« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

日本の医療

祖母の病院(転院先)探しで、結構苦労しております。。。

日本の医療って、、、こんなことになっているなんて、知りませんでした。

医療関係に詳しいかたに伺ったのですが、、、
今の病院のシステムでは、治療することができない、病院側で手の施しようがない病気の場合は、、、

大体3週間から3ヵ月で病院を出されてしまうのだそうです。。。

病院の収入を計算するのは、複雑な「点数」によるのですが、3週間経って、病院側で積極的に治療することがなくなると、その「点数」が下がる計算になるそうです。

痛みがあっても、苦しみがあっても、歩けなくても。

病院には、いられない。。。

「じゃあ、生まれつき難病を抱えているとか、動けない人たちはどうなるの?」と聞いてみたところ、「国が認定している難病だと、逆に、国から補助が降りるんだ。点数も高くなるから、病院側にとっては、ありがたい患者さんになるんだ」

ありがたい患者さん・・・って・・・ありがたくない患者さんもいると・・・それは要するに「点数」で決まる・・・

「ある意味、治療できない患者さんがベッドをふさいでいるのは、病院側にとっても、入院したくてもできない人にとっても困るんだよね。だから、仕方のないシステムだと思うけど」
「それに、病院だって経営が大事だから」

それはそうですが、、、でも、それは人を主体としていない、システムのほうの問題では。

例えば、税金が高額な代わりに、医療が無料だったり、あるいは格安で受けられる国だって、この世に存在するのです。。。

日本は、何に価値観をおいて、国を築いてきたか、、、ということですね。
医療や農業や教育や芸術、日本では確実に「後回し」になっていますよね?

人間が「生きる基本として必要なもの」が、どうして、一番後回しになっているのでしょう?


「病を抱えて」いる人たちを最後までケアすることも(痛みを和らげる、苦痛なく日常を過ごせる)、病院の重要な役目、だったのでは。。。

良心的な医療を行っている病院もたくさんあり、すばらしいお医者様もいらっしゃるのだから、、、そういった力を活かせるシステムも必要だと思います。

それにしても、、、祖母の転院先が、早く決まるといいなあ・・・
よさそうなところは「待ち」が長かったりと、なかなか決まりません。。。

| トラックバック (0)
|

2010年8月29日 (日)

笙教室お稽古代改定のお知らせ

9月より、下記の通り月謝を改定させていただきます。

○グループレッスン
月謝(月2回)6000円→7000円

○個人レッスン(予約制)
月1回の場合 5000円→6000円
月2回の場合 10000円→11000円(=1回5500円)

今後も皆様がお稽古を続けやすい環境を整えていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

伊藤えり

| トラックバック (0)
|

ダイエット・・・? (1) 笙の枕

わたしじゃありません(笑)。笙の枕の話です。

Pic_0086

笙をふかれるかたはご存知、笙の袋には友布の枕、と呼ばれるクッションのようなものがついています。

さて、その枕のダイエットとは?

笙は製作者や、作られた時代によってサイズが多少違います。また、わたしの楽器のように上の方にいくほど、先がすぼまっているタイプもあります。

笙の枕は、ときどき、楽器とあっていないことがあります。
あるいは、せっかくきれいな柄の袋を見かけても、枕が大きすぎたり。

上の写真は、生徒さんに購入した笙に対し、枕が大きかったため、中の綿を抜いてみたところです。

すこしスリムにしてあげよう、と中を出してみたのですが・・・

こんなにとれちゃいました!

なぜ、このように枕の大きさにこだわるかというと。。。
詳細は次回。

| トラックバック (0)
|

2010年8月28日 (土)

ようやくカメラがきました。

デジカメが壊れ、写真がとれなくて困っていました。
修理に出したところ、1万円以上かかってしまうことがわかり、「お誕生日月」(8月生まれです)のクーポンもあったので、同じキャノンの、最低ラインの機能を備えたカメラを購入。

できる限り古いものを修理して使っていく主義なのですが・・・今回は修理可能な部分だけでなく、不具合を感じていたので、あきらめました・・・

Img_09021

なんでしょう?

