント (0)
|

2011年5月13日 (金)

モブログ

モブログ
ライブ終了。

楽しかった。
宮田まゆみさん、素敵!

ハッピーな歌声。

ライブ、久々で緊張しましたがとても雰囲気のよいライブでした。

ありがとうございました!

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

Macの

ゴミ箱を完全に捨てたら、処理速度が異常に早くなった。

コンピュータも断捨離?

伊藤もただ今断捨離中です〜。

処理速度を速くするために(笑)。

| コメント (0)
|

モブログ。

柏へ移動中。

夜は宮田さんのライブ、吉祥寺Stringsへ。

文京区のあたり、ヘリコプターが何機も飛び回っている。

何かな。。。

今日、浜岡が止まる。
国民的大ニュース。

ライブ、楽しみです。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

早く言ってよね

武田先生のブログから

**********
5月11日に、神奈川県産の茶葉のセシウムが基準以上になった。このようなことが「突然」明らかになるのは、毎日の情報提供が不足していることを意味している。

私たちが知らなければならないこと、

1) 原発が危機に陥ったら、数時間前には国民に知らせなければならないこと、

2) 放射線が風に乗って来るときには、その警戒警報を出すこと、

3) 内部被曝を含めて国民がどのぐらい被曝したかを示すこと、

4) 原発から離れていても、雨などで放射線量が高いところは警告を発すること、

5) 野菜などについては規制値以下でも、業者に表示を命じること、

***********

引用は自由ということなので、許可を得ていませんが、転載。

お願いしますよ、国会さん。

| コメント (0)
|

2011年5月12日 (木)

変化は

喜ばしきもの

どうとらえて、活用するかは、

自分次第

| コメント (0)
|

ここ数年、、、

動いているご縁の不思議さを思う。。。

まさかこんなことが!ということが起っています。

そしてここ数ヶ月も、いろいろなつながりが生まれています。

だんだん、とろいわたしも、行動が早くなってきています。

沈思黙考派が、即断即決派へ。。。

いえ、相変わらずとろいのはとろいのですが。。。(ある意味、笙吹きの特徴。。。)

今度の決断は、大きいです。。。
もちろん、迷いましたが、、、

光を、感じる方向へ。。。

| コメント (0)
|

お疲れ。

連日、自分のお稽古、笙の生徒さんのお稽古、仕事の打ち合わせが続き、そして今日はお寺さんでのご奏楽。。。

本日は長島鍼灸院。

治療に伺って、ものの3分もしないうちに、強烈な眠気。
治療が終わって、起き上がろうとしたのですが、起き上がれないのです。
一気に体が緩んだようです。

治療後、次の患者さんの治療が始まっても、隣のベッドでしばし、安眠。。。

鍼灸は、合う人にとってはとても有り難い治療方法です。

さて、あしたは、宮田まゆみさんのライブにちょっとお邪魔して、5分ほどの曲にちょこちょこっと笙を入れてみます。

ほんとに「お邪魔しまーす」という感じです(笑)。

実は明日、ほぼ、ぶっつけ本番です。。。
わたしが出るのは2ndステージのみです。。。

どうなりますか。。。

| コメント (0)
|

2011年5月11日 (水)

舞は心身に深く作用します

よく言われるグラウンディングの効果があります。

舞で効能云々のお話をするのは、やや気がひけますが、あまりにそのプラスの作用が大きいので、触れておきたいと思います。

体のラインをまっすぐにして日々を過ごすということは、とても心身によい影響を与えます。

これを数名で、気持ちを合わせて行う、ということはさらに体と心を整えるのによいようです。

舞のお稽古があった翌日は、すっきりと目を覚ますことができます。

お稽古では広い場所で舞えるので、よいのだと思いますが、東洋医学で言うところの「邪気」が吹き飛ぶようです。

ここ数日、重苦しかった体が嘘のように軽くなっています。

舞も、簡単な個人指導をここ1年で始めています。
体験されたいかたは、是非、お問い合わせください。。。

| コメント (0)
|

3号炉

連休中から気がかりだった3号炉の温度がわずかながら下がり始めた様子。

わずかであっても、嬉しいです。

| コメント (0)
|

2011年5月10日 (火)

納曾利のお稽古

文月会の温習会、今年は登殿楽と納曾利です。
落蹲は1度、装束と面をつけて舞わせていただきましたが、納曾利は初めてです。

還城楽と混乱している部分があったので、7月までにはなんとか、取り戻しておきたいです。。。

| コメント (0)
|

産業構造を変えれば、、、

これからは農業や漁業を中心とした

農業大国になればいいんじゃないかな

フランスは立派な農業大国、食料自給率200%。

日本もどうせなら、ハイテクとローテクを駆使して、都会の巨大なビルのなかで農業を展開して

多少の放射性物質が降っても農作物にまったく影響がないような、新しい農業を展開するとか、

「農業タワー」みたいなもの作って自然エネルギーと植物の酸素の排出を上手く組み合わせて、幸せな循環のシステムを作るとか、、、

今、原発を止めて、「経済が経済が経済が、、、」

と、言っているけれど、経済が発展して、

わたしたち結局豊かになったのかな

毎年3万人もの自殺者を出すような国が豊かとは思えないし

今は、まずは、とにかく節電しましょう。

| コメント (0)
|

浜岡が止まって

経済、経済と騒いでいますが

福島を見てください。。。

「経済だけ」を考えたとしても、その損失は、いかばかりか!!!

工業だけでなく、農業、漁業、それだけでなく、一般市民の生活が、、、

経済的に追い込まれています。

その解決策も見えていないのに。。。

そして、浜岡、止めたからといって安全になった訳ではないのです。。。

地震が来たときの対応策に、どうか必死になってください。。。

| コメント (0)
|

唱歌の重要性

「楽器を20分吹くのなら、唱歌は2時間歌いなさい」
これは多忠麿先生にも宮田まゆみ先生にも言われた言葉です。

笙をお教えしていると、唱歌を面倒がったり、吹けば正しい音がでる笙で、なぜ唱歌を歌わなければいけないのか、と疑問に思う人もいらっしゃいます。

でも、笙は(も)、「唱歌」なのです。

合奏は「心」で合わせていきます。指揮者がいない、とはよく言われることですが、相手の気持ちや動向を察していく際には、唱歌が要となります。

そして、雅楽だけでなく、音楽の要は「ウタ」です。。。

ジャズのドラムスなどでも、すごい人は、歌っています。。。
ポール・モチアンを生で聴いたとき、感動しました。

歌ってる。。。

芝祐靖先生の御神楽の講座を受講したときに、ある日のタイトルが「雅楽は歌が支配する?」というもので、「得たり」とにんまり。

だいぶ融通を利かせてはいますが、わたしのお稽古場では唱歌はきちっとお教えしています。

録音は、オーケーです、といいますか、必ず録っていただいています。。。

笙を長く楽しんでいただくためにも、唱歌はしっかり勉強してください。。。

| コメント (0)
|

2011年5月 9日 (月)

飛び入りで1曲ライブ参加♪

数年前から交流が始まったシンガーソングライターの「宮田まゆみ」さん。

そうなんです、わたしの一番最初の笙の先生と同姓同名なのです。
でも「立派な」別人ですhappy01
それにしても、このお名前のかたは美形が多いのでしょうか。
麗しいかたですheart01
作曲もピアノも歌もこなされる才人。

その、宮田さんのチャリティーライブに1曲だけ、飛び入りで参加させていただくことになりました。

(宮田さんからのライブのご案内メール)
**************************
地震被害は、大丈夫でしたか?

それぞれが不安に過ごす毎日が続きますが・・
この度の震災では地元日立も震度6強とゆう、
誰もが経験したことの無い揺れを経験しました。

心配をおかけしましたが
地元茨城も元気になってきました

待ちに待った常磐線も開通し
やっといつもの日常が戻りつつあります。

これからは、東日本大震災の被災地、被災されたたくさんの方々、尊い失われた命に・・心を寄せ、想いをカタチにしてゆき、細くても長く活動を続けていきたいと思います。

つきましては、恒例の吉祥寺Stringsライブを、チャリティーライブとして、チャージバックの一部を被災地へ送ります。

2011年5月13日(金)
場所〓吉祥寺Strings
開演〓 20:00~ 21:30~(入替えなし)
チャージ〓¥2.500(税別)
宮田まゆみ(P.Vo)Solo

ご予約、お問い合わせ吉祥寺Strings 0422(28)5035
吉祥寺駅から徒歩5分。
吉祥寺駅北口をパルコ方面に直進、信号を渡り中道通りを進んで二つ目の角を右折、通りの左側、1Fが洋食器 "Villeroy & Boch" の白いレンガのビルの地下(B1)へどうぞ!

Address & TEL
東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-12-13 (TNコラムビル地階)
Tel & Fax 0422(28)5035

http://www.jazz-strings.com/

みやまゆ日記も是非覗いてみてください
http://blog.goo.ne.jp/miyamayu0708/

宮田まゆみ

*****************************

今年の始めにセルリアンタワー内のJZ Bratでのライブも聴きに伺ったのですが、すごく素敵な一夜を過ごさせていただきました。

とてもHappyなvoiceの人shine 

今回は新作ではなくて、宮田さんのCDの中の1曲に、軽く笙を当てるだけ、ですが。。。

またがらっとイメージが変わると思います。。。

よろしくお願いいたします!

| コメント (0)
|

水と空気の浄化を

浄化というと大げさ、ですが。

きれいにしましょう、ということです。

大切にしましょう。

「永続可能な社会」というのは、実は不可能だと思っています。

どこかで破壊(新陳代謝)がないと、社会は逆に続いていかない、という逆説。

それを見抜いてのことか

伊勢神宮は20年ごとに遷宮を繰り返しています。

遷宮とは前にあったものを自ら破壊すること

恐ろしくよくできたシステム。。。20年ごとにお宮は若返るのですから、恐ろしい叡智です。

信心が人心を導いたインスピレーション、なのでしょう。

そう、前にあったものを壊す勇気があれば、まったく新しいものができますから。。。

マジメに、20年事に「遷都」をしたら、日本もだいぶよくなると思います(笑)。

その度に産業が湧いて、景気がよくなるのでは?

こういったことは、覚えておけば、どこにでも応用ができると思います。。。

さて、水ですが。

ときどき、水の音のなかに、笙の音が聞こえてくることがあるんです。

不思議だな、と最初は思いましたが、おそらく周波数や波形的要素で、何か似ているところがあるのだと思います。

以前、楽部の演奏会を皇居の宮内庁楽部で聴いていたとき、なぜか絃の音のなかに水の音が聴こえてきたことがありました。

忘れもしない、盤渉調。

あの琵琶が「タタタン」と鳴り、箏と重なる瞬間に「ぱしゃーん」という水音が混じるような音が聴こえて、心がときめきました。
不思議な印象でした。

生命場。

重なり合っていく要素。。。
これを読み取る(感じ取る、聴き取る)ことは、とても大事です。


| コメント (0)
|

2011年5月 8日 (日)

記憶

伝承は、記憶のなかにだけしか存在しなかった。

例えば、わたしが、「多忠麿先生の音は、こうだった」と記憶していても、それはわたし個人の体験と記憶。
譜面はあっても、それは実は譜面でしかない。
先生の歌の間合いや、声色、音程は、譜面には書いていない。

10年後、20年後、それが変容している可能性はある。
ただ、おそらく、伝承というものはそういうものだったのだろう。

でも、今は電気的な記録、、、録音や録画があって、再生可能。

昔は、1度覚えても、忘れないための死にものぐるいの努力が必要だったのだろう。

今は、その辺が、すこしぼけてきている。

昔の楽師さんは舞でも全曲、すべて完璧に覚えていて、すぐに舞える、という先生もいらしたらしい。驚異的。

じゃあ、今、自分が持っているすべての記録データを破棄して、暗譜に頼りますか?と言われると、、、怖くてできません(笑)。

でも、人生が続くまで、暗譜の努力は続けてみたい、、、とまた改めて思い直している次第です。。。

| コメント (0)
|

☆☆☆ メールをくださる際のご注意 ☆☆☆

笙・篳篥教室のお問い合わせ、ありがとうございます。

1、電話番号を必ず明記してください。

2、携帯からのメールですと、ご返信を差し上げた際に、PCからのメールの着信が「拒否」になっている機種があるようです。
このような場合、こちらからご返信を差し上げることができません。。。

できればPCのメールでお問い合わせいただけるとありがたいです。

よろしくお願いいたします。

お問い合わせ、演奏のご依頼は

for_solo_voice@nifty.com

まで(時期によりご返信が遅くなることもございます。ご了承ください)。

| コメント (0)
|

お詫び。。。(雅楽のお話会について)

今年の1月から始めた、「雅楽のお話の会」。
3月の震災後、会場としていた文京区シビックセンターが3月、そして4月と夜の時間帯の貸し出しがなくなってしまいました。

安全性と、計画停電の行方がはっきりしなかったからです。

困ったことに文京区内の全施設において、同様に貸し出しがなくなってしまいました。

会場として利用させていただいていたわたしは、代わりの施設が見つからず、頭を抱えてしまいました。。。

そして、ようやく5月6月と夜間の貸し出しが始まったのですが、今度は7月から全ての時間帯で貸し出し停止。

8月以降の予定はわからないそうです。

ブログやチラシなどで宣伝をかけても、区のほうでまた方針が変わるかもしれず、なかなか再開することができません。

秋以降には、また同じ和室、あるいは代わりの場所で再開できるようにしたいと思っています。

Project Etenrakuと兼ねて開催できるかもしれません。。。

楽しみにしていらしてくださった皆様、誠に申し訳ありません。

できるだけ状況が確実になってからの再開を考えています。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

                                                              伊藤えり拝

| コメント (0)
|

朗報です!(Project Etenraku)

雅楽協議会さんからメールを頂戴しました。

次号の「雅楽だより」で、今回の震災に関する支援活動のなかでも、雅楽関係者の取り組みを取り上げてくださるそうです。

わたしのブログをご覧くださり、「ぜひ、原稿を」とご依頼いただきました。

部数はそれほど多くはないものの、日本全国でご覧になっているかたがたがいらっしゃる冊子です。

日本全国に種を蒔いていけるように頑張ります☆

ただ今プライベートがとんでもなく忙しくなり、HPの作成その他が遅れておりますが。。。

よろしくお願いいたします☆


| コメント (2)
|

大量に捨てています

昔々のカセットテープやビデオを整理中。

ビデオは必要なものはDVDに落としています。

昔の貴重な映像もあります。。。右舞は今より動きが大振り、おおらかです。
今は、本当に洗練を極めてきているなあ、、、と感じます。

記録を残すより、「今」を体験することが、大事、そう思うと結構ばっさりと捨てることができます。

芸能は、日々、新陳代謝していますから。。。

| コメント (0)
|

2011年5月 7日 (土)

管さん、国際的にも

評価されています。

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20110507-772126.html

・・・米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は6日、菅直人首相が浜岡原発(静岡県御前崎市)の停止を中部電力に要請したことについて「日本の基準では、比較的迅速な決断」と伝えた。

ただし、(もちろん)

・・・一方で、浜岡原発を停止しても原子炉の冷却完了までは地震や津波に弱く、危険が続くほか、同原発に保管されている使用済み核燃料についても不安が残るとする神戸大の石橋克彦名誉教授(地震学)の指摘を紹介。

 「原発が確実に(災害から)防護されるよう、直ちに対処する必要がある」との石橋氏の意見を伝えた。(共同)

心から、早急な対応をお願いします。。。


| コメント (0)
|

管首相の判断は、

今回は評価されていいと思います。

珍しく(?)素早く、的確な判断を下してくださったと思います。

「仕事を失う」という地元の懸念もあるそうですが、福島を見てください。。。

事故が起れば、爆発の恐怖と汚染の恐怖、さらに半永久的な地元の汚染、近隣の汚染、場合によっては海の汚染、、、

ひとたび事故が起れば、、、

仕事だけでなく、命を失うことにも繋がるのではないでしょうか。。。

仕事だけでなく、その土地の「すべて」が失われてしまうのです。

仕事は、国、あるいは中部電力が保証すべき、かと思います。。。

| コメント (0)
|

2011年5月 6日 (金)

驚き

浜岡原発、全原子炉の運転停止を中部電力に要請=菅首相

管さんも、たまには首相らしいことをするんだ、へー。

| コメント (0)
|

また、

不思議な曲ができた。

カンパネラみたいな曲。
どうしてこんなのを吹きたくなるんだろう。

でも、自分で録音して「わー、きれい、きれい!」と喜んでいるのだから、すこぶるオメデタイ。

わたしの笙は洋楽ピッチのものと古典ピッチのもので、製作してくださったかたも、タイプもまったく違う。

双方から得られるインスピレーションもまったく違う。。。

贅沢な話、だけれども、いろいろな楽器師さんが作った楽器を先々吹いてみたい。

楽器がインスピレーションを与えてくれるのだから、それぞれ違った雰囲気の音楽ができてくると思う。

たとえピッチが同じであっても。。。


| コメント (0)
|

2万4000年後のわたしたちの子孫と地球へ

できる限りきれいな空気と水と土地を残せますように。。。

気が遠くなるような時間。。。

プルトニウムの半減期。

そんなものを生み出す施設と、わたしたちは暮らしてきました。

わたしたちは恩恵を受けてきました。

原発は、わたしたちの生活の一部でした。でも、これからは、ね。。。

 

後悔しても始まらない! 

今日もProject Etenrakuは夜6時から。

それぞれがいる場所から、祈りを空へ、宇宙へと届けましょう!

1400年続いた雅楽、2万4000年後も鳴り響いていることを願って! 

希有壮大でしょう?(笑)

よろしくお願いいたします。

| コメント (0)
|

東電、その他の電力会社が

今の事故を少しでも早く収束するためなら、また今後起こりうる事故を食い止めるためなら、国民に負担のつけが回ってきても仕方がないと思います(それには、もちろん国民を納得させることができる、良心的かつ詳細な説明の努力が必要)。

関東大震災後、防災を中心としたすばらしい都市づくりの構想があったのにも関わらず、それは「予算」を理由に潰されてしまいました。

今、東電、そしてその他の電力会社が「予算がない」ことを理由に、中途半端な対応しかできなくなったら、大変なことになります。東電の責任を追求している場合ではありません。。。

東電も役員報酬をすべてカットするくらいの気持ちで、全国民の力を借りてもいいと思います。(もちろん、本当は、「私財を投げ打って〜!」と言いたいです、はい。でも人を責めても始まらないですから。。。)

わたしたちすべてが、電力の恩恵は受けていて、今も受けているのですから。
電力の値上げも、今の状況下では仕方ないのかもしれませんが、上げた分の使途は必ず明確にしてくださいねっ!

| コメント (0)
|

you tube 映像を作ってみました。

突然眠れなくなったので。。
i movieの操作、少しずつですが、慣れてきました。
作り出すと止まらず、、、夜中に完成!

CD「祈りの海へ・・・」から。音と映像の世界をお楽しみください。できたらPCによいスピーカーをつけて、フルスクリーンにしてお楽しみください。

(それにしても相変わらず右端の部分が切れてしまいます。。。対応方法を探しています、どうかご了承ください。先きにYoutubeに入っていただいて、伊藤えりで検索すればこちらの画面は出てきます)

| コメント (0)
|

東京の知人も多いので。

武田先生のブログ。

http://takedanet.com/2011/05/post_348b.html

できたら20代以下の人には、特に見ていただきたいです。

| コメント (0)
|

2011年5月 5日 (木)

ああ、

思いっきり笙を吹きたい!

仕事のオファーがふたつ。。。
両方とも本番は秋ですが、、、とっかかりのための演奏、できるかもしれません。。。

明日は広い場所を借りて久しぶりにデモを作ろう!

このところ、公私ともに、大混乱中です。。。

Project EtenrakuのHPも昨日、ようやく夜、取りかかれたのですが、、、疲れ目で目が痛くなり、途中でやめました。。。

東洋医学でも肝臓の疲れは目に来やすい、といいますから。
肝臓、別にアルコールだけで疲れる訳ではありません(笑)。

HPは、正式にアップするまでに、知人に客観的に見ていただく予定。

さてさて、どうなりますか。。。

| コメント (0)
|

数は

体で感得してこそ意味がある

美術などで黄金分割などが言われるし、

音楽でもピュタゴラス音律とか、振動数の数比はぴたり、割り切れるものだけれど

音楽家や画家、彫刻家、建築家、舞を舞う人は、それを身体で発見し、発現することができる

数は、あとからついてくる。。。

| コメント (0)
|

2011年5月 4日 (水)

鶏頭

名古屋に行ったときに出会った、熱田神宮のニワトリさん。

Img_0395

ちょうどお昼頃、餌をもらいにやってきました。














Img_0400

おもしろい鶏冠(とさか)。。。花の鶏頭に似ている、、、

あ、そうです、鶏頭の語源でした!

おもむろにカメラ用ポーズを決める鶏さん。









Img_0398

つぶらな瞳。

そして鶏冠(とさか)は鶏頭の花そのもの。。。でも、こんな鶏冠は、珍しいなあ。。。

ちなみに雅楽の平調の名曲「鶏徳」は鶏の5つの徳を表しているそうです。

昔の人は、鳥に敬意を表していたのではないでしょうか。鳥兜しかり、伽陵頻しかり(あれは鳥ではありませんがcoldsweats01。。。)
そして襲装束は、着装すると、どこかしら鳥を思わせるスタイルになります。

装束や打物にも鳳凰ですが、鳥に近い姿態の生き物が描かれていて。。。

「かわいい」だけでなく、どこかしら神聖なものを感じていたのでは、と思います。

空を飛ぶことができる優雅な生き物として。。。

| コメント (0)
|

悩んでいるひまなんて

ない

悩みが来たら、

「わたし忙しいから」と断りましょう

| コメント (0)
|

2011年5月 3日 (火)

なぜ

物を消費して環境を汚すことでお金が回っていくようなシステムを作ってしまったのかな

環境を浄化することにお金(というか、エネルギー?)を回していくシステム、作れるはず

今、原発の冷却のための電源の確保や、放射能を外部に出さないための工事をしているけれど、そういったことがお金がなくてできないのなら、緊急に国民が負担してもいいと思う

わたしたち全員、電気の恩恵をうけてきたのだから

でもそういう話をすると、すぐに「○○電力のような一般の私企業に」とかいう話になってしまう

でも、原発の事故が起れば国土を半永久的に汚してしまう

被曝によって、日本の人口も減ってしまう

誰の利益とか、そういう「小さい」話をしている場合ではないと思う

| コメント (0)
|

2011年5月 2日 (月)

白
花の白い色、微妙に違っていて、好きです。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

おはずかしい。

三半規管が弱いのか、気圧の急激な変化に、弱いです。

先日、暴風が吹き荒れた日、とうとう生徒さんのお稽古を1件、キャンセルしてしまいました。

会場は文京シビックセンター。

あの25階立てのビル、あのビルは、、、

風で揺れるのです。。。

「ゆっさあ、、、ぎぎぎぎ」
「ゆっさあ、、、、ぎぎぎぎ」という音を、あの立派なビルの中で聞くのは、結構スリリングです。。。

生徒さんは近くまで来てくれていたのですが。。。
急遽電話をして、取り止めにしていただきました。

ああ、はずかしい。
あのゆらゆらに耐えられないなんて。。。

祖母が「いやだねえ、だらしがないねえ」と言っている声が聞こえるような。。。

ごめんなさい、唯ちゃん、埋め合わせします。。。





| コメント (0)
|

2011年5月 1日 (日)

Project etenrakuへの思い

昨日は舞のお稽古が終わってから、しんみりとした気持ちになりました。

被災した方々、宮城、福島、茨城、長野、、、

なかでも福島の土地は広範囲に渡って汚染されてしまいました。

わたしたちの世代ではほとんど取り返しがつかない汚染。。。

福島、、、わたしたちが生きている間に、汚染を解毒する技術は発見できないのだろうか?

ふと、気がつくと、6時1分、

あ、大変大変、Project の時間、でも、今日は唱歌だ。。。

誰もいない場所を、ひとり歩きながら、最初は心の中だけで唱えようと思っていましたが、、、

小さな声で「ぼーおー、いーち、おーつ、おーつ」と笙の唱歌を歌い出したところ、、、

あたりにはひとっこひとり、居なかったのですが、声は小さくなるどころか、だんだん大きくなりました。
広い空を見上げながら、悲しみと喜びが一気に押し寄せてきます。

二行目を歌い始めたころは、しっかりした大きな声で、歌っていました。
鳥がたくさん、飛んできます。

ああ!
この歌はずっとわたしの人生を支えてくれたんだ!
ようやくわたしの人生は半世紀になる、でもその大半でわたしはこの歌を歌ってきた!

これからも!
これからも!

三行目に入りました。
自転車で近づいてくる人が見えました。
一瞬恥ずかしくなりましたが、もう、いいや!
いいの!

臆せず歌い続けました。
わたしは、「いっちゃっている変な人」、だったと思います。

でも、いいの!
わたしは歌いたいの!
この広い場所で。。。
だって、Project Etenrakuなんだから!

支えてくださっている人たちも一緒に奏楽してくださっているんだから!

最初は涙声になりそうなくらいにしおしおと歌っていましたが、だんだん、嬉しくなって、歌い終えるころには、気持ちが本当に和らいでいました。。。

未来に繋いで行く気持ちは、天に届いていると思います。
ああ、そういえば、越殿楽は越天楽とも書きますね。
天を越える、、、

宇宙の果てまで?(笑)雅楽の曲名は、漢字そのものに意味はなかったり由来が分からないものも多いのですが、、、

壮大なイメージです。

Project Etenraku、今日も6時から。
よろしくお願いいたします!

| コメント (0)
|

昨日は

久々に還城楽のお稽古をつけていただくことができました。。。

涙が出るくらいに、、、

嬉しかったです。

平時にいかに漫然と、自分がお稽古を受けていたか、気づかされました。

広いスペースでのびのびと舞えることにも感謝しました。

でも、舞の出来はヒサン、でしたがdown

還城楽は本腰を入れて、トレーニングしないととても無理です。

できたら、50代に入る前に、装束を着けて、舞ってみたいです。。。


| コメント (0)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »