« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

今日で3月も終わり、、、

まあ、なんていう月、だったのでしょう。

誰にとっても、生涯、忘れられない月となるでしょう。。。

明日から4月、新年度。。。

それぞれの思いが交錯するなか、、、

桜が開花していきます。。。

| コメント (0)
|

2011年3月30日 (水)

神奈川以西の人にはわからないと思いますが、、、

久しぶりに揺れない床の上で寝たいな。

今日も来る来る地震ちゃん。

でも、電気もお風呂も水も食べ物もあるのだから、と思うと、

揺れる地面でもありがたいです。

あ、節電節電。。。

もう一仕事して、、、

寝ます。。。( ´・ω・`)

| コメント (0)
|

project etenraku 今日で14日目。

ブログの記録を見ますと、Project Etenraku、今日で14日目(3月17日からスタート)です。

2週間。今日はとても嬉しいことがありました。コメントをおよせくださっていた御礼堂さんが、バナーを作ってくださったのです。
(素敵なバナーですよ〜♪)

ここ数日で、Project Etenrakuのための専用ブログを立ち上げると思います。

そちらで使わせていただくと思います。

乞う、ご期待!

| コメント (0)
|

多分、

これからの日本では、今までの学問は役に立たなくなるだろう。

産業構造なども大胆に変わっていかないと、生き残れないと思う。

ただ、明るいニュースもたくさんある。

飽かず倦まず、種をまこう。

| コメント (0)
|

太田市が、

風評被害で売れなくなった、あるいは価格が下がった野菜を買い取って、被災地に送っています。

暖かいニュースに涙がこぼれました。
送られる農産物には「がんばれ石巻市」などの手書きの紙が貼られています。
行政にもこんなにすばらしい判断をされて、行動されているかたがたがいるのです。

今、日本の農業を潰してしまうことは、日本全土に影響を及ぼすことになります。

目先のことでは、つい「電力」と「景気」に目がいきがち。

でも、電気がなくても死なないじゃないですか。

でも、安全な水、きれいな空気、そして食料がなければわたしたちは生きていけないことを本能的に知っているじゃないですか。

「モスバーガー」の記事は前にも書きましたが、大手のコンビニなどで積極的に野菜や米を買い上げて、流通させてくれるといいのに、と思います。

前にもアップしましたが、
http://www.farmersmarkets.jp/category/schedule/
こちらで茨城県産の野菜も
https://twitter.com/umaimon_ibaraki/status/52550101595467777

土曜日、お近いかたは、是非!

野菜は免疫力の強化に役立ちますよ!

続きを読む "太田市が、"

| コメント (0)
|

2011年3月29日 (火)

気恥ずかしいですが。。。

毎日、夜6時から、平調の越殿楽に乗せて、
優しい慈しみの気持ちを送りましょう。

最初は「愛」と書こうとしましたが、
日本人は、「愛」という言葉が恥ずかしい。
前にアップしたレディーガガのyoutubeメッセージに「アイシテイマス」というのがあったけれど、久々に(うっ、、、濃いわsweat01)と思いました。
英語ではまったく普通に聞けるのですが。。。

I love youの和訳なんですが。。。
日本人は滅多に言いませんから。。。(あ、最近は言うのかな?)

大体、神道でも「愛」、なんて言わないし(「敬愛」という言葉になりますか。。。)、仏教では「慈愛」でしょうね。

そう、日本人は、無意識裡に愛が「執着」になることを知っているから、とても気恥ずかしい。

「愛欲」なんて言葉もありますし!

親子の間でも、絶対に言わないし〜!

レディーガガのメッセージのようなシーンで、もし、I love youみたいなことを日本語で言うとしたら。。。

「ご無事を祈っています」とか「いつも皆さんのことを考えています」かな。

「ガンバッテ、クダサイ」と、欧米ミュージシャンが言っている映像もありましたが、やはりぴんときません。

「どうか、ご無事で!」でしょう。
「こと無き事をを祈る」って、相手にとって、とてもよいことなのでは。。。

I love you、「わたしが、あなたを愛しています」と言われても、「そう?」って(やや、ひねていますかしら?)

と、突然、愛について考えてしまいましたが。。。。

趣旨はProject Etenrakuのことです。

さて、今日は、帰宅が間に合わず、あわててコーヒーショップに飛び込んで、瞑目しながら越殿楽を必死に頭のなかで追いました。

今日は唱歌ではなくて、合奏のイメージで。
じっと目を閉じて、、、なんとなく、怪しいヒト?

最初2行は繰り返していたのですが、人目も気になって3行めは1回、頭に戻って1行目、2行目は1回。

計7行で、時計をみたら、ちょうど7分とちょっと。
1行1分。
理想的なペースでした。

心を込めて、真剣に、1日1回。
とてもよい時間になっています。

どうか、越殿楽を勉強されたかた、演奏できるかた、ご参加ください!詳細はブログのトップページにて。。。

続きを読む "気恥ずかしいですが。。。"

| コメント (0)
|

世界からの祈り

ありがとう!本当にありがとう!

| コメント (0)
|

Thank you


arigato... レディー・ガガ、曲はまだ聞いたことないのですが、あまりに「強烈」なので気になっていた女性です。

みんなのために、いつも祈っています。。。

ありがとう。

| コメント (0)
|

2011年3月28日 (月)

ありがたいです。

何年か前に笙教室に来てくださっていたから、久々にご連絡をいただきました。

お仕事の都合で転勤され、しかもお住まいも引っ越されてしまって、残念ながらお稽古を中断されていたのですが、、、
月に1回でも再開されたいとのこと。

高木さん、ありがとうございます!
ブログもご覧くださっているとのこと、嬉しいです!

3月は震災にお稽古場所の貸し出し停止、と、お稽古はほとんどできない状況でしたが、ぼちぼち生徒さん、そしてわたしの生活も、普段の生活に戻り始めています。。。

今年は、万感の想い、ありますが。。。

よい春に、したいですね。。。

| コメント (0)
|

昨日のProject Etenrakuは?

「20110327235820.3gp」をダウンロード

文月会の白井さんから

「変な鞨鼓の音がしていませんでした?」とのメール。

あ、そういえば?coldsweats01

なんと、タンバリンを使って自作された鞨鼓でご参加くださったそうです。

ですが、マジメに、実音ではなく、他管の音をイメージして演奏するのって、とても勉強になります(特に、笙にとっては必須ですね)。

今日はCDをかけながら、フルで演奏してしまいましたが、笙1管で合奏のイメージを保ちながら、練習してみたいと思っています。。。

実際に集まっての合奏も検討中です(場所がなかなかないもので。。。)。

お近くのかた、ぜひ、飛び入りでもご参加ください。。。

| コメント (0)
|

うー、

誤操作で記事削除。

自分でもPC使用制限時間をもうけています(笑)。
メール、ブログその他は短時間で処理、、、と思うと、つい。。。

| コメント (0)
|

2011年3月27日 (日)

椿さん

椿さん
ココ・シャネル風?
カメリア。

再び白洲正子さんの文章から、引用します。
***************
・・・何れにしても、おめでたい木であったことは確かで、椿を神木として祀っている神社仏閣も少なくない。

有名な出雲八重垣神社の「連理の椿」をはじめとし、椿神社とか椿明神とか椿寺、枚挙にいとまもない。

地名も全国に亘って八十近くあるそうで、桜と並んで椿ほど、日本人に愛された木はないのである。
南は九州の果てから、北は青森まで、それも面白いことに、はっきり線を引いたように、
暖流に沿って分布されているという。
このことは、はじめ椿が黒潮に乗って、南の国から流れついたことを語っており、九州や伊豆に多いのも、そのためだろうが、順応性にとんでいるらしく、次第に変質して、雪国には「雪椿」のような品種も生まれた。私は椿の種類がいくつあるか知らないが、一説には三千以上ともいわれている。
*********************

わたしも椿を何鉢か、丹誠していたことがありました。
しぼの入ったものや唐子咲きなどあり、何年か楽しませていただいていました。

ところがわたしが体調を崩して、手術を受ける直前から枯れ始め、帰宅したときはすべて枯れてしまっていました。1週間弱の入院で、それくらいは水やりなしでも大丈夫だったのですが。。。

直前の植え替えに使った土か肥料が原因で、入院前に葉に元気がなくなっているのに気がつき、なんとかしようとしたのですが、入院の準備で慌ただしく、手遅れとなりました。

なんとなく、身代わりになってくれたような気もして。。。わたしの雑な世話にもめげず、頑張って咲いていてくれていたので、申し訳なく思います。

その後、また機会があれが増やしたいと思うのですが、2階に引っ越してから、大家さんから2階では「ベランダの鉢置き禁止」令が出されてしまい(涙)、寂しいです。なんでも風で土が飛ぶから、とか。

「鉢置き可」の住まいに引っ越したいです。

| コメント (0)
|

Project Etenraku 本日は唱歌で

なんだか、いい習慣になってきました。
外出していても、(あ、6時までに帰宅しないと!)と、6時前には帰宅。

今日は自宅にいて、笙を暖める時間もあったのですが、唱歌を歌って録音をとってみました(今、それを聴きながら記事を書いています)。

夜のお稽古がしづらい状況にあるため(節電のため、お稽古場の貸し出しが一時休止のため)、唱歌を録音して、生徒さんにお送りする予定です。

一行ずつ、笙と篳篥の唱歌を交互に歌ってみましたが、、、
これは大変勉強になります。。。

自分の唱歌を聴き直すことも、大事だなあ、、、と今、聴きながら思っています。。。

| コメント (0)
|

かわいい

かわいい
お茶目な花です。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

応援♪

お天気もよいので。

http://www.marche-japon.org/area/1302/

茨城県の野菜もいっぱいでているそうです。

| コメント (0)
|

物やエネルギーに依存せず、

自然を賛美して、自然そして「時の流れ」と協調していく、優雅で貴族的な文化を、普及させたいな。

自然と敵対せず、自然を味方につけてきた国。

がんばれ、日本。


| コメント (0)
|

懲りない。。。

時事通信によると、与謝野馨経済財政担当相は22日の閣議後会見で、福島第1発
事故に関連し、「日本中どこの地域を探しても環太平洋火山帯の上に乗っている
国だから(地震が多いという)その運命は避けようがない」と述べた。これは原
発推進の立場から、地震が多いことは原発を止める理由にならないとの考えを強
調した発言で、同相は「将来とも原子力は日本の社会や経済を支える重要なエネ
ルギー源であることは間違いない」と語り、あくまでも原発を続けるべきだとの
考えを示した、とのこと。

**************

懲りないなあ。
「日本の社会や経済を支え」ているのではなく、これだけ、破壊しているではないですか。

産業構造をゆるやかに変えることで、原発からのエネルギーを主として、やっていく必要性は、なくなると思います。

| コメント (0)
|

2011年3月26日 (土)

伊藤笙教室再開。

ようやく、お稽古場で使えるところがあり、笙教室再開。
久々に生徒さんにお稽古をつけることができて、ほっとしました。

「来られてよかったです」とおっしゃってくださったのですが、わたしのほうこそ来てくださって、本当に嬉しかったです。

「あ〜、笙ってこんな音だったんだ、やっぱりいいですね」とも。

震災「後」の生活のことを聞いてみたら、それこそ「殺人的」にお忙しいようです。
そんななかを出て来てくれたこと、ますますありがたいと思いました。

こんな非常時に、電気も食う楽器ですし、吹くまでに時間も手間もかかり、片付ける前も、また暖めて、、、そんな暇は、、、

と思われるかもしれませんが、日常のストレスをいったん、「オフ」にする意味でも、楽器を続ける意味は大きいです。

来月も無事にお稽古ができますように。。。

| コメント (0)
|

Protect Etenraku

Protect Etenraku
本日も無事終了。
コンロ、突然の地震のとき、危険です。

ガラスのふたを用意しました。(もちろん、耐熱です〜!本当はフライパンのふた。)

地震の多い地域でご奏楽される方は、ご注意下さい。

電源を切っても、上にものが落ちてきたら、燃えあがる可能性があります。

一番いいのは、武蔵野楽器さんで出している、四角いコンロ。

ふたが耐熱使用になっているため、使用後、すぐにふたをしても大丈夫です。
(何度も試していますが、まったく問題ありません)。
ただ、ふたをしたままスイッチを切り忘れたらしく、ふたが黒くこげたコンロはみたことがあります(それは、そこまでしたら燃えるでしょう。。。punch

いずれにしても、笙吹きの皆さま、お互いに注意しませう。。。

| コメント (0)
|

北風か。。。

マスク、帽子は必須。
部屋に入るときは、ホコリをを払おう。

花粉症と同じような注意を払っていればいいかな。

海水から、高濃度の放射性物質。。。

やっぱり、出てるな〜。

| コメント (0)
|

宇宙戦艦ヤマトって、

放射能除去装置を取りにいく話でしたよね。

「ぐぐって」みましたら、やっぱりそうでした。
イスカンダル星へ!

ヤマト、早く帰還してください!cat

それにしても、現実の世界では、原子爆弾ではなく、自分たちの贅沢ざんまいの後始末で放射能汚染されちゃっているのですから、なんとも、、、お粗末です。

「敵は、自分自身のうちにあり」、ということでしょう。。。

そうなんです、外に向けて怒りをぶつけていても仕方のないことです。

やれることをやって、覚悟を決めて日々を過ごしましょう。

| コメント (0)
|

各家庭で

簡易放射能計測機などを備えられたらいいと思う。

計測機特需が生まれますよ!!!

水や空気の汚染情報は、いつ発表されるのかまったくわからないので、当てになりません。

| コメント (0)
|

朝がきて

大地がしっかりあって、
暖かい暖房も水も食料もあることが

こんなにありがたいなんて

| コメント (0)
|

2011年3月25日 (金)

モスバーガー、偉い。

某メーリングリストで提案したのですが、こういった取り組みを、もうモスバーガーがやってくれているのですね。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110323/biz11032320240053-n1.htm

農家のかたがたを応援しましょう!

| コメント (0)
|

椿の記事

昨日の椿の写真にちなんで。

白洲正子さんの文章から(武相荘だより ~白洲邸 折々の記~ 2011年3月25日 第113号からの転記です)。

***********************
それは平安・鎌倉を通じて、形を変えて生きつづけた。

古い物語などには、「卯杖の行事」というものが出て来るが、これは正月卯の日に、椿で作った杖で邪気を払った(はじめは中国の習慣だったらしいが)ので、景行天皇の故事に学んだことは疑えない。

襲(かさね)の衣(きぬ)に「椿」と名づける色目もあった。

表蘇芳、裏紅の華やかな色彩で、冬の季節に用いたという。

むろん織りものにも使われた。

そういうものを身体につけることにより、身の健康を祈ったのである。

*****************************

襲(かさね)の色目(いろめ)は、平安時代の貴族のかたがたの装束の「ルール」みたいなものです。今でいう「ドレスコード」の、もっと細やかで、もっと繊細なもの、とでもいえばいいのか。

季節感やそれぞれの身分、年齢によって、装束の色の重ね方・配色が決められています。
その、細かいルールのなかで、「遊ぶ」「おしゃれをする」のですから、高度なセンスが要求されていたと思います。

「椿」の色目は、やや重たい赤系統の配色となると思います。
やや年配のかたが召されたのでしょうか。

| コメント (0)
|

それは結構。

22日、ドイツで太陽光による発電が、原発による発電の量を上回ったとのこと(ただし、一瞬だそう。でもやればできることの証明)。

風力発電は地震や津波には耐えられないという批判をよそに、日本の風力発電は
稼動を続けており、福島原発危機の間にも電力を供給している。。。

「風力発電の会社の株価、上昇中」だそうです。

(以上、枝廣淳子さんというかたのEnviro-newsから、引っ張って来ました。)。

もうひとつ、賛同したい文章が。

。。。それに、そもそも、「エネルギー需要が右肩上がりで増え続ける限り、どのエネ
ルギーを持ってきても、満たし続けるのは不可能」なんじゃないかな?

(同上から引用)

同感です。。。日本、「折り返し地点」に来ての、事故なのでしょうね。

| コメント (0)
|

ゆうぱっく類

震災が起ってから2個発送していますが、どちらも無事に届いています。

こんなときにも。

日本はほんとうに、有難い国です。

(イタリアでは普段でも届かないらしい(^-^;)

| コメント (0)
|

2011年3月24日 (木)

音に救われる

FMラジオから、、、

多分、中国の奥地のほうの民族音楽で、、、まったくとらえどころの無い不思議な合奏が流れて来た。

絃、弦、シンプルな打楽器の合奏。メロディーラインはあるのかないのか。
単調なフレーズを繰り返す。
リズムには長尺の周期があり、雅楽に似る。

生まれて雅楽を聴いたときのような錯覚に陥った。
あれ、これは音楽?
音楽なのだろうか?
音の「仕組み」「文脈」がまったくわからない。
なのにとても魅力的で、どの楽器のラインを追ってみても、支離滅裂のようで、複雑なルールのもとに絡み合っていく様子が見事だった。

寒い部屋のなかで体が冷えていくのも気にならず、ついつい聞き込んでしまった。

ふっと現実から離れて、遠い地でのどかに合奏を楽しんでいる人たちの映像が、頭をよぎった。

こんな状況下でも、「ああ、世界は平和だ」と思った。

今、大変な人たちがいる。
日本の被災地で被災した人。
苦しんでいる人。
これから汚染の恐怖におびえながら生きていく私たち。
でも、世界には戦争の争乱で国がもっともっと、めちゃくちゃになっているところもある。

でも、世界中の大半は平和で、わたしたちの困難には無関心。
でも、それが世界なんだ。
わたしたちの被災を何とも思わない、あるいは知らない人たちもいる。

でも、それが世界。
そしてそれが当然のことなのだと、初めて、生まれて初めて理解したように思う。
以前は、無関心な人たちに腹を立てたこともあった。

ふっと、そんなことを思う。

音の、仕業。。。唐突に舞い降りて来た、異国の幻影。

わたしは、明日も越殿楽を奏でているだろう。

| コメント (0)
|

重苦しい情報の渦の中で、

沈むことはむしろ簡単で、

でも、悼みを感じつつ、頭を上げて、前に歩いていくことのほうが、今は大切。

人それぞれの悼み方があると思う。

| コメント (0)
|

本日も、越殿楽。

6時ぴたりからスタート、2行のつもりが、そのまま5行。

そのあと、ひとり黙祷。

このprojec、始めてから1週間になります。

実際に合奏をしたいのですが、、、今、わたしが主に利用させていただいている施設のすべてが、夜間の時間帯の貸し出しを行わなくなってしまいました。「節電」がその理由ですが、困っているかたも多いと思います。

わたし自身、自分の教室の生徒さんに多大なるご迷惑をおかけしています。

ろうそくの灯りででもいいから、利用できるのなら、させていただきたい、と思います。。。

| コメント (0)
|

本夕も6時から

越殿楽です。
ちょうど一週間経ちました。

よろしくお願いいたします。

| コメント (0)
|

椿

椿
にっこり。大輪の椿。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

またきた

やや大きい。下からどん、と。

すごいエネルギー。

この地震のエネルギーをいかして、電力を起こせないのかしら???(◎_◎;)←オバカ

| コメント (0)
|

花が咲く

「咲く」という言葉の語源は、「割く」だという説、何かで読みました。
真偽のほどは定かではありませんが、「咲く」にはパワーが必要です。

日本は、もう一度、硬い殻のような何かを「割いて」、「咲く」ことができると思います。

それはあまりにも、確かな力です。

誰も止めることができない、自然の営みです。

信じる、信じない、ということでなく、あと数歩で、、、

春が、来ます。。。

| コメント (0)
|

今朝も地震さまのモーニングコールが

でも5時半はちょっと早いです。。。

だんだん慣れてきたので、2度寝しましたcoldsweats01


|

2011年3月23日 (水)

今日の合奏会は、

延の管絃吹き。
万歳楽や甘州やらで、吹きでがありました。

最後の陪臚で音頭だったのですが、時間も超過していて、芝先生もさっくり、やりましょうとおっしゃったので、さくさく吹いてしまいました。
一返だとどうしてもさっくり目に吹きたくなります。

次回の合奏は夏。。。



|

モブログ

今日の奏楽は電車のなかから、唱歌です

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

どひゃー

フライパン空だき、空だき、危なーい(◎_◎;)

気をつけなくっちゃ!!!

| コメント (0)
|

免疫を落とさないように!

農産物から放射性物質が見つかっていますが、

これを食べてすぐに死ぬ訳ではありません。

「発がん性」ということですが、どんなものでもなる人とならない人と、います。

むしろ、これまでわたしたちが気にせず食べてきた、、、ポストハーベストの多い野菜、コンビニの何十種類もの添加物が使われたお弁当、ファーストフードの揚げ物類など、の発がん性を思うと、、、、

日本の農業を潰さないように、あまり危険でない農産物も買わない、などということは避けましょう。

農家を守るために農産物を購入しましょう。
(すでに放射能が検出されている商品を購入しましょう、ということではありません、念のため)。

むしろ、不安な思いで毎日を過ごしていると免疫力も落ちますから、何か集中できるものがあったら、そちらに気持ちを集中させましょう。

運動不足は大敵です。

できる限り、まめに体を動かしましょう。

引き続き、雨にはご注意ください。。。

| コメント (0)
|

地震のおかげで

早起きになりました( ̄▽ ̄)

今朝から4回もゆすってくれちゃって、起きないわけにはいきません。

わたし、この節電モード、とても心地がよいのです。

暗闇は苦手ですが、薄暗い照明、もともと好きなのです(「陰影礼賛」のヒト)。

地下鉄の駅でもほの明るい照明に、「あー、いい感じ」と思いますし、エスカレーターが止まっていると荷物が多くてもうれしくなります。

和紙でできた行灯に薄明かりって、本当に素敵じゃないですか。

脚力強化月?

そのうち、足の不自由なかた、お年寄りのかたは、エスカレーターやエレベーターが使えるようなシステムができるといいですね(若いヒトは歩く~!)。

| コメント (0)
|

2011年3月22日 (火)

モブログ 今日の奏楽は

すみません、出先から、洋楽ピッチの楽器での奏楽でした。

一人音痴だったかも。。。

本日、PCが見られないかもしれません、 ご容赦下さい!

| コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年3月21日 (月)

がんばれ、にっぽん

生徒さん+自分のお稽古がお休み続きで、思いもかけず、時間ができました。

甘州をさらったり、舞も平舞をさらいなおしたり(体、なまってました。いえ、走り舞は練習していたのですが)。

悠々たる古典曲をさらったり、平舞などで自分の身体、特にバランスを保つ感覚に集中すると、平常の落ち着きを取り戻す事ができます。

忙しい中でも、やはり時間を作ってこういった日常外の時間を体験することはやはりとても大切なこと、、、と実感しました。

今後、世の中がまたどう流れるのか、わかりませんが、うわっつらの繁栄を追い求める社会ではなくて、人に優しい時間が流れる世の中になってほしい、と心から願います。。。

| コメント (0)
|

本日の越殿楽

準備はしていましたが、メールなどを確認していたら、もう5時54分?!

笙を暖めるには、時間が足らなかったので、とりあえず6時からは唱歌でスタート。
続いて、篳篥の唱歌を歌い、ようやく楽器が暖まったので、吹奏しました。

まあ、こんな日もあります。。。
昨日、篳篥のかたからもメールをいただきました。
ひろがる合奏の輪♪

今日は原発から煙が出ていたそうです。

まだまだ予断はできません。

原発君、お疲れさまでした。
今までありがとう。
お役目を静かに終えてください。。。

| コメント (2)
|

情報の、見方

「チェーンメールだから」
「NHKだから」
「海外からの情報だから」
「医師の発言だから」

といって、一方的に(盲信的に)信じたり、嘘だと決めつけたりしないようにしましょう。

また、さまざまな行動や提言を安易に非難しないようにしましょう。

例えば、関東から遠方へ避難されている人もいて、その行動を非難している人もいらっしゃるようですが、例えば小さいお子さんがいる人などは、当然だと思います。

自分がいる場所にとどまることで、何かできるのなら、そこにいるべきだと思いますが、何もできないとしたら、ひとりでも多くの人が、安全な場所に移動することは、非難されることではないと思うのですが。。。

今のところ移動によるパニックは起きていないので、ある程度しっかりした判断がなされているものと思います。

また買い占めも非難されていますが、これはある程度、仕方が無いことかと思います。

ただ、被災地へ行くべきものが都心に回ってきたりしていることと、お店で買い占めを制限しないこと自体が問題です。
(その辺は、やはり政府や自治体の指導力、かと)。

まず、自分が被災しても「元気」でないと、人を助ける事もできません。
そのために必要なものを購入しておくことは、誰にとっても必要なことです。

今はできる限りの節電(もちろん、今後も)と、それぞれが情報を整理して、パニックを抑え、適度な買い物をすることです(消費の冷え込みによって、日本経済がさらにダメージを受けることを避けるために)。

また、1週間から1ヶ月程度の「備蓄」も今後は必要とされるでしょう。急なときの買い占めを避けるために。

国や自治体の指導も必要ですが、個人個人での心構えも必要だと思います。


|

情報は自分で。

雨、降りました。。。
チェーンメールで雨に注意、という情報が回っていて非難されているようですが、わたしはやはりできる限り、外には出たくありません。

でもそのご判断は、自分で。

アメリカと韓国では退避勧告は80キロ。
イギリスとドイツは東京と横浜からも離れろ、と。

例えば、30キロ圏のライン上に住んでいる人は、どうしたらいいのかな(笑)。
32キロ、とかだったら?迷いますよね? そのとき、安全性の根拠は。
アメリカはチェルノブイリの事故から試算したそう。

そして日本は「根拠なし」だそうです。様子をみながら、決めているそうです。
うーん、なんだか雅楽のよう(笑)。

ただ、「とてもよい情報」としては、今回の事故は、チェルノブイリの事故とは「タイプが」違うようです。
放射性物質が拡散するにしても、濃度が違うと。。。

海外からの情報は概ね、危険に対して辛口です。日本の政府がしっかりした政府見解を出せないから。。。東電にいたっては、、、嗚呼。
ちょっと愚痴りますが、「子供にスポーツカーを運転させていたようなもの」と思いました。

ネットのソースは情報が多すぎて、混乱しますよね。
ひとつのお勧めとして、アナログながら、「メモをとりながら読む」ということ、大事です。時間列と空間と合わせて。
だいぶ落ち着きます。
あと、情報の「深追い」はやめましょう。

いろいろと見てきたなかで、
http://www.youtube.com/watch?v=8GqwgVy9iN0

こちらの情報は、かなり信頼できると思います(ですが、あくまで「いちソース」として、ですよ)。

大前さん、大学でのご専門が原子力だったそうで。。。

長いので、一気にご覧になれないかたは、20分ずつぐらいに分けて、見ていくといいでしょう。

もちろん、情報が必要ない人には、ぜんぜん、必要ないと思います。


|

2011年3月20日 (日)

ピアニストの高橋全さんから

拙CD「祈りの海へ・・・」などで、とてもお世話になっている高橋さんから、タイムリーにライブの情報が。

とてもいいライブになると思います。
お近くのかたはぜひ、行かれてみてください。

わたしも行きたいのですが、、、
電車が止まると恐いよお。。。(←11日の東京文化会館避難経験者)。

それにしても、、、今後、「節電ライブ」なんて言われたら、笙吹きは、笙吹きは、、、(電気コンロ必須の楽器。。。)

もうこうなったら「炭火ライブ」(!)しか、ないのかな(焼き肉屋さんと間違われるかも。。。(^-^;)

(以下、高橋さんのメールより転機)

******************************

「震災チャリティ生音節電ライブ」 at 「晴れたら空に豆まいて」in 代官山

Vol.1 3月21日(月曜日)17時半開場、18時開演、20時半終演予定
Vol.2 3月24日(木曜日)18時開場、19時開演、21時半終演予定
Vol.3 3月27日(日曜日)詳細未定、午後の公演の予定です。

いずれも入場料は2,000円+ドリンク別。
収益の一部を福島県復興支援の義援金として寄付させていただきます。

「晴れたら空に豆まいて」
150-0034 渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
TEL 03-5456-8880
http://mameromantic.com/
info@mameromantic.com

出演(予定)
Vol.1 3月21日
ウォンウィンツァン:ピアノ http://www.satowa-music.com/mac/
金原 小花:歌&ピアノ http://blessinger.net/maco/?author=1
田中正敏:クラリネット&田中優衣、松本千菜、高橋候輔、大森香里によるクラ
リネットアンサンブル
http://www.ne.jp/asahi/masatoshi/tanaka/
HAL&PANDA:ゴスペルクワイア
http://www.geocities.jp/halzzhang/
http://www012.upp.so-net.ne.jp/y-panda/index.html

Vol.2 3月24日
Mi_ho:歌 http://www.myspace.com/mihomihomihomiho
えぐさゆうこ:歌&朗読 http://ameblo.jp/ayahabura/
江草啓太:ピアノ http://www.egusakeita.x0.com/Welcome.html
みやたよしたけ:ライアー http://leier-in-the-sky.blog.so-net.ne.jp/
外山安樹子:ピアノ http://homepage2.nifty.com/akiko-toyama/

Vol.3 3月27日
渡辺かづき:ピアノ http://www.blissful-music.com/
朝崎郁恵:奄美島唄 http://www.asazakiikue.com/
遠藤晶美:ギター
立岩潤三:パーカッション http://members.jcom.home.ne.jp/tanc/

出演者や詳細は変更されることもあります。

あらかじめご了承下さい。

-- (以上)

| コメント (0)
|

祈りを込めて越殿楽を(3)

こんなときに、奏楽!?
というご感想もあるかと思いますが、震源地、そして福島原発に近ければ近いほど、日常のストレスは濃いです。

わたしが今いるところでも、毎日のように余震が続き、昨晩などはどーんという音とともに、かなり大きな揺れがありました。

原発の状況はなかなか好転しません。

でも、だからといって状況に飲まれてしまっては、今後のことも考えられない。

こんなときだから、人とのつながりを感じたい。

無力感に襲われる前に何かしたい。

せっかく雅楽を奏でることができるのだから、こんな状況下でも楽器によって何か、役に立てることがしたい。皆で、気持ちだけでも合奏を行うというのは、お互いに支え合うことになるのではないか。。。

そんな気持ちがあります。

たくさんの人が参加してくださると、とても嬉しいです。

本日も、6時から。

管だけでなく打物でも絃でも。また平和な気持ちで合奏ができる日を願って。

どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (4)
|

祈りを込めて越殿楽を (2)

Project Etenraku (越天楽)

雅楽を愛する皆さまへ。

日本の復興への祈りと被災された皆様方への哀悼の意を込めて、しばらくの間、
毎晩6時から、「平調の越天楽2行(繰り返しなし)」を各楽器で演奏しませんか(もちろん、吹けるかたは5行でも、正式な繰り返しの形でも)。

これはどこかに集まって演奏する、というものではなく、個人個人が今いるところから、皆で合奏しているイメージを持って行うものです。

奏楽後、しばし黙祷しましょう(1分程度。それぞれの祈りをお願いします。家族の無事の祈り、なくなられた方々へのご冥福の祈り、原発鎮火の祈りなど)

盤渉調は、やや寂しい感じなのと、平調でしたら、初心者でもご参加いただけるので、平調とします。

できない日があっても構いません。気軽に、ご参加ください。

(ご注意)
これは、どこかの場所に集まって、行うものではありません。今いる場所から、できる範囲内で、個人個人が行うイベントです。
・周りの環境など、ご無理のない範囲で行ってください(特に御家族のご理解は必須!!!ご理解いただけない場合も、趣旨をお伝えされてみてください)。
・楽器の音が出せない場合は、唱歌を口ずさむだけでもあるいは電車のなかなどでしたら、唱歌を念じるだけでも。

(ご効能?)
・一日、一回、気持ちの余裕がとりもどせます。
・皆が一斉に行うことで、皆でつながっている気持ちがとりもどせます。
・一日一回、楽器に触れることで、腕が落ちない。。。(かな?coldsweats01

| コメント (0)
|

2011年3月19日 (土)

泣けました。

本日いただいたコメントです。(前の前の記事のコメント欄参照)

>心も落ち着かず、バタバタしてばかりいるので出来るかどうか分かりませんが、今日(十九日)、鉦鼓で参加させて頂こうと思います。
確か、多忠麿先生のお言葉の中に、「鉦鼓でも一番になりなさい」というものがあったように思います。
鉦鼓で参加される方は、私の感じでは少ないとも思いますので。

<確かに鉦鼓は貴重です(笑)。
また時々、お時間がとれましたら、ぜひお願いいたします。
また、お仲間にもこのお話をお勧めいただけたら、嬉しいです。

今日の奏楽も夜6時から。。。
皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (5)
|

南北線

南北線
これでも、かなり普段より暗いのです。普段からこれぐらいで、いいんじゃない!!!

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

祈りを込めて越殿楽を

雅楽関係者の皆様、Project Etenrakuにご参加ください!!

  • Project Etenraku (越天楽)

日本の復興への祈りと被災された皆様方への哀悼の意を込めて、これから当分、毎晩6時から、「平調の越天楽2行(繰り返しなし)」を各楽器で演奏しませんか(もちろん、吹けるかたは5行でも、正式な繰り返しの形でも)。

できたら、数ヶ月、続けてみたいと思っています。

これはどこかに集まって演奏する、というものではなく、個人個人が今いるところから、皆で合奏しているイメージを持って行うものです。

奏楽後、しばし黙祷しましょう(1分程度。それぞれの祈りをお願いします。家族の無事の祈り、なくなられた方々へのご冥福の祈り、原発鎮火の祈りなど)

盤渉調は、やや寂しい感じなのと、平調でしたら、初心者でもご参加いただけるので、平調とします。

できない日があっても構いません。気軽に、ご参加ください。

(ご注意)
これは、どこかの場所に集まって、行うものではありません。今いる場所から、できる範囲内で、個人個人が行うイベントです。
・周りの環境など、ご無理のない範囲で行ってください(特に御家族のご理解は必須!!!ご理解いただけない場合も、趣旨をお伝えされてみてください)。
・楽器の音が出せない場合は、唱歌を口ずさむだけでもあるいは電車のなかなどでしたら、唱歌を念じるだけでも。

(ご効能?)
・一日、一回、気持ちの余裕がとりもどせます。
・皆が一斉に行うことで、皆でつながっている気持ちがとりもどせます。
・一日一回、楽器に触れることで、腕が落ちない。。。(かな?coldsweats01

本日はもう6時を回ってしまったので、とりあえず、ひとりで行いました。

この件の記事に関しては、コメント、書き込めるようにしましたので、ご意見、ご感想などお願いします(停電などもあるため、必ずご返事が書けないかもしれませんが)。

| コメント (2)
|

2011年3月18日 (金)

原発がないと???

「でも、、、原発がないとやっていけないし!」という言葉を聞きました。

でも、

停止した原発11基の発電量は合わせて約9.7ギガワット。
IEAが15日公表した石油市場月報によれば、日本には原発停止による不足分を補うのに十分な石油火力発電能力があり、2009年の稼働率はわずか30%だったとしている。
IEAはまた、天然ガスを燃料とする火力発電も原発停止による発電不足を補う可能性があると指摘。

日本のガス火力発電所の稼働率は現在55%にとどまっているという。

(15日に公表された国際エネルギー機関(IEA)試算)

という話もありますよ。

現在3号炉は炉心溶融に向かっていて、制御不能。

こんなに危険なものは早く止めたい。

ただ、火力、石油にも依存せず、、、まずは電力の無駄遣い癖、直しましょう。


|

夜の計画停電。

日中に、足りないものを買いに駅へ。

びっくりしたのですが、大手デパート、ぜんぜん省エネしていないんですね。
わたしは、昨日の「大規模停電、あわや」ということがあったから、せめてエスカレーターぐらいは止めていると思っていましたが、中は「ぎんぎらぎん」に明るく、エスカレーター、どんどん動かしていました。

かたや個人経営のおそば屋さんなどは、、、昼間とはいえ、中に入ると薄暗いんです。
「すみませんね、節電で、暗くて。。。」
「いえいえ、当然ですよ!」と、答えたら、お店の人、にっこり。

もちろん、あまりうらさびしーい街も、また気分が暗くなるかもしれません。

ただ、これだけ節電節電と皆気を使っているところなので、エスカレーターは止めてほしい、と思いました。お年寄りのかたなど、大変になるかな、、、と思いましたが、生活必需品は大体、地下の食料品など、低層階にあります。

階段を使って、非常時の運動不足を防ぎましょう!!!

| コメント (0)
|

6時から越殿楽を吹きました。

今日は「計画停電」が夜にあたる日。

6時20分からの停電に備えての準備もあり、5時40分ごろからあたふたと笙を暖め始めました。

6時から、、、
賛同してくださっている方々で知り合いの人の顔を思い浮かべながら、、、
越殿楽を奏楽。
篳篥も笛もないので、頭から、2行目で止め手。

慌ただしい時間ながら、すーっと気持ちが落ち着きました。

今日は、名古屋からご賛同をいただいたり、福井の知人からも協力します、と言っていただいたり、、、

そのたびに、ここ数日、落ち込みがちでした気分が明るくなりました。

明日も、6時から行います。
毎日でなくて、気が向いたときにでも、どうかお気軽にご参加ください。。。


|

重要!Project Etenraku (越殿楽) 2

本日も夜6時から平調の越殿楽2行を演奏します。

詳細は http://sho3ku.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/project-etenrak.html

被災されているかたがたへの祈り、復興への祈りをこめて、6時から約2分、みなさま、気持ちを合わせましょう!


|

転機(悲惨な映像にご用心!)

田口ランディさんのブログから転機させていただきます。

**************
知人のおおくまゆきこさんから、このような情報が送られたので共有したいと思いました。
以下、引用させていただきます。

◆◇「テレビに、お気をつけください」◆

*特にお子様、感受性の強い老若男女の方々。
というメールを臨床心理士の方から:

テ レビで繰り返し繰り返し流される悲惨な映像は、非常に強い吸引力を持ちます(とかく最近のメディアは人々の不安をあおるのが特徴です)。人によっては催眠 にかけられたようにテレビの前から動けなくなる人もいるでしょう。こうした映像に何度も何度も自分をさらすことは、何の役にも立ちません。

身体がだるくなったり、ボーッとしたり、涙が出てきたり、妙な罪悪感が湧いてきたり、不安状態にある自分に気づいたら、即刻テレビを消すか、必要なニュース速報のみが流れてくる全く違う番組にしてください。
***私たちが生きていく為に必要な情報が得られれば、それだけでいいのです!***
トラウマの渦の引っ張り込む力はとてもとても強力です。
サンフランシスコ大地震の時は、繰り返されるメディア報道が、人々にもたらすネガティブなインパクトは甚大だったといいます。

---------------------------------------------引用おわり


|

うぐいすが鳴いています。

今朝、柏で初めてうぐいすの声を聴きました。
ああ、入破、吹きたいな。

続きを読む "うぐいすが鳴いています。"


|

2011年3月17日 (木)

(重要) 協力要請!!!!Project Etenraku (越天楽)

泣いていても仕方が無い、無力感に襲われていても仕方が無い!

雅楽関係者の皆様、Project Etenrakuにご参加ください!!

  • Project Etenraku (越天楽)

日本の復興への祈りと被災された皆様方への哀悼の意を込めて、これから当分、毎晩6時から、「平調の越天楽2行(繰り返しなし)」を各楽器で演奏しませんか(もちろん、吹けるかたは5行でも、正式な繰り返しの形でも)。

できたら、数ヶ月、続けてみたいと思っています。

これはどこかに集まって演奏する、というものではなく、個人個人が今いるところから、皆で合奏しているイメージを持って行うものです。

奏楽後、しばし黙祷しましょう(1分程度。それぞれの祈りをお願いします。家族の無事の祈り、なくなられた方々へのご冥福の祈り、原発鎮火の祈りなど)

盤渉調は、やや寂しい感じなのと、平調でしたら、初心者でもご参加いただけるので、平調とします。

できない日があっても構いません。気軽に、ご参加ください。

(ご注意)
これは、どこかの場所に集まって、行うものではありません。今いる場所から、できる範囲内で、個人個人が行うイベントです。
・周りの環境など、ご無理のない範囲で行ってください(特に御家族のご理解は必須!!!ご理解いただけない場合も、趣旨をお伝えされてみてください)。
・楽器の音が出せない場合は、唱歌を口ずさむだけでもあるいは電車のなかなどでしたら、唱歌を念じるだけでも。

(ご効能?)
・一日、一回、気持ちの余裕がとりもどせます。
・皆が一斉に行うことで、皆でつながっている気持ちがとりもどせます。
・一日一回、楽器に触れることで、腕が落ちない。。。(かな?coldsweats01

本日はもう6時を回ってしまったので、とりあえず、ひとりで行いました。

この件の記事に関しては、コメント、書き込めるようにしましたので、ご意見、ご感想などお願いします(停電などもあるため、必ずご返事が書けないかもしれませんが)。

| コメント (2)
|

それでも朝はやってくる

猫はご飯ご飯、って、にゃんにゃん鳴いて起こしにくるし、
日は昇って、明るい朝がくる

今の若い世代の人たちの時代には、2度と原発に頼るエネルギー政策に戻らないと思う

被災している人たちにも
していない人たちにも

公平に朝がくる

今、現場で作業している人たちのためには、祈ることしかできないし、
被災地で震えている人たちのためにも、今、何かしたい気持ちでふくれあがっても、何もできないし、そのことで辛くなっていても仕方ない

ただ、祈ることは、できる!

状況が落ち着いてきたら、もっとさまざまな形で支援したいと思うけれども、今、ただただ、祈りましょう。



|

2011年3月16日 (水)

こういうことがあっても。。。

わたしたちは、乗り越えていくんだろうな。


|

嬉しいなあ。。。

ちょっと揺れただけでも、びくびく、ぴりぴりしているのに、

笙を吹いているときは、ゆれに気がついても、慌てないのです。。。(あ、来てるな、ぐらいの感覚)

とてもとても、落ち着きます。


|

猫ぱにっく☆

うちにいる、白い猫の「しーちゃん」は、やや地震でPTDSに(あれ、これでよかったのかな?PTSD?笑)。

いきなりどーんと来たので、テーブルの下からしばらく出ることができず、ようやく動き始めたときは、超・スローモーだったそうです。

昨日は、わたしの頭の上で寝ていました(笑)。


|

お詫び(3月29日雅楽講座は延期です)

来る3月29日に第3回の雅楽講座を予定していましたが、今回の地震によって、会場のシビックセンター和室が、夜間の時間帯は使えなくなりました(計画停電などの影響)。

わたし自身、開催しようか、延期にするか迷っていたのですが、延期を余儀なくされました。

4月もまだわからない状況です。。。

わたしの気持ちとしては、やはりこのような時期だから、笙の音などを聞いて、神経を休めていただきたい、、、と願っていましたので、非常に残念です。

被災されたかたがたもいらっしゃるのに、音楽など、、、と、どうか思わないでください。
昨日、今日と笙を吹いていますが、やはりとても心が休まります。
現実の世界で生きていく、わたしたちも心を休めるための栄養が必要です。

こんなときだからこそ、と考えていましたので、やや残念です。。。

次回の予定が決まりましたら、即、ブログにアップさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。。。


|

政府の対応は、「告知せず」?

政府含め、お役所の対応を最初からテレビで観ていますが、(これは、がんの告知と似ているな)と思いました。

重篤な症状であるから、本人を動揺させないため、「言わない」。
本当のことを隠す。

これは、別に間違った対応ではないと思うのです。
最初から急に本当のことをどんどん放映していくと、おそらくパニックなるから、ということで、敢えて言わない、出さない。

この辺は「さじ加減」ではないかと思います。
最初の頃は、原発に対して知識がないかたのほうが多いのですから、逆にはっきりした情報を迅速に伝えていけばよかったのです。

この時期に妙に不正確な情報が流れ、根拠ない「安全」が言われていたので、正確なデータを持っている反原発のかたがたが、独自で記者会見を開いていました。

政府の、いわば「不確かな」情報提供が不信感を招いてしまった形です。。。

情報は、ある程度の「操作」は必要だと思っています。でも、、、過度にかくしてしまうと、後始末が返って大変になることも。。。


|

安全って、

厚生労働省の被曝の基準の変更。

基準値の上限を引き上げた。
つまり、以前よりたくさん浴びても、安全だと。。。

そしてなぜ引き上げたかというと、現在作業中の作業員が作業できないからだと、、、

「安全基準」の意味がないです。

退避勧告が半径20 kmまでの住民、というのも、意味がないです。

原発の元、設計者だったかたの記者会見の映像もみましたが、「20km圏外というのは、その外の人たちは、黙って放射能を浴びてくれ(一応、基準が必要だから、敢えてもうけているとのこと)」ということだそうです。

今の状況では、東日本、どこも安全な地域はないと思います。


|

日暮里

日暮里
何事もないよう。でも舎人ライナーは運休。11時半。


|

常磐線はほぼ正常。

すいていますー。


|

朝ですが:モブログ

朝ですが:モブログ
真っ暗です。柏駅10時半。


|

交通情報再掲

ツイッターによる電車の運行・混雑情報

JR東日本:http://dl.dropbox.com/u/15393707/JR1.html

メトロ: http://dl.dropbox.com/u/15393707/metoro.html

これほんと便利です。移動されるかた、ぜひ。

(未確認情報ですが)これは確か、20歳の学生さんが徹夜で作ったものだとか?
まったくありがたいことです。

都心部やビルが多いところに外出されるかた、
1。ラジオ
2。帽子(地震に被災した場合、ビルからのガラスなどを少しでも防ぐため)
3。歩きやすい靴は必須

あるとよいと思います。

途中での長時間足止めが予想される場合は、チョコやクッキ−でも、軽食を携帯されるとよいでしょう。あと、寒さ避けのストールなども。。。

東京文化会館で一夜を過ごしたとき、暖かったですが、眠るには寒かったでうs。

今日も一日、どうか皆様ご無事で。


|

2011年3月15日 (火)

あ、

こういうときに宮崎のほうから仕事のオファーが。

ありがたいです。。。宮崎に関心を持ち始めていたときでした。
沈みがちなときに、とても有難いです。
よい形で、実現させたいです。


|

すごい。。。

泣けます。

http://prayforjapan.jp/tweet.html


|

どんなマイナスのことも。。。

プラスの側面を見つけるようにしましょう。。。
仕事に行けなかったら、空いた時間に感謝。

交通が当てにならず、歩かなければならなかったら、メタボ解消!とか。

人間不思議なもので、「疲れる」と思うと、消耗するのですが、「鍛えている」と思うと筋肉がつくものです。

貴重な時間を無駄にせず、降り掛かってくることに全力で取り組みましょう。。。



|

東京文化会館での避難で学んだこと(2)

周りの人と、積極的に交流すること。
連携プレーで、食料の調達や情報の交換、確認ができますし、気を強く持つことができます。

こういうときは我れ先の行動になりがちですが、落ち着いて。

悲惨なニュースをあまりに見続けていると、苦しくなります。
またPCでの情報を追い続けていても、疲れます。

ときどき、休憩して、(こんなときだからこそ)音楽を聴いたり、体操をしたりして体を休めましょう。


|

東京文化会館の避難で学んだこと(1)

暖房があっても不安ななか、じっとしていると体温が下がり、要らない疲労を招きます。

簡単に狭い場所でできるストレッチやヨガなどを随時行いましょう。わたしは簡単なヨガ、ピラティスなどを続けていました。

もし人目が気になるのなら、おトイレなどで。

足踏みだけでも効果があります。

体が冷たくなり硬くなると不安も増す一方です。

どんなに悲惨なニュースが流れてきても、気分を常に明るい状態に持っていくようにしましょう。わたしは近くの人とお話をして、「バカ話」などして、気持ちを保ちましょう。


|

原発の情報

「雨に当たらないように」というチェーンメールがたくさん出回っていて、それがチェーンメールであるから、信憑性が薄い、と考えるかたも多いようですが。

どの情報を信じるかはその人次第。
チェーンメールであっても、正しい情報が迅速に世を飛び交っていることだってあり得る訳です。ここ数年、クーデターやら何やらで盛んに活躍しているのはtwitterです。

例えばお医者様であって、チェルノブイリにも実際に関わってこられた、鎌田實さんのブログにも

「そして、わかめやとろろ昆布をお菓子のように皆でたべてはどうかと話した。放射能を含んだホットパーティクルを吸い込むと体内被爆するので、できたらマス クをつけてほしい。今夜もしかしたら雨が降るかもしれないので、雨にあたらないこと。空中にある放射能が雨で濃縮して落ちてくるので、最初の雨が一番危険 である。その雨にうたれないことが大事と伝えた。」

と、あります。これをどう解釈するかは、人それぞれ。

大げさ、と思う人と、真剣に取り組む人と。

ただ、これは退避勧告圏内にいる人に向けてのアドバイスです。

わたし自身は、他の情報と合わせ読んで、東京にいてもマスクと雨に当たらない、という注意はここ1週間、もしくはそれ以上、必要かと思います。

皆様、どうか賢明なご判断を。


|

交通情報はこちらを

これ、非常に便利です。

ツイッターによる電車の運行・混雑情報

JR東日本:http://dl.dropbox.com/u/15393707/JR1.html

メトロ: http://dl.dropbox.com/u/15393707/metoro.html

計画停電、評判が悪いですが、あれだけ細かい時間の割り振りで、地域地域で停電を実施できるのは、日本の技術力がものすごく高いから、だそうです。

少しの不便よりも、停電を体験してみること、今後エネルギーの問題を考えていく上で、大きいのでは、と思います。

原発の問題も含めて、東電ばかりを責めてすむ問題では、ないですよ〜。


|

2011年3月14日 (月)

早く寝なくちゃ〜〜

節電節電。


|

乗り切る

ここ数日、実は、吐き気が止まりませんでした。。。
恐怖からです。

情けない、と思いましたが、ようやく力が戻ってきました。

テレビの映像を見るたびに、恐怖感がよみがえってきます。

でも、ここは乗り切りたい、乗り切れるように、そしてたくさんの人が、立ち直れるように。。。

わたしの吐き気の原因の一番大きなものは原発です。。。

冷却水が、上手く入るように、おそらく死を覚悟して作業に当たられているかたがた、対応に当たられているかたがたが、守られますように、とにかく祈りましょう。





|

業務連絡(お稽古について)

笙のお稽古を受講されている皆様、

この度発生しました地震の影響で、いつも借りているお稽古場が使えないことがあります。
また現在まで余震が続いていること、交通事情の不安定さも考慮して、毎回、お稽古日の直前にメールにて、お稽古があるかどうか、ご連絡します(個人レッスンのかたも同じ)。

どうか皆様のご無事を心よりお祈り申し上げております。


|

不便は発明の友♪

そう思うと、不便も、嫌になったり、辛くなったり、しなくなりますよ。


|

非常時には強いのですが。。。

emergencyには強いほうなのですが、食料の確保を!と奮い立ち、自転車でタカシマヤに乗り付け、張り切って保存食を買い込み、母に怒られています。。。

いえいえ、計画的に食べきりますから。。。


|

しまったあ。

この家には炭がない!

振り分け停電になったら、笙が吹けないじゃない!!!(練習しようと思ったのに。。。ぶつぶつ)。


|

長期的なビジョンを持って、

食料の購入など、ここ数日、だけでなく、1週間、1ヶ月単位で「ろう城」するつもりで購入しましょう。

タンカー類が、おそらく津波その他の影響で来航できなくなるからです。

乾物類、豆類など、備蓄には最適です。


|

停電と節電

これくらいの停電と節電で、原発を数機でも減らせるのなら、、、、

こんなに恐い思いをしながら便利さと利益のみを追求していくよりも、時間をかけながらでも減らしていけるといいと思っています。

これほどまで、地震や津波の予知が難しいのに、

狭い日本の国土、原発を作りすぎていると思います。。。

温暖化を食い止めるには、いろいろな方法があると思いますが、「自然への礼節」を取り戻して、省エネを徐々に実行していければ、、、

「美し国、日本」、これからだと思います。わたしたしも原発の恩恵はこれまで受けてきているのですから、一概に非難もできません。

それにしても、世界中の人たちが、日本を固唾をのんで、見守ってくれています。

インドの子供達が日本の為にお祈りしていてくれている写真、涙がでました。。。

がんばろう!がんばろう日本!


|

2011年3月13日 (日)

雨にはあたらないように

どの情報を信じるか、は、人それぞれですが、、、

福島からかなり遠いかたでも、少なくとも最初に降る雨にはご用心ください。

どうしても雨に当たらなければならない場合、使い捨てのレインコートや傘をさして外出の上、そういったものは「室内に持ち込まないで」破棄してください。

原発の発電の構造などは、わたしもわかりませんが、、、
「被爆」とか、基本的なことを知らないかたがたが多く、わたしも驚いています。

特に「NHKで放映されている情報は絶対」と思っていらっしゃるかたが多いこと、多いこと。

もちろん、NHKでは正しい情報を流すこともあり、また間違った、あるいは恣意的な報道内容を流すことだって、あります。。。アンチ・NHKなのではありません。。。
ただ、「鵜呑み」にしないように。NHKだから、って信じないように。

基本的なことを知らないと、振り回される可能性もあります。。。

今、まだ冷却が上手くいっていない炉がたくさんある事態、早く収束しますように、どうか皆様、心から、世界中からお祈りください。。。


|

3月11日

夜は東京文化会館で過ごしました。

まるで避難民のようで、心もとない一夜でした。

普段のあのロビーに、人があふれ、通路に横になって休む情景は、まるでニュースのなかの映像のようにも思えました。
一晩、電車が動かない、と知ったときは、さすがに(えーっ)と思いました。
「都心の足」は深夜にかかっても、なんとか復旧してくれると思ったのです。でも危険を考えるとそれもいたしかたないことだったのかと。

あちこちにテレビが置かれ、地震の警報が流れるたびに震え上がるような思いをしました。

東京文化会館のかたがたの指示や判断は非常に的確だったと思います。
夕方5時ぐらいから、どんどん人が膨れ上がってくるので(わたしも最初は、暖をとるためだけに入った)、まず小ホールを開放、子供づれのかたや年配のかたを優先して誘導していました。

ほどなくして大ホールも開放。
要所要所にはテレビが設置され、いつでも情報が確認できました。

加えて、新しい情報が入るたびに、柱に紙で掲示。列車の運行状況が一目でわかり、とても便利でした。
通信手段がない人間でも、情報の確認をすることができ、おそらくご高齢のかたで携帯を使わない人には、非常によかったのでは、と思います。

また、定期的に飲料水のサービス。
レストランのウェイトレスさん、ボーイさんでしょうか、紙コップに水をいれて、配ってくださるのです。
どれだけ気持ちが和んだことでしょう。
もちろん、自由に水がいただけるスペースもありました。


ああ~、今、思い出せば思い出すほどに、なんてありがたい待遇だったのでしょう。
女性も男性も一夜明けても、疲れも見せず、テキパキと働かれていて、不安な一夜も、そのおかげでだいぶ落ち着いて過ごすことができました。

都内、もう少し、災害の際の指示やら誘導があるかと思っていましたが、何もありませんでした。
いつも、「防災訓練」のときに鳴りだす放送もまったく鳴りませんでした。
警察や自衛隊などが巡回して安否の確認など、あるかと思いましたがそれもなく。。。

今回の地震は、「まだまだシュミレーション」、というはなしもあります。
もっと大きな災害が来る可能性は、公平に考えれば、いつでもあり得るわけです。

それにまだまだ、余震もあって、原子力発電所の危機も回避されていません。。。

自分の身は自分の勘と力で守らねば、と思います。

ロビーの椅子で、隣り合わせた女性と御親戚の方々とお友達になり、一緒に夜を過ごすことができました。
どれだけ精神的に助けられたか、わかりません(明るい方々でした!)

一番驚いたのは、ここで妹に出会ったことです。

妹は六本木から大手町へ移動中、地下鉄のなかで地震に遭遇。
その後、丸ビルに避難したそうですが、なんとここは全員、夜8時で「出された」そうです。察するに、貸しビルで、「統括者」がいないのが原因かと思いますが。。。

妹はたまたま、ラジオを携帯していたので、東京文化会館が「避難所」として開放されていることを知り、動き始めた地下鉄を使ってここにたどり着いたのでした。

わたしは最初、日暮里に移動、徒歩で柏まで歩くつもりでしたが、ふっと、(行くなら、南に行こう)と思ったのです。今、思うと、あのまま日暮里駅にいたら、どうなっていたことか、と思います。

翌日も電車はなかなか普及せず、上野から町屋まで歩きました。
こういうときは徒歩のほうが早く、判断は正解だったようです。動き出したものの、再度運休していた千代田線がちょうど到着、さらに北千住までの運転だったのが、突然、我孫子までの輸送に変更(この放送があったとき、社内では歓声が!)

長い長い日、でした。


|

信頼できるブログからの転記です。

東北での災害に対応するために信頼できるNGOが活動を始めています。

AMDA http://amda.or.jp/articlelist/index.php?page=article&storyid=129


|

業務連絡

皆様、ご無事でしたでしょうか。

伊藤はいったん、柏の実家に避難しています。

3月11日に家を離れる際に、携帯とPCをおいてきているため、携帯のほうは連絡がつながりません。

(本日13日、取りに行く予定)。

昨日テレビでも呼びかけていましたが、放射性物質の飛散も予想されます。
外出時は極力、マスクをしましょう。
皮膚をできる限り露出しないようにしましょう。

11日、地震直後に降った雨。。。おかしな雨でした。

あれは、いわゆる「黒い雨」だったのでしょうか。。。


|

2011年3月 9日 (水)

仏教も

結局は人が作ったもの

わたしは「仏教」というより、「仏教」が象徴している、心象や数々の宇宙の「ルール」に興味があるのかもしれない。

「音」は、ルールを知るのに役立つこともある。
低い波長から高い波長まで
可聴内の音から可聴外の低周波、高周波まで

観「音」という言葉。

クマーラジーヴァの訳だったと思う。

音はルール(法則)を「感じる」のに役立つ。

玄奘三蔵によって観「自在」の訳も得る。

南無観自在菩薩。。。

Img_2391

これは去年の写真ですね。。。

修二会の豪快なお松明。


|

奈良の空気は

(ここ数日、携帯からしか更新できなかったので。。。久々にPCから)

奈良の空気を堪能してきました。

奈良、なら、ならら♪(「ならら」という雑誌があるのです。。。おもしろいネーミング)。

春日大社、東大寺、法華寺と回りましたが、心の垢がどんどん落ちて、澄んでいくようでした。

修二会は結界に結界を重ね、天上界を地上に現出させ、国家と世界の平和を祈る行。

後半日程が無事に終えられることを祈ります。

以下は、安いデジカメですが、カメラから撮った写真。

Img_0361

二月堂に向かう裏手の路。大仏側からではないこの路、風情があります。

前は右側の竹の柵、なかったんですが。。。誰か落ちたのかな(笑)。

Img_0357

法華寺の梅。

Img_0358

法華寺では、ちょうど御門主様が朝のお勤めを勤められるところに行き会わせました。
久我高照御門跡尼。
ご高齢の門主様が朝の寒いお堂のなかで、ひとり淡々とあげられるお経は、ありがたさに身が引き締まる思いでした。

Img_0359

ちょうど今、書院で、有職雛人形の展示が。普段は入れないところも拝見できました。

さすがに尼寺だけあって、そこかしこに小さな小さな切り花が飾られているのが印象的でした。

Img_0365

昼過ぎからくもりと晴れ間の繰り返し。。。

Img_0362

再び東大寺二月堂を目指して。
「日中」の行に間に合うかな!!(走りながら撮影)

Img_0366

この壁が好きなんです。。。

走ったおかげで、非常にめずらしい「数取懺悔」(かずとりざんげ)に間に合いました!
ここでおとめさんと合流

そうそう、今年は、もう何年振りかで「ご香水(こうずい)」をいただけたのが嬉しくて嬉しくて。まさにお水取り、のお水です。
これでわたしもぴかぴかの美人になっている(はずだ。。。)

毎回思うのですが、1日だけの参加でも、東京に戻ってくると耳の感覚が変わってしまっているのです。

またすぐに戻ってしまうのですが、これははっきりとわかります。
柔らかい、優しい音をずっと聴き続けているからでしょうか。。。

それにしても、寒かった〜!
雨のなかを水島さん、五月女さん、所さん、お疲れさまでした!

いろいろとありがとうございました〜!

 


|

2011年3月 7日 (月)


休憩中、

あ、わたしじゃないですよ?(笑)↑ 
抹茶味に飢えている?「おとめの祈り」さん。東大寺そばの和カフェにて、一息。


|

ならら

ならら
これから再び東大寺。


|

2011年3月 6日 (日)

来た!来た

来た!来た


|

二月堂

二月堂
そろそろ


|

どうしたら

きれいな音が出せるのか、きれいな舞に見えるのか、
最終的には自分の判断と工夫と地道な努力です。

先生が作り出せるものではありません。


|

2011年3月 2日 (水)

恋しい・・・

東大寺修二会。

昨日から本行が始まっていますね。
http://www.todaiji.or.jp/contents/function/02-03syunie1.html

伊藤の、これはほとんど「病気」です(笑)。

上七日のうちの一日、聴聞に伺う予定ですが、予定表をみていたら、下七日もどこかで行きたくなってきました。

学生時代にまず、芸大の奈良の宿舎に宿泊し、1日から14日まで、ほぼ全部の行を観てしまったのが始まりで。。。

終生続く、「病い」かと思われます。

今年は修二会も1260回目だそうです。

わたしが通うのは、通算で確か13回から14回目だったと思うので、100分の1回ぐらいは制覇した?(笑)。 
でも、雅楽と、ほぼ同じくらいの歴史。
すごいことです。
雅楽の伝承は、結構、とぎれとぎれになっているジャンルもありますから。
(催馬楽しかり、御神楽、東遊しかり、、、)

世界の平和を祈るため、結界に結界を重ね、神々を勧請する行。
聴聞しているだけでも、とても深い気持ちになっていきます。

楽しみ、です。。。



|

日本語。。。

ホールの音響や笙の音色に関する記事、熱が入り過ぎて日本語、というか表現がまとまらず。。。( ´・ω・`)

アップしてから、再度何度か書き直しております。。。

拙い日本語でお恥ずかしい次第です。。。気持ちばかりが先走り、、、筆力追いつかず、嗚呼。

また時間を置いてから整理したいと思います。

全面書き直して再度アップしなおすかもしれません。。。


|

2011年3月 1日 (火)

と、いろいろ書いていますが、、、

反応のよい、大音量が出る笙が、悪いかというと、そうではなく、洋楽とのコラボレーションなどでは非常に役に立ちます。

また、武蔵野楽器さんでお取り扱いのある、「樹脂管」の笙などは、リードが薄いために反応が非常によく、初心者が基礎を勉強するのには、十分かと思います。
笙の、「値段が高い」というハードルを低くしてくれた楽器です。
小学校や中学校での体験的な学習などでも使えるかもしれません。

用途やシーンによって、多種多様な笙があってほしいな、と思います。

わたしが前の記事2件でいいたかったのは、古典の音色や演奏に関しては、時代時代の好みによって多少の変動はあれど、変わらないでいてほしい、ということです。
大音量の笙だけが主流になってしまったら、繊細な、古典らしい笙の音が駆逐されてしまう。。。という危惧感も抱いています。

昨今、大音量の刺激ばかりを求めている耳に、一服の清涼感を与えるような古典の音は、変わらないでいてほしいと思います。

PAのこと、まだまだわたし自身が試行錯誤中ですが、今後もいろいろな場で試しつつ、勉強を続けたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

国立劇場 蘇合香(3) なぜ音響にこだわるのか?

なぜ音響に関して、こうもこだわるのかといいますと。。。

ホールでの雅楽の聴こえ方によって、おそらく楽器の演奏法や、楽器の製作に対するスタンスそのものが、今後、変わってきてしまうだろうから、、、です。。。

笙の音本来の音、というものがあります。
楽部の笙は、弱い、という人がいらっしゃいますが、笙本来の音、と思います。
(実際のところ、ぜんぜん弱くないです)。

ピアノという楽器も、ここ2世紀ほどで、ひたすら大音量化をたどって来た楽器です。
ショパンが愛用していたピアノでは、プレイエル社のピアノが有名で、貴族のサロンで、優雅かつ繊細な音を奏でていました。

ショパンと同時代の作曲家・ピアニストでフランツ・リストがいますが、リストはエラール社のピアノを愛用していたようです。「超絶技巧」をコンサートホールで派手に披露するタイプのリストの曲には、大音量がでて、反応がよく、軽く鳴るピアノがぴったりだったようです。

その後、コンサートホールが巨大化するにつれて、ピアノもさらに大型化。

雅楽を始め、和楽器類も、今、同じ路を辿ろうとしているように思えます。

笙の音も、ただただ「音量が出ればいい」という観点から楽器を作ろうとする動きもあるようです。でも、音量や反応の良さで、失われていく性質があるのです。。。

例えば、煤竹、というのは枯れきった、いわば「古材」です。
そして枯れきった素材にしか出せない、柔らかい、優しい音がします。
煮竹は割れやすい、という欠点がありますが、煮竹でもいい音がしている楽器は、あります。ともに合竹の音が柔らかく、まとまって聴こえます。

黒檀の笙、というものがあります。
黒檀で、竹の部分をまねて細工をして、組んである楽器です。
洋楽器とのコラボレーションなどでは非常にいいと思いますが、古典では、やはり異質な音として響くと思います。

「耳」はわがままです。
今回の公演で、おそらく「笙が弱い」と感じた人は多いと思います。ですがそれは、前の記事に書いた通り、ホールの音響によることが大きいのです。

そういった要求に答えるべく、笙も大音量で演奏しよう、と、つい頑張ってしまいがちですが。。。

多忠麿先生にも「うんじゃ、うんじゃ(笙の息の張り方)ばかりいう笙は、よろしくない」というご注意を受けたことがあり、忠輝先生は、忠麿先生以上に、息の張りに関しては、ご注意が細かいです。。。

笙の製作者にもそういったことが(大音量化が)求められていくかもしれませんが。。。

PA(音響)の技術によって、そういったことが(繊細な古典の音色を保ちながら、合奏での笙が、沈まないように)、カバーできると思うのです。。。


|

国立劇場 蘇合香(2) 音響

以前の散吟打毬楽の公演のときにも書きましたが、大劇場は音響的にはかなり辛いところがあります。

わたしは1階の6列目でした。
大体舞楽のときには2階席を取ることも多いのですが。

このあたりは比較的、生に近い音が聞けていたように思います(はて、そういえば、2階のスピーカーの位置は?)。

舞楽の場合、もちろん楽部でもそうですが、舞人の後方に管方がならぶため、余計に音が引っ込んでしまいます。
さらに、国立の大劇場の場合、天上が高いにも関わらず、三方向を布で囲われてしまうため、笙にとっては非常に不利な状況がそろってしまうのです。
あの、天上のほうの布ぐらい、せめて外せないものかと。

もちろん、篳篥、竜笛も、同様の環境にいるため、同じように不利、ですが、笙の音質は、やはり反響のよい場所で活かされます。

「散吟打毬楽」の公演のときは、小劇場でした。
岩波滋先生の笙がすばらしかった、と書きましたが、これが大劇場でしたら、そのすばらしさが半減されていたのでは、と思います。

「雅楽はもともと、屋外で演るものでしょう?」というご意見もあるかと思いますが、完全なオープンスペースで、しかも神社・仏閣などの環境下で演奏され、舞われるのとでは、「空気感」「雰囲気」が圧倒的に違います。
むしろ、拡散し、広がっていく伸びやかな音に魅力が感じられ、細かい点は気にならなくなります。

劇場でやるからには、音の繊細さや、演奏者の音色の違い、演奏の巧みさ、などがきれいに聴こえるように、そろそろ音響の配慮がなされてもいいのではないでしょうか。

それに、雅楽は屋外だけでなく、昔の殿上人の優雅な遊びとして、室内でも演奏されていました。練達の士が集まっての合奏会なども催されていたようでしたから、音の聴き合いなどは、結構細かいところまで、気にされていたと思います。

最も、PAは非常に難しいと思います。
大太皷のような突発的に音量が上がる楽器と、笙のような細やかな音量の楽器があるのですから。

昔、楽部がサントリーホールで毎年公演を行っていたとき、忠麿先生が、ホール側が行った録音のカセットテープを分けてくださいました。
第1回目の雅楽公演の録音は、第1部管絃と第2部舞楽、で、考えられないくらい、録音の音量レベルに差がありました。

どうやら、大太皷の最大音量が、録音レベルのピークとなるようにして、第2部を録ったようでした。
音割れを防いでのことだったのでしょうが。。。

かたや、昨年の平城京遷都1300年の楽部公演の際は、片側の大太皷だけが音が異常なくらいに、割れていました。
「音量」の問題ではなく、おそらく、マイクが何かに接触していたのだと思います。

大太皷の音が響くたびに、不快な音が流れました。
あれは、演奏中でもPAの人が走っていって、直すべきだったと今でも思っています。

(次に続く)


|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »