2019年7月12日 (金)

芝祐靖の訃報に接し

東京教室中に訃報を受け取りました。

ああ、とうとう、、、という想いと、まだあの温和な笑顔でどこかでお元気でいらっしゃるのではないかという気持ちが半々です。

 

 

神々しい龍が、清々しく天に還っていかれたような想いがあります。

 

 

 

地上で、もう二度と接することができないと思うと、寂しくなります。

 

 

東京楽所のいくつかの公演、伶楽舎のいくつかの国内外の公演、そして京都音輪会のいくつかの公演でご一緒させていただけたことは、わたしにとっては魂の宝です。

 

 

 

心よりご冥福をお祈り申し上げます。


https://www.yomiuri.co.jp/culture/20190710-OYT1T50211/

 

| コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

その瞬間に集中して

東京教室3日目。

昨日のお稽古で気になったこと。

 

順調に吹いていた生徒さんが突然、譜面の読み間違え。

 

雅楽あるある、ですが、笑、似たようなフレーズを見間違えて、数行すっ飛ばしました。

何度か出てくるフレーズ、でもその前後が微妙に違う、というよくあるパターン。

 

暗譜であっても、こういう間違いあります。

 

で、こういう時、どうだっけ。。。とさぐりだすと、あっという間に間違える。

 

後ろに戻るのは言語道断!

先の生徒さんは、同じ様なフレーズが出てきたな。。。と後ろに気をとられたそうです。

 

今、一点に集中しながら、先を読むのは鉄則ですが、どうだっけ?なんだっけ?と探り出すと、だいたい間違えます。

理想的には、先を読まないでつらつらつらつら、音がでてくるのが良いと思います。

 

| コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

おひさしぶりの東京教室

2ヶ月ぶりの東京教室です!

今年は4月、5月、ときて、6月はお休み、今年に入って3回目の東京教室です。

それでも大半の生徒さんがご出席くださり、ありがたい限りです。

今日7日は日曜日、山手線、東京メトロなどもがらがらで、ちょっとびっくり。。。

奈良やら京都は土日に混むことも多いので、日曜日、特にオフィス街あたりががらがらになる東京に、そういえばそうだった、、、と懐かしくなりました。

 

そして、東京、今月もかなり涼しい、というより肌寒い?
奈良は30度近くだったので、22、3度がすごく低く感じられます。。。


今日7月7日は、七夕、ですが、五節句のなかでも、特に七夕を新暦でお祝いするのはやめましょう、と毎年言っているわたしです(笑)。

案の定、東京は雨・・・天の川も見えず、織姫様と彦星様は今年も出会えない、ということに。

元は中国の宮中行事。

民間におりてきたのは、だいぶあとの時代になってからのようです。。。

 

| コメント (0)

2019年6月21日 (金)

奈良 「鹿の舟」でのコンサート

9月21日(土)、開演時間はおそらく夜になると思いますが、「鹿の舟 繭」にてコンサートの予定。

鹿の舟 http://www.kuruminoki.co.jp/shikanofune/

鹿の舟には繭、竃、囀の3つのスペースがあります。

繭はお花のお稽古、茶の湯のお稽古なども定期的に開かれている、心地よいイベントスペース。

3月に一度、本当にハプニング的に杉謙太郎さんの立花とわたしの笙の演奏でコラボをさせていただきましたが、とにかく居心地がよい空間です。


折しもちょうど東大寺修二会(お水取り)の時でした。




笙のソロになると思いますが、詳細は未定。。。

人数限定のコンサートになりそうですので、ご関心をお持ちいただけるみなさま、どうかご予定はあけておいてくださいね。。。

どうぞよろしくお願いいたします。

*予約などはまだ開始していませんので、決まり次第ブログや Facebookにアップします。現時点での鹿の舟へのお問い合わせはご遠慮ください。

| コメント (0)

2019年6月17日 (月)

6月8日 @京都法然院 和編鐘とのコンサート

櫻井有機音さん、お弟子さんの千代音さんの演奏会に参加させていただきました。

古刹・京都法然院での演奏は昨年の内田輝さんのコンサートに続き、2回目です。

有機音さんが奏でる和編鐘の豊かな倍音に包まれながら

自然の山と地続きのお庭から聞こえてくる鳥の声、カエルの声が

心地よく演奏とオーバーラップして

新たな音体験を生み出してくれました。

(写真・ 高峰義明氏撮影)

Yukine08172_1  

Yukine07926
 
Yukine08154
Yukine08373  
最後のアンコールは3人で「ほたる」。

体調のことでは有機音さんにご迷惑をかけ通し、で、前日のリハーサルも結局参加を諦め、休ませていただきましたが、事前に休めたおかげで本番は、しっかり集中することができました。

貴重な機会をお与えくださいました有機音さん、共演の千代音さん、ご来場くださり、幽玄の空間と時間を共有させていただいたお客様、ありがとうございました。


体調のことですが、一進一退な感じもしますが、少しずつ、前進している感じです。
また、別のブログにて、詳細をお伝えいたしますね。

| コメント (0)

2019年5月11日 (土)

6月 和編鐘の櫻井有機子さんのコンサートに参加します

59998705_2438143632862656_29799681094875
こちら、どうぞよろしくお願いいたします。

リハーサルでは澄んだ編鐘の音に心洗われる思いでした。
笙と同じで、倍音がよく響いてくる楽器です。

このコラボはぜひ、現地でご体験をいただけましたら、と思います

どうぞよろしくお願いいたします。
(画像クリックで別画面が開き、拡大もできます)。



| コメント (0)

【お詫び】大分での演奏、諦めました

ごめんなさい!

直近の記事で、大分のSing bird concert に参加表明していましたが、体調が微妙なので、諦めることにしました。

楽しみにされていたかたがもしいらしたら、本当に申し訳ありません。

ただ、12月のように下血などがあって、という訳ではなく、大事をとって、、、という感じです。

奈良から大分への道のりはやはり遠く、これが奈良、京都、大阪などでのお仕事でしたら、間違いなくそのまま出演していたと思います。



ここ数日間、「低 FODMAP食」や「低レクチン食」を緩めていました。

そろそろ大丈夫と思っていたのですが、またゼロからやり直し、です。。。

また、先日初めて診察を受けた病院で、ようやく、大出血の「主原因」が特定されてきました。

(12月から、これで通算6件目の病院です。。。まあ、わかっただけでもありがたいです。。。)

ただ、こちらの病院では手術ができないため、6月の別の病院での検査を待ってから、手術ということになると思いますが。

。。。と、いうことで緊急性を要する病気ではありませんので、どうかご安心を。

また、食事療法を続けていれば、活動のほうも支障がなく、むしろ体調はよくなることが多いので、今月も東京教室などは行う予定です。


そう、大分に伺うとしたら、食事も不安だったのですよね。。。
(東京では、わたしの体調・食事療法に差し障りのないお店、すでに見つけてありますので)。

何より、小麦と発酵食品がいただけないのが、制約が多くて大変です。
Sing Bird Concert では自然派のマーケットもたくさん出るようですが、小麦×、発酵食品×では、本当に食べられるものがない。。。


食事療法・・・これからまた再度やり直して、終わる頃は多分、真夏。。。

そのあとに手術、ということになると自分的にもベストかと思っています。


今回は、食事療法の面などで油断してしまい、共演させていただく予定でしたBaobabさん、内田輝さん、本当にごめんなさい🙏


また、お仕事をご依頼くださっている皆様、これからご依頼しようとお考えの皆様、体力や栄養面など血液検査の結果では、わたしの体調は現在、良好な方向に向かっています。

 

遠方でのお仕事も、事前に食べられるものがあるお店を探し当てておくとか、レトルト食品持ち込みなどで、対応できます。

さらに、それまで万全な食事制限を続けていれば、1、2食、小麦入りの食べ物を食べても、すぐに影響がでるとも限りません。


・・・とは、「お仕事、干さないで〜」という泣き、でもあります(笑)😌

やっぱり演奏していないと、それはそれで体調不良、というか精神衛生上、本当に堪えますので。。。

前にも書きましたように、緊急を要すること、ではないので、もし手術をするとしても、入っている演奏などの仕事に関しましてはできるだけ影響がでないのような日程で手術を受けることが可能かと思います。



体調優先はもちろんで、どうあっても無理そうなものは、打ち合わせの段階で用心の上、お断りしますが、むしろ、お仕事のご依頼はお待ちしていますので、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


 

| コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

更新全然できなくて、ごめんなさい(^^;;

時代は令和となり、ゴールデンウィークも終わったというのに、この更新率の低さといったら(^_^;)

ブログのリニューアル、もしくはお引越しと、HPの更新(こちらも数年前に更新止まったまま、というこのていたらく。。。)を考えているのですが、なかなか進みません。

やりたいことが膨れ上がってきているのに、HPが重たいがために書き込む時間がとれないという。。。

Facebookもほとんど触っていません。ぼちぼち更新しているのは写真をぱっとアップロードできるインスタのみ。。。😅

次回はもう少しシンプルで、データが重たくないHPに作り変える予定です。


さて、体調のほうは順調ですが、相変わらず厳しく食事制限は続けております。
ただ、食事療法が着実に功を奏しております。

また、ようやく長距離移動などにも体が耐えられるくらいに体力がついてきましたので、徐々に演奏のお仕事も増やしています。

週末、また突然ですが(笑)、大分のSingbird Concertに参加してまいります。

奈良でご一緒させていただいたユニットBaobabのお二人とクラヴィコード、サックスの内田輝さんと。

と、いいますか、Singbird concertは、「カテリーナ古楽研究所」の主催となりますが、カテリーナを運営されているのが、Baobabの松本未來さんなのです。

松本さんがお父様の代から製作されてきた古楽器の数々の完成度の高さ、音色の素晴らしさに、奈良で共演させていただいたときに本当に感動しました。もちろん、「遣い手」のおふたりの力量もありますが。。。

内田さんといい、自作された楽器の、シンプルな響きから立ち上がってくる馥郁たる豊かさに、何か感じいるものがあり(いつか、工房に伺ってみたい)と思っていましたら、ちょうど5月に音楽祭があり、、、しかも今年が最後なのだとか。

「行ってみよう」と思いました。

https://www.singbirdconcert.com/

ピンと来られたかたは、ぜひ。。。





| コメント (0)

2019年4月29日 (月)

東京教室も再開しました

Ceabb164b7ff415b9408890091f5e320 

12月からおやすみさせていただいてた、東京教室、奈良、京都に続き、今月より再開しました。

演奏のご依頼も少しずつですが承っており、ありがたいことに6月以降の予定もまた順次、決まりつつあります。

まだ治療のための通院などはしています。

治療プラス「以前よりもずっと健康になる」ことが目標です。

長年の不調の原因が今回の発症を機に、だんだんとわかってきました。

この4ヶ月間は、体と心と(そして多分)魂との対話の期間でした。

 

 

ひとつひとつ試してみて、体の反応を見ながら、食べ物や薬を変えたり増やしたり減らしたりしていくことは、まさに笙の調律の作業に似ています。

 

身体、心体の「調律」を通して、世界を新たなに感じたい、体験したいと思っています。

それは意識せずして、今後のわたしの音を中心とした表現の世界にも反映されていくことでしょう。。。。



ご心配をおかけしましたが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


| コメント (0)

2019年4月14日 (日)

昨日のコンサート

| コメント (0)

«冬眠から