2019年5月11日 (土)

6月 和編鐘の櫻井有機子さんのコンサートに参加します

59998705_2438143632862656_29799681094875
こちら、どうぞよろしくお願いいたします。

リハーサルでは澄んだ編鐘の音に心洗われる思いでした。
笙と同じで、倍音がよく響いてくる楽器です。

このコラボはぜひ、現地でご体験をいただけましたら、と思います

どうぞよろしくお願いいたします。
(画像クリックで別画面が開き、拡大もできます)。



| コメント (0)

【お詫び】大分での演奏、諦めました

ごめんなさい!

直近の記事で、大分のSing bird concert に参加表明していましたが、体調が微妙なので、諦めることにしました。

楽しみにされていたかたがもしいらしたら、本当に申し訳ありません。

ただ、12月のように下血などがあって、という訳ではなく、大事をとって、、、という感じです。

奈良から大分への道のりはやはり遠く、これが奈良、京都、大阪などでのお仕事でしたら、間違いなくそのまま出演していたと思います。



ここ数日間、「低 FODMAP食」や「低レクチン食」を緩めていました。

そろそろ大丈夫と思っていたのですが、またゼロからやり直し、です。。。

また、先日初めて診察を受けた病院で、ようやく、大出血の「主原因」が特定されてきました。

(12月から、これで通算6件目の病院です。。。まあ、わかっただけでもありがたいです。。。)

ただ、こちらの病院では手術ができないため、6月の別の病院での検査を待ってから、手術ということになると思いますが。

。。。と、いうことで緊急性を要する病気ではありませんので、どうかご安心を。

また、食事療法を続けていれば、活動のほうも支障がなく、むしろ体調はよくなることが多いので、今月も東京教室などは行う予定です。


そう、大分に伺うとしたら、食事も不安だったのですよね。。。
(東京では、わたしの体調・食事療法に差し障りのないお店、すでに見つけてありますので)。

何より、小麦と発酵食品がいただけないのが、制約が多くて大変です。
Sing Bird Concert では自然派のマーケットもたくさん出るようですが、小麦×、発酵食品×では、本当に食べられるものがない。。。


食事療法・・・これからまた再度やり直して、終わる頃は多分、真夏。。。

そのあとに手術、ということになると自分的にもベストかと思っています。


今回は、食事療法の面などで油断してしまい、共演させていただく予定でしたBaobabさん、内田輝さん、本当にごめんなさい🙏


また、お仕事をご依頼くださっている皆様、これからご依頼しようとお考えの皆様、体力や栄養面など血液検査の結果では、わたしの体調は現在、良好な方向に向かっています。

 

遠方でのお仕事も、事前に食べられるものがあるお店を探し当てておくとか、レトルト食品持ち込みなどで、対応できます。

さらに、それまで万全な食事制限を続けていれば、1、2食、小麦入りの食べ物を食べても、すぐに影響がでるとも限りません。


・・・とは、「お仕事、干さないで〜」という泣き、でもあります(笑)😌

やっぱり演奏していないと、それはそれで体調不良、というか精神衛生上、本当に堪えますので。。。

前にも書きましたように、緊急を要すること、ではないので、もし手術をするとしても、入っている演奏などの仕事に関しましてはできるだけ影響がでないのような日程で手術を受けることが可能かと思います。



体調優先はもちろんで、どうあっても無理そうなものは、打ち合わせの段階で用心の上、お断りしますが、むしろ、お仕事のご依頼はお待ちしていますので、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


 

| コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

更新全然できなくて、ごめんなさい(^^;;

時代は令和となり、ゴールデンウィークも終わったというのに、この更新率の低さといったら(^_^;)

ブログのリニューアル、もしくはお引越しと、HPの更新(こちらも数年前に更新止まったまま、というこのていたらく。。。)を考えているのですが、なかなか進みません。

やりたいことが膨れ上がってきているのに、HPが重たいがために書き込む時間がとれないという。。。

Facebookもほとんど触っていません。ぼちぼち更新しているのは写真をぱっとアップロードできるインスタのみ。。。😅

次回はもう少しシンプルで、データが重たくないHPに作り変える予定です。


さて、体調のほうは順調ですが、相変わらず厳しく食事制限は続けております。
ただ、食事療法が着実に功を奏しております。

また、ようやく長距離移動などにも体が耐えられるくらいに体力がついてきましたので、徐々に演奏のお仕事も増やしています。

週末、また突然ですが(笑)、大分のSingbird Concertに参加してまいります。

奈良でご一緒させていただいたユニットBaobabのお二人とクラヴィコード、サックスの内田輝さんと。

と、いいますか、Singbird concertは、「カテリーナ古楽研究所」の主催となりますが、カテリーナを運営されているのが、Baobabの松本未來さんなのです。

松本さんがお父様の代から製作されてきた古楽器の数々の完成度の高さ、音色の素晴らしさに、奈良で共演させていただいたときに本当に感動しました。もちろん、「遣い手」のおふたりの力量もありますが。。。

内田さんといい、自作された楽器の、シンプルな響きから立ち上がってくる馥郁たる豊かさに、何か感じいるものがあり(いつか、工房に伺ってみたい)と思っていましたら、ちょうど5月に音楽祭があり、、、しかも今年が最後なのだとか。

「行ってみよう」と思いました。

https://www.singbirdconcert.com/

ピンと来られたかたは、ぜひ。。。





| コメント (0)

2019年4月29日 (月)

東京教室も再開しました

Ceabb164b7ff415b9408890091f5e320 

12月からおやすみさせていただいてた、東京教室、奈良、京都に続き、今月より再開しました。

演奏のご依頼も少しずつですが承っており、ありがたいことに6月以降の予定もまた順次、決まりつつあります。

まだ治療のための通院などはしています。

治療プラス「以前よりもずっと健康になる」ことが目標です。

長年の不調の原因が今回の発症を機に、だんだんとわかってきました。

この4ヶ月間は、体と心と(そして多分)魂との対話の期間でした。

 

 

ひとつひとつ試してみて、体の反応を見ながら、食べ物や薬を変えたり増やしたり減らしたりしていくことは、まさに笙の調律の作業に似ています。

 

身体、心体の「調律」を通して、世界を新たなに感じたい、体験したいと思っています。

それは意識せずして、今後のわたしの音を中心とした表現の世界にも反映されていくことでしょう。。。。



ご心配をおかけしましたが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


| コメント (0)

2019年4月14日 (日)

昨日のコンサート

| コメント (0)

2019年4月12日 (金)

冬眠から

たくさんのかたがにご心配をおかけしていましたが、ようやく「冬眠」から目覚めることができそうです。

応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。

久々にブログをご覧くださってご存知ないかたのためにも、状況をご説明しますと、

2018年12月 東京に出張中に滞在先のホテルで大量に下血して、救急車で都内某大学病院に入院。
2回、3ユニット輸血。造影CTやら内視鏡検査やらいろいろ検査しても原因わからず、出血場所もわからず。。。
半月ほど入院、平成最後のクリスマスも暮れもお正月も病院で過ごすことに。
1月上旬に退院。

入院中も退院後も、どうも食事が合わないと下血を繰り返すということに気がつき、自分で徹底的に調べ上げて、低FODMAP食、レクチンをできる限り避ける、という食事療法で少しずつですが落ち着いています。

奈良に戻ってからも2件、病院に行ったものの原因確定にはいたらず。。。
具合が良くなくても対処方法は結局わからず。

病院では「原因はわかりませんでした、はい、さようなら〜」的なところが多く、食べ物で体が炎症反応を起こしたり、腸に細かい穴があき(リーキーガット)、毒素が体中に回る、という見解はとっていない(というかご存知ない)ようなのですが、欧米ではリーキーガットやFODMAPに対する知識は広まりつつあるようです。

日本語で「ダイエット」というと、痩せるための食事ということで定着してしまったのですが、英語のDietは食生活、食習慣のこと。
「グルテンフリー」というと、やはり痩せるためのダイエット、と勘違いされそうですが、小麦で体内に炎症反応を起こす人の食養生のことでもあります。わたしは今はほぼ、グルテンフリーダイエットで生活しています。

1食ならなんとか食べられますが、2食続くと、体があちこち不調をきたすという。。。

こういった治療法に理解がある病院を必死で探し、ようやくみつけたクリニックにただ今2週間ごとに通院中。
食事やサプリなどで様子をみている日々です。

原因不明の不調に悩まされているかた、この本↓はおすすめです。
アメリカの心臓外科医の先生が見つけた真実・・・もちろん全ての人に当てはまるとはわたしも思っていませんが。。。

「食のパラドックス」

わたしには随分とぴんとくることが多く、食事などはかなり参考にしています。
ただ、お米は、さすがに食事からはずせず、食べています。

お米で不調をきたす実感はないため、これはアメリカ人と日本人の遺伝子のちがいでしょうか?

退院後は気張っていたものの、外出先で動けなくなり、おトイレ横にある長椅子でばったり倒れていたりとか、タクシーで急いで帰ってきたりとか、ということがしょっちゅうありましたが、最近はだんだんとそれもなくなってきました。

今月は東京教室も再開できそうです。

先日は秋のお仕事のお打ち合わせ。
奈良の素敵な場所での演奏のご依頼ですが、依頼してくださったかたはなんと昨年からずっとブログもチェックしていてくださり、コンサートもいくつかお運びくださっていたそうです。

わたしの体調をずっと気遣ってくださっていたそうですが、前回のブログの記事をご覧になり、声をかけてくださったのだとか。

ありがたいです。。。

ようやく春。。。

明日は

内田輝 × baobab「road」奈良公演@sonihouse

にちょびっとだけ参加させていただきます。

少しずつ、無理をしないで、春のめざめ。



花の写真ばかり撮りまくっている今日この頃。

82066f8794604218bba8aee06e2260a2


夜桜。

25f9c23a8d5941189ec8102876737059

吉野方面も行けたらいいな。。。

| コメント (0)

2019年3月25日 (月)

4月以降のコンサートの予定

おかげさまで、少しずつ元気を取り戻しています。


現在決まっている予定です。


2019年4月13日(土)16:30 開場 / 17:00 開演


内田輝 × baobab「road」奈良公演@sonihouse


ゲスト:伊藤えり(笙奏者)
*今のところ、1、2曲のみ、ゲストで演奏させていただく予定です。


¥3,500(ドリンク付き)
*高校生以下¥1,500(ドリンク付き)



ご予約は「road予約」をタイトルに、「お名前・人数・電話番号」をメール(info@sonihouse.net)にてご連絡ください。



 



 



 



 




 



 


View this post on Instagram

 


開催までちょうど三週間。奈良在住の笙奏者、伊藤えりさんのゲスト出演が決定しました。 シルクロードの終着点と言われるここ奈良で、各地の古楽器が融合し、独特の世界観を作り出します。貴重な機会を是非。 *** 内田輝 × baobab「road」奈良公演@sonihouse ゲスト:伊藤えり(笙奏者) 2019年4月13日(土)16:30 開場 / 17:00 開演 ¥3,500(ドリンク付き)*高校生以下¥1,500(ドリンク付き) ご予約は「road予約」をタイトルに、「お名前・人数・電話番号」をメール(info@sonihouse.net)にてご連絡ください。 #内田輝 #akirauchida #baobab #伊藤えり #clavichord #笙 #sonihouse #古楽器


sonihouseさん(@sonihouse_nara)がシェアした投稿 -


 



6月8日(土)和編鐘+笙 cocert


京都・法然院 16時半会場・17時開演


ゆきね(有機音)(和編鐘)


ちよね(千代音) (和編鐘・打楽器)

伊藤えり (笙)

曲目:組曲 「水の祈り」


枕草子より 春はあけぼの
      夏は夜



前売り:一般3,000円 ペア券5,000円


当日券;一般3,500円 


<お申し込み・お問い合わせ>


有機音工房 yukine6939@yahoo.co.jp


主催:有機音工房


協力:法然院


後援;公益社団法人日本演奏家連盟

*写真など詳細、後日アップさせていただきます。





 

| コメント (0)

2019年3月24日 (日)

近況のご報告

昨年12月の緊急入院から早や3ヶ月。

今月は最後の検査の結果が出たものの、大量出血の場所は結局、わからず。
海外ではかなり治療法や原因がはっきりしている病気らしいですが、その他の特殊な検査からリーキーガットはまずまず間違いなくある、と。

で、SIBOという病気も絡んでいそうなので(これも特殊な検査を受けないと判定は難しい)、食事療法を続けています。

主に低Fodmap食と、グルテンフリー、そしてこちらの本を参考にしながら
なんとか、不調をしのいでいます。この本は名著です!
元は心臓外科医の先生が生み出した食事療法を中心とした、治療実践の本。などというとどこにでもありそうですが(笑)、自分の体調に当てはまることが多々あり、この方法を半分以上、取り入れています。
わたしの腸に穴が空いた(リーキーガット)のは、もしかしたら割と飲み続けていた生理痛のときの痛み止めが原因だったのだろうか。。。

薬(鎮痛剤から家禽に使う薬まで)、農薬の害毒のこともきっちり(名指しで!)押さえられていて、こういうお医者様も出てきたんだなあ、、、(アメリカだけど)と思います。
上記の本のような治療法をとっている病院はないのかと必死で探し、見つけたのが芦屋のクリニック。
そちらに通院しながら改善を図っています。

ときどき、ひどいめまいや疲労が来るのが困り者。
3月は仕事に穴をあけることもなく、無事に過ごしていますが、様々な作業が遅れがちなので、本格的に仕事が始まると、どうなるのか、不安に思うこともあるのですが、不安に思うだけでは事は始まらない、変わらない。
3月もあと1週間ですが、安定してくれるといいなあ、と思います。

さて、3月は完全にお休みするつもりでしたが、
3月3日 ご縁をいただいて、薬師寺で特別公開中でした、東棟水煙の前でご奉納演奏
3月12、13日 こちらの講座のなかで、ご縁をいただいて、「立華供養」のなかで杉謙太郎さんが花を立てるなか、笙1管で演奏(半ば奉納演奏)させていただきました。
3月21日 JEUGIAミュージックサロンの発表会。
     今年はなんと、会場が京都文化博物館別館、
緊張した面持ちの生徒さんも無事に終わってほっとされたようです。
3月24日 西宮妙寶寺様 春の法要での奏楽 恒例で参加させていただいている法要です。
などなど、終わってみると、結構いろいろとありました。
うち2件は本当にご縁で、急遽決まったので、告知もせず、逆に少し気楽にお受けできました。
今日も奏楽が終わり、感じたのですが、とにかく吹いていると疲れを忘れ、体調がいいです。

その前の準備とかでイライラっとすることはありますが、奏楽中と終わったあとは疲れがそれほどなく、この状態がキープできれば、と思います。

さすがに東京まで出る体力がまだないのですが、4月こそは東京笙教室も再開したいと思います。
とにかく春待ち・・・です。


| コメント (0)

2019年2月17日 (日)

しばし冬眠します!

*お稽古は関西方面では復帰、東京は3月から形態を変えてグループレッスンで再開します。 関西もできればグループレッスンで指導していきたいので、ご協力を!

おかげさまで、少しずつですが回復してきていると思います。なかなか4キロ減ってしまった体重が元にもどらないのと食事が大変なのですが、まずまず元気です。

先日のUSENスタジオでのレコーディングのお仕事も無事に終えて、3月いっぱいぐらいまで、演奏のほうはおやすみをいただきます。

奈良近辺でミニライブ、コンサートはやれたらいいのですが。。。

まずは体をしっかり治します。

【以下Facebook記事全文】

zzzzz【しばらく冬眠します】zzzzzz

なんとか、昨日、出口煌玲さんの作品のレコーディングを無事に終えたものの、わたしの体重は40キロと39キロのあたりをいったりきたり。

前日も楽器の準備が思わしくなくて、思いついて古典ピッチの楽器も急遽洋楽ピッチにあげて、二管持っていっての演奏。これは正解でした。曲によって楽器を使い分けて、なんとか収録を終えました。

楽器も、わたし同様にもう限界だったのです。。。
これも、ちょっとショックでした。。。

退院後も、何度か下血があったので、低Fodmap食に抑えて、1ヶ月ほど様子をみてから、少しずつ食事を元に戻していきます。

と、いってもオーストラリアから始まったこの食事療法、日本の食べ物では基準が曖昧なところもあって、最初の頃は結構失敗しました。

わたしが失敗したのは、キャベツ、りんご、餡子、ブロッコリー、かぶなどなど。。。あ、あと胃腸内の抗菌になるのでは、、、と思った柚子胡椒。

Fodmapでは唐辛子はオーケーのはずだったのですが(^_^;)。

玄米も、今は怪しいので白米に切り替えています。
レクチンフリーのほうも気になる食材があるため、こちらも少しチェックしつつ。

幸い、とてもよい病院と先生に出会えたので、時間をかけて回復を図りたいと思っています。

食べて体力をつけないと!!、、、と、よく言われるのですが、基本、「消化と吸収ができなければ、食べても害ばかり」です。
今のわたしには酷なアドバイス。。。

人間、少々食べなくても死にませんが、下血は、下手したら死にます。
(修二会の行の最中のお坊様方を見よ! 半月以上、極寒の二月堂であれだけ激しい行を繰り返すのに1日1食、しかもお粥とかの超・粗食。。。そして長寿なかたが多い!)

いろいろなかたから、長年、栄養不足を指摘されてきたのですが、わたしの胃腸はもう、吸収する力がなかったのです。

辛かったのですが、救急車で運ばれて輸血が必要なほどの下血のあと、しばらく体はすっきりとし、頭は冴え、気持ちはこれまでにないくらいに穏やかになりました。。。

あれって、やっぱり体に蓄積された毒素が、一気に排出されたとしか思えないのです。。。

東洋医学では宿便とかいいますが(⌒-⌒; )

考えてみると22日から下血していので、4日間ぐらいは出続けていました。

重湯から食事が始まったとたんに、疲れやすく、そして以前の頭に霞がかかったような感じに。。。

急がば、回れ、で、この食事療法がうまくいけば、20代ぐらいから悩んできたさまざまな症状が一掃できるかもしれません。

食習慣だけでなく、仕事、生き方、全体を見直す作業を、ここ2、3ヶ月で行いたいと思っています。

写真は昨日のレコーディングのあとのお写真ですが、やっぱり演奏していると調子がいいのですよね。。。。特に後半は集中してきて、体調のことなど忘れていました。

小さいソロライブなどは、奈良とその周辺でしたらやりたいのですが、3月いっぱいぐらいまではお休みをいただく予定です(ご依頼くださったみなさま、ごめんなさい)。

お打ち合わせなどはできますので、皆様、春以降は目一杯、お仕事ご依頼くださいませ(笑)。

SNSも控えめになります。

ブログは更新できるときに更新しますので、こちらはどうぞよろしく❤️



| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月31日 (木)

2月3日「浄土の雅楽」

「浄土の雅楽」レクチャーコンサート。
場所・大阪府堺市東区西野521 旭照寺(きょくしょうじ)
時間・14時から16時
演奏とレクチャー 伊藤えり
      篳篥・山上正尊 (旭照寺住職、大阪楽所)
      龍笛・阿満慎介 (本願寺式務部知堂)
入場無料。当日会場へ。
迦陵頻急、陪臚など仏教にゆかりが深い曲から、雅楽で一番有名な曲、越殿楽などを仏教関係の解説、映像とともに。
Facebookの画像が、今どうしても出てこないので、基本情報だけ。。。
どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

«京都Hyggeでのゆやさんとのコンサート