2017年12月 5日 (火)

質問にお答えします。。。笙の調律の頻度

「笙の調律(洗い替え調律、いわゆる青石の塗り直し)はどれくらいの頻度で行いますか?」というご質問をいただきました。

これは、一概には言えないと思います。
リードにもよりますし、塗り方にもよりますし、吹き方(古典、しかも管絃ばかり吹いているか、舞楽を何曲も吹いているか、現代曲で激しく演奏する曲を吹いているか)によって異なります。
ご自分の勘を信じて、不快に思えてきたり、息が苦しくなってきたら、塗り替え、ということではないでしょうか。。。
また、そこで、(自分はたくさん練習するから3ヶ月も持たない!)などと思わないことです。
もしかしたら、もっと上手、あるいは別のやり方で青石を塗れば、本来はもっと持つものかもしれませんよ?happy02
この「もしかしたら」という感覚は大事です。
と、いうことで、一生、探求が続くわけです(壮大)mist

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月 4日 (月)

2018年3月3日城陽プラネタリウムでのコンサート

プラネタリウムでのコンサート。

17時から30分のショートレクチャーのあと、1時間のコンサートとなります。

右肩のfマークをクリックしていただければ、Facebookにてご覧いただけます。

今回、うれしいのはプラネタリウムで星空をバックに演奏できること。。。に加えて、sonihouseさんとのコラボさせていただけること。

音を「増強、増幅する」スピーカーでなく、そのまま受け止めて、柔らかに拡散させるようなスピーカーです。

和室の障子を通して見える、淡い光のような。そんなイメージを大切にされているように思います。

当日、どのような音環境になるか、とても楽しみです。

お申し込みは明後日12月6日から、

0774-55-7667(城陽プラネタリウム)へ。。。

どうぞよろしくお願いいたします。


| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月24日 (金)

固定観念。。。

形あるものを作ろうとすると、ほぼ、つまらないものになる

予想できない領域に足を踏み込まないと、形にはならない

形になった途端、崩れていくようなものでないと、面白くない。

この矛盾。

その、ちょうどあいまあたりを睨みながら。

わかる人だけに、わかっていただければ、もう恩の字。


明日のコンサートは、楽しみです♪

唐突ににわとりさんのお写真♪

いえ、もうすぐ酉年も終わりだな、と思って(笑)。

Img_0200

| コメント (2) | トラックバック (0)
|

明日は大阪・北浜のヒビキミュージックサロンさんで

2週間前の京都・国際ゾンタクラブ様チャリティーバザーでのコンサートのご報告もおぼつかないうちに、明日は大阪でのコンサート。

古典曲では酒井理晴さんが龍笛でご参加くださいます(2曲のみ)。
あとはわたしのソロとルーパーを用いたパフォーマンスになります。

ルーパーは8月の連続コンサート「笙の響きと雅楽の愉しみ」で演奏した最後の曲で使用したものです。曲もあのときの曲(篳篥・三浦元則さんとの共演)のソロ・バージョン(赤い大地の記憶)ですので、「II」としました。
アウトライン以外はほぼ即興演奏です。

当日券、まだございますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Photo

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月11日 (土)

アップロードしました♪ 城陽プラネタリム映像祭準グランプリ

ほとんど「しゃれ」で出してみた文化パルク城陽プラネタリウム主催の映像祭。
アマチュアのコンペでしたので、気軽に作りました。

夢のなかの映像や、記憶の遠いところで鳴っているような音。。。をイメージして。 お箏の森川浩恵さん、感謝happy01

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月 6日 (月)

11月も早や。。。

もう6日となりました。。。

先月末から打ち合わせとリハと奏楽とお稽古続きです。京都、奈良、大阪、兵庫をほぼ毎日移動。

そんなこんなで、告知が大変遅くなり、ごめんなさいsweat02

あさってには京都ロイヤルホテル&スパ様で1時間程度のお話と演奏。

お招きくださったのは、国際的な女性の奉仕団体、京都ゾンタクラブI様です。

http://www.eonet.ne.jp/~kyoto1-zonta/bazzar.html

年に一度のチャリティーバザーのなかで演奏させていただきます。
13時から14時まで、青雲の間にて。。。
わかりやすい雅楽の解説や調子の演奏のほか、ジムノペディや竹田の子守唄なども演奏します。

お食事やお茶席もあるそうです。
お近くのかたは、ぜひご来場ください。

合間に、来年演奏を予定しています、「城陽プラネタリウム」の「映像祭」に応募したわたしの映像作品が「準グランプリ」を受賞しました、との嬉しいお知らせがhappy01

お打ち合わせの際に「こういった映像祭がうちであります。何か出品されませんか」とのことで、ipadに撮った映像でもよろしいければ、、、ということで作ってみました。音楽はもちろん、笙、そして昨年のコンサートにご出演をお願いした森川浩恵さんの十七絃箏(実は、リハーサルのときに録音していた高音質の音源をわたしのほうで編集したものhappy01でも、映像にぴったりの雰囲気)。

後日youtubeにアップできましたら、と思います。120秒程度という制限がありましたので、本当にあっという間の映像ですが。。。

嬉しい忙しさでいっぱいの、秋がつつがなく過ぎていきます。。。



| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月18日 (水)

お稽古の合間に。。。



お稽古と仕事のお打ち合わせと移動の合間に、ホテルの狭い机の上で笙のリードの塗り直し。

塗りは汚いけれど、ピタッときまったnotes

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月16日 (月)

無事終わりました&明日から東京教室です。

10月14日「重衡」の公演、無事に終わりました。

結局アッコさん当日まで事務処理などに追われて譜面が間に合わず、チェロの水谷川さんもわたしも全部即興。小鼓の久田さんからタイミングや雰囲気などなど、かなり具体的なご指示があり、謡の歌詞を見ながらの演奏となりました。

謡の雰囲気を壊さないようにしながら、チェロとピアノの調性を壊さないように。。。なかなか大変だったのです(笑)。

いろいろ書きたいことあれどhappy01 後日。。。

明日から東京教室です。。。

22日は父がお世話になっている椎貝クリニックの椎貝先生の講演があり(腎生会全国大会)、そちらで15分ほどお話と演奏させていただきます。

http://www.shiigai-clinic.jp/kouen/kouen.html#recruit

椎貝先生は大きな総合病院の院長をされておられたのに、腎臓の治療で独自の検査方法を開発され、院長を辞めてご自分で小さなクリニックを開院されました。

うちの父もそうですが人工透析寸前の患者さんの駆け込み寺のようなクリニック。数年前、病状が進行する父にネットや本などでこちらの病院を探し当て、思い切って転院。処方されていた山のような薬がたった、1種類に。。。このときは処方箋を見た瞬間に涙が出そうになりました。

面白いことにここ数年、「もう打つ手がない」という患者さんに呼吸法を伴った「瞑想」を勧めたところ、統計的にも有意な効果が出ているそうです(もちろん、宗教とは無関係の瞑想)。

そういったお話も今回の講演では伺えるようです。

入場無料。

わたしのほうでは、盤渉調の調子と、ファゴットの太田晶久さんとジムノペディを演奏する予定です。

その他、11月は京都、大阪でコンサートがあります。

http://www.eriito.com/concert-event-2016

来年も面白い企画のお話が浮上中。。。 

その打ち合わせも慌ただしく続いています。ありがたいです❤️

来年も忙しくなりそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月11日 (水)

ヒビキミュージックサロンリーブスでのコンサート

素敵なチラシをお作りいただきました。
Facebookに先にアップしましたが、評判がいいです(´・∀・`)
ヒビキミュージックサロン様、ありがとうございます。

秋は皆様いろいろご予定が入ってくるかと思いますが、こちらのコンサート、早めに予定にいれておいてくださいね(笑)。

伊藤えり 笙と雅楽の世界へのお誘い
古代の楽器で奏でる現代(いま)
〜光降るような音を慈しんで〜

日時 2017/11/25(土)17:00
曲目
平調越殿楽(ひょうぢょうのえてんらく)
陪臚破(ばいろのは)
一柳慧(いちやなぎとし) 星の輪
E.サティー ジムノペディー
伊藤えり 赤い大陸の記憶II
ほか

出演 笙の演奏とお話 伊藤えり
   助演 酒井理晴(みちはる)(龍笛)
チケット 3,000円(税込・全自由席)
プレイガイド カンフェティ
(↓↓クリックしてください)
gettii.png
主催 ヒビキミュージック

どうぞよろしくお願いいたします。
*ネット、お電話でもご購入いただけます。
http://hibiki-leaves.com/index.php?TICKET

Photo_2

171125ura_hmwk2_2


| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月 2日 (月)

10月14日

大槻能楽堂。

今日は14日の公演のためのリハでした。

澄み渡る刹那の堆積。
遠い空間の記憶を癒す「儀式」のような。。。

「重衡」。
どうぞお楽しみに。

Image

 
そして、午後の公演もぜひ。
今日、幸いなことにこちらの舞台のリハ(申し合わせ)を拝見することができました。
圧巻です。

Content1_2

関西でお能を拝見したのは、考えてみれば初めてです。
東京にいたときは国立能楽堂や宝生能楽堂によく足を運んでいた時期もあったのですが。。。
涼やかで激しく、緊張感が高くて、ゆるやかな時間。
響きのひとつひとつの集中力の高さ。
雅楽の時間とは、「方向」が「真逆」であるような気がします。。。
雅楽は天に拡散していく時間。
能楽は「ある一点」にぎゅっと凝縮していく時間。
もしお能をしっかりとした能舞台でご覧になったことがないかたがいらしたら、この機会にぜひとも、ご観能ください。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

«東京の笙教室の生徒募集