« 今日は皆既月食 | トップページ | 古典の演奏者のなかでも、、、 »

2010年12月23日 (木)

笙はやはり、

本当に全体のテンポ感に、多大な影響力があります。
昨日も合奏会があったのですが、つくづくそれを感じました。

吹き始めのテンポが定まらない数行では、笛のかけ吹きなどにも影響してきます。
(直接手移りがぶつかるところではなくても)。

腕のよい人ほど、反応がよいので、要注意、要注意。

(ときどき、「すみません〜」と思いながら吹いていました、笑)。

ただ、それを意識している人は少ないんですね。。。
笛も篳篥も、おそらく意識していない部分で、かなりの影響を受けています。

うまく相手を引っ張れたときは思わず内心、にやりとしています。
そして、これは音量などの「力技」ではないのです。

何もわかっていなかった、学生の頃はハッピーだった。。。と思いかけて、でもあの頃はあの頃で苦労していたな、と思います。

それぞれのレベルで、それぞれの悩み。。。

そして、それぞれのレベルでの楽しみ。




|

« 今日は皆既月食 | トップページ | 古典の演奏者のなかでも、、、 »

雅楽の魅力」カテゴリの記事