笙を吹かれる人は、ご存知、笙の「帯」。
たいていは銀製で、これで17本の竹を束ねています。

同じ笙でもこれだけサイズが違います。

| トラックバック (0)
|

2010年8月26日 (木)

手前味噌・・・

祖母の介護でやや、参っていますが・・・

自分のCDを聴いて、癒されています・・・

あほか?といわれそうですが(笑)、笙のきらきらした音、ほっとします。

精神的に疲れているときなどに、是非、お聴きください、「祈りの海へ・・・」。

そう、「疲れている人たちを応援したい」気持ちもあって、作ったCDです。

「未来の自分」へのプレゼントになるとは、思いませんでした(笑)。

| トラックバック (0)
|

2010年8月25日 (水)

円環する時間

アジア圏の生命観とか時間観は、「円環」(繰り返す、めぐる)という考えが強い。

・・・これは、要は「ループ」なのでは?とふと気がついた。

音楽でいうループとは、短いパターンを何度も何度も繰り返すこと。

ただ、もっと大きな流れのループを考えると、雅楽の打ち物類のパターンの繰り返しは、完全な「ループ」です。

昔、多忠麿先生がおっしゃっていました。

「10代のときより20代、20代のときより、時間の感じ方が早くなるんだ。30代、40代なんて、あっという間。50代になると、もうこれまでの倍ぐらいの早さで、季節や時間が流れていく」」と。

今、わたしも40代の後半となり、その感覚がすごくよくわかります。

雅楽の打ち物類が、後半に向かうにつれて「加拍子(くわえびょうし)」となり、これまでの半分の周期で、太鼓が鳴り出すのも、こういったアジア的感覚がベースにあるからだと思うのです。

時間は直線的に進んで、戻らない、という西洋的な感覚とはまったく違う・・・

でも、自然音って、自然に「ループ」していることが多いんですよね。

波の音、鳥の声、風の音。

雅楽に自然を感じる人が多いのは、そんなことも影響しているのでは、、、と思います。

楽器の音色とか、雰囲気だけではなくて・・・

| トラックバック (0)
|

暑いですね・・・・

残暑が厳しいですが、あちらこちらにせみさんの死骸が(^-^;

そろそろ秋の気配があちこちに感じられます。

コンクリートの上に落ちている虫さんの死骸は、誰かが踏みつけるといやなので、拾っては、人の家の庭や、マンションの植え込みなどにそっと置いています(^-^;(別に害にはならないと思うので・・・こっそり)。

できるだけ、土にもどしてあげたいです。
土の栄養にもなりますし(^-^;

昔はどこからともなく蟻の大群がやってきて、自然に「お掃除」してくれたものですが・・・そういえば、蟻も最近、お見かけしませんねー。

わたしは虫でもカエルでも平気で触れるので、周りにいる人がパニックになりますが、生き物を見るとどうしても触ってみたくなります。

子供の頃は「虫博士」だったので、蝶の名前などもよく知っていたのですが、今は、さっぱりわからなくなりました。

昆虫図鑑がまた、欲しくなりました。。。

| トラックバック (0)
|

うーん、

音楽を聴いてばかりいると・・・具合が悪くなってきます。。。

やっぱり自分が吹いていないと・・・×××

| トラックバック (0)
|

2010年8月21日 (土)

きぼうのいえ お施餓鬼表白(ひょうびゃく)

朗読「きぼうのいえ お施餓鬼表白」 山田義浩

礼拝堂をお守りくださる天のかみさま
山谷のまちをお守りくださる土地のかみさま
飢餓の苦しみを救ってくださるほとけさま
どうかわたしたちの願いを おききください
きぼうのいえに住むわたしたち
そしてすべてのひとたちの 命をくれたご先祖さま
きぼうのいえ そしてこの地上から 天国に向かった多くのなかまたち
また、山谷のまちにおいて さらにこの世界のあらゆるところで
お腹をすかせて亡くなってしまった人たち
欲張りな人 欲張りなまま 亡くなった人
不幸な人 不幸なまま 亡くなった人
怒っている人 怒ったまま 亡くなった人
悲しんでいる人 悲しんだまま 亡くなった人
すべてのいのちが どうか
やすらかに生き続けられますように
共に真実に目覚めることができますように

(CD「祈りの海へ・・・」収録)

きぼうのいえ施餓鬼会では、ボランティアスタッフだった、僧侶でもある山田さんが作ったこの表白(仏教の法会・法要において、その法会や法要が執り行われる目的を申し述べるもの)を 参列した皆さんで声をそろえて唱えます。

とても平易な言葉で書かれた、素朴な、祈りの言葉、です。。。

きぼうのいえは無宗教であると同時に、キリスト教・仏教・神道の要素を取り入れて、人が最後の時間を人間らしく過ごすことができるように、と運営が行われているホスピスです。

施餓鬼会ではもちろん、浄土宗の正式な読経も唱えておられます。

1年目、実はわたしは定石どおり、最初は盤渉調の曲を吹いていたのですが、途中から(きざすような、何かが欲しい)と思い、壱越調を入れてみたりしました。
やはり「きぼう」の雰囲気を感じたのです。盤渉だけで終えたくない、と思いました。

NHKの取材が来ていたのですが、どうせ映らないだろう・・・と思っていたら、後日しっかり放映されて、慌てましたがcoldsweats01

普通でしたら、お弔い関係の式・法要では盤渉調ですから・・・
でも、ちょうど盤渉を吹いていたときのシーンが出たので、ほっとしました。

盤渉はしっとり淋しげながら時が凍りつくような瞬間を感じます。
かたや、壱越調は、なにかが始まる、兆してくる、予兆のような、そんな気がします。

あくまで個人的な聞き方ですし、調子の、どこの部分か、にもよりますが、全体にそういうイメージがあります。

(盤渉調調子、壱越調調子、きぼうのいえ・お施餓鬼表白、すべてCD「祈りの海へ・・・」に収録されていますので、よかったら、お聴きください・・・)。
*「きぼうのいえ」へのCDからのチャリティーは終了しました。
  皆様のご協力に心から感謝しています。ありがとうございました!

| トラックバック (0)
|

2010年8月20日 (金)

昨日は・・・

山谷のホスピス「きぼうのいえ」。

小さな施設ですが、ここで最後の時間を過ごし、旅立っていかれたかたがたは100名を超えます。

そのかたがたのための、お施餓鬼供養が、施設の屋上にある、それこそ猫の額のような小さな教会で、毎年行われています。

今年も献楽、付楽のために伺ってまいりました。

今年は、祖母が療養中のこともあり、ことさらに、お施餓鬼、そして供養ということが身に沁みました・・・

たくさんの人たちの名前が、ひとりひとり、読みあげられていきます。
亡くなられた人たちのお名前です。
確かに、ここにいた人たち、ここに暮らしていた人たちの、まだ温かみがあるようなお名前です。

若いお坊様おふたりが、全身全霊で法要を行ってくださっています。
お二人ともこちらの施設でスタッフとして働いておられたこともある、気持ちのいいお坊様です。

昔は日本の各地で必ず行われていたお盆や施餓鬼会の行事。

その意味を本当の意味で感じることができました。
こういった伝統行事はできるだけ復活させたい、また現在まで続いてきているものは、大切にしたいですね。。。

清々しい、貴重なお時間でした。

山本雅基さん、美恵さん、そして僧侶の山田義浩さん、魚尾さん、そしてきぼうのいえ・スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!

施餓鬼会の意味などについては、また後日、書いてみたいと思っています。。。

| トラックバック (0)
|

2010年8月17日 (火)

遊びたいから、

早めに勉強。
なんて、よい心がけ。

今日は1日、盤渉調です。

| トラックバック (0)
|

光の色

夏の夢

燃えあがるように芽吹いた緑も

やがて枯れ果て 朽ちて地に返っていく

立ち上がった音は

必ず減衰して 消えていく

夢の夢のまた夢

問いかけた声に答えはあったのか

そのことをまた問う 尽きない生命の連鎖

減衰した音は 再び立ち上がる

DNAは 遺伝子の遺伝情報のコピーは 実は「問い」の連続なのではないか

| トラックバック (0)
|

2010年8月15日 (日)

蛮絵装束(4)

Oikakekennei_3_medium

老懸(おいかけ)と巻纓(けんえい)。つけるとこのようになります。

頭頂の後ろでくるんと「カール」しているのが巻纓。これがまっすぐですと垂纓。老懸は顔の両脇に出ている、ふさふさとしたものです(当ブログの「蛮絵装束(3)」参照)。

今回、つけてくださったかたは、上手にとめてくださいましたが、上手く決まらないと、舞っている最中にぱたぱたして、格好がよろしくないのです・・・。

数日前のブログにも書きましたが、女性は髪形で苦労します。
スタイリング剤などもあまり使えず、わたしのような中途半端な長さですと、かもじに入れるわけにもいかず。。。

今回は束ねた髪をぐるぐると巻いていって、それを二つ折りにしてピンで留めました。

女性には、男性にない苦労がたくさんあります。。。「女は辛いよ」です、はい。

| トラックバック (0)
|

今日はお盆でもあり、、、

終戦記念日でもあり、、、インドの独立記念日でもあり、、、

わたしのBirthdayでもあります・・・

先週、祖母が倒れてから、いろいろなことを考え、感じています。

祖母は、わたしが学生時代から、雅楽の舞台があると、必ず来てくれ、応援してくれていました。

祖母自身は長唄と三味線のほうでしたが(素人でしたが)、大きな舞台も小さな公演も、必ず、観にきてくれていました。
逆に、芸大の邦楽公演も、長唄などはとても喜んで聴いていて、わたしもいろいろと教えていただきました。

雅楽自体は、あまりよくわからなかったと思いますが。。。
それでも、にこにこしながら、いつもいてくれました。

健康管理に関しては見事なものです。
大病をしたときも、周囲にいわず、自分で手続きをした病院で手術を受け、治してきてしまいました。あのとき、すでに80代だったのでしょうか?

簡単な体操を続け、足腰も弱らないようにと、エレベーターは使いませんでした。
さすがに93歳ともなると、辛かったようですが、そういう辛さは、表に出さない人です。

芯が強くて、若いときから人のお世話だけをしてきて、自分は絶対に世話にならない人です。。。

できる限りのことをしたいと思います。。。

| トラックバック (0)
|

2010年8月14日 (土)

祖母の看護で更新ままならず・・・

誠に申し訳ありません。。。
御年93歳の祖母のことでばたばたしております。。。

おまけにブログの「お知らせ」のページ(ウェブページ)のHTMLが崩れてしまい、変更・更新が出来ない状態です(どうすれば直るのかしら・・・大汗)。

8月は拙CD「祈りの海へ・・・」を製作する契機ともなった、山谷のホスピス「きぼうのいえ」の、施餓鬼会でのご奏楽のお仕事があります。

小さな小さな、キリスト教風のお堂で、亡くなられたかたがたのために笙を吹きます。。。

| トラックバック (0)
|

2010年8月 9日 (月)

蛮絵装束(3)

Oikakekenei_medium
老懸(おいかけ)と巻纓(けんえい)です。

蛮絵装束のときは、必ずこのかぶりものを被ります。
(ちなみに、巫女さんのような袴を履いていますが、これは「赤の大口(おおくち)」。
舞楽装束の下には、必ず着用します)。

平舞(ひらまい)の舞楽装束にはもうひとつ、襲(かさね)装束というものもあります。
こちらは舞楽のときの楽人さんが着ける装束とほぼ、同じですが、上に袍(ほう)というものを着用します。

蛮絵装束のときには必ず老懸と巻纓で、襲のときには鳥兜(とりかぶと)を被りますが、襲装束で老懸と巻纓をつける舞も何曲か、あります。

それにしても・・・不思議な形ですよね。
この形なので、女性は髪型に苦労するのです。。。

| トラックバック (0)
|

2010年8月 8日 (日)

若い人でも。。。

すばらしい魂、精神を持っている人に出会うとぞくぞくします。

人ってほんとうに、年齢じゃない。。。

物言いは若々しくても、精神はずっと深く、齢を重ねてきているように思える人。

思わず、敬意を払いたくなる人。。。

自分の「音」をしっかりと持っている人。。。

| トラックバック (0)
|

2010年8月 7日 (土)

昨日は・・・

CD「祈りの海へ・・・」で、ガムランの楽器、「サロン」で参加してくださった、中田一子さんのライヴに行ってきました。

吉祥寺のA. K. LABOというおしゃれな洋菓子屋さんの2階で、ケーキとドリンク付き、というアットホームな会。

自作の怪しげな(笑)、ガムランポップ?のような曲を歌いまくり、弾きまくる一子さん。

それにしても歌もキーボードももちろんガムランもすべて達者、おそろしくハイ・クオリティーで、まったく飽きません。ときどきブラジルの音楽とかも間に入り、ギターの古川麦くんと、しっとりした歌も歌います(これがまた、うまいのです・・・)

ご年配のかたが多いせいか、うけるべきところで笑いがこないので、わたしはひとりで笑いをこらえるのに必死でしたが(笑)、楽しいひと時でした(自作曲のほとんどは、オヤジギャグ的な世界です・・・)。


いえいえ、このナンセンスの世界は、ただごとではありません!

今度、ソロライヴもあるそうで、楽しみです。

また何かでコラボしたいのですが・・・悩ましきは、音律です。。。
(1度は、CDでの収録は諦めた・・・くらい、洋楽ピッチの笙とも雅楽ピッチの笙とも合わないのです!!!)

| トラックバック (0)
|

蛮絵装束(2)

さてさて、先日の文月会の温習会の写真です。

Photo

当日はわたしのCD「祈りの海へ・・・」のジャケットデザインも担当してくださった、渡邊ちょんとさんが写真を撮ってくださいました。

これは、右舞のときの蛮絵装束です。ちょうど両手を広げたところで、全体がよく見えると思います。刺繍はすべて「合わせ獅子」と呼ばれるものですが、すべて色が違います。神社さんの狛犬のように、片方は口をあけ、もう片方は閉じているのです。。。

頭には老懸(おいかけ)と巻纓(けんえい)をつけています。
と、言っても背景が暗くて頭の部分がよくみえないので、もっとよく見える写真を後日、アップします。。。

| トラックバック (0)
|

さすがに・・・

暑さに強いわたしでも、夏場の調律は厳しいです。

火鉢はちょっとパス。。。このところ600Wのコンロを300にして使用していますが、1リットルぐらいかいているのと違う?というくらい、1、2時間で汗だくになります。

冷房が苦手なわたしも、「除湿」にしてかけるようにしていますが・・・

たまりません。。。

| トラックバック (0)
|

2010年8月 4日 (水)

家庭内の事情で恐縮ですが・・・

しばらくできなかったブログの更新・・・と思っていた矢先に、祖母が倒れて骨折し、緊急入院です。

命に別状はなかったものの、、、はらはらしました。

お見舞いに駆けつけたところ、最初は弱々しく、大丈夫かな・・・と思いましたが、食事をして母に爪を切ってもらったりしているうちに、だんだんと元気になってきました。

すぐにリハビリも開始。
我慢強いので「痛くても痛いと言わなそう・・・」と理学療法士さんにすでに見抜かれていましたcoldsweats01

この暑さですから、、、
皆様、どうかお年寄りはいたわってあげてくださいね。。。

| トラックバック (0)
|

旧暦あれこれ。

本日は6月24日の大安です。

旧暦ではまだ、6月なんです。今年は特に新暦と旧暦の差が大きいような・・・残暑は長いかもしれません。

さてさて、舞の話ですが、納曾利と落蹲と抜頭の整理をしなければ・・・

今度は還城楽ですって、ほんとですか。

へび~。(あ、しゃれではありません・・・雅楽をご存じない人にはわからないネタですねwink

| トラックバック (0)
|

更新が遅れて・・・

申し訳ございません・・・

なんだか、とても忙しいです。。。

あちこちに、「ゲリラ的に」出没しております(^-^;

今週はまたコンサートの映像を編集の上、アップしたいと思います。

文月会温習会の写真をイラストレーター・デザイナーの渡邊ちょんとさんが撮影してくださいました。

少しずつ、アップしていきたいと思います。。。

| トラックバック (0)
|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »