2018年7月16日 (月)

7月の2コンサートが終わり、、、

7月は両方ともいっぷう、毛色が変わったコンサートに参加させていただきました。

ひとつは、京都法然院様での内田輝さんのコンサート。
庭に面した窓を開け放ち、庭を背景として、暮れなずんでいく時間帯からスタート。

庭にはししおどし、ひぐらしの声、鳥の声。

濃厚な京都ならでは、の雰囲気のなか、静かに、余白をもって演奏される内田さんの音楽。クラヴィコードと笙、内田さんもおっしゃっていたように、歴史のある楽器どうしだから、とてもよく合うのかもしれません。

ぜひ、再演を、という声も高く、わたし自身も再演させていただきたいと思っています。

そして、先日土曜日(7月14日)の京都ゲーテインスティテュート・ヴィラ鴨川でのジモン・ルンメルさんのコンサート。当日は京都では38.5度の酷暑を記録、祇園祭も重なって、お客さまの入りは?と思っていましたが、最終的には100名ほどのかたがたにご来場いただけたそうです。

ジモンさんにお声がけいただいたのは2年前、神奈川県立音楽堂で佐々木冬彦さんの作品を演奏したときのこと。

知人のご紹介で、コンサート終了後にお目にかかったのですが、「笙のような楽器を自作したい」とのことで、(えー、大丈夫なのかな?)と思いました、正直なところ(笑)。

メールで何度もやりとりしながら、今年の4月、ゲーテのレジデントとして日本に来られたときにお目にかかり、リードオルガンのリードを100枚、持参されて、その調律法を見せていただいたとき、(これは何か面白いことになりそう!)と、思いました。

なぜかクラヴィコードを自作された内田さん、まったく新しい、笙から思いついた楽器を制作されたジモンさんとのコラボが続きましたが、音楽の根源って、こういうことなんだろうなあ。。。。と、感じ入っています。
ジモンさんは、シンセ音源のプログラミングのことなどもご存知なようなので、やろうと思えば、シンセ音源でも笙の音を作って、鳴らせるはず、なのです。

でも、それでも、自分の手で、楽器を作ってみたい。演奏してみたい。。。

その「思い」が実現していく過程をずっと見ていて、わたし自身、すごく刺激になりましたし、演奏したジモンさんの曲にも、まだまだ広がっていく可能性を感じました。

わたし自身が今、シンセサイザーをいじり始めていて、新しい音を模索中なので、共鳴できる部分もすごく大きかったです。

ただ、わたしの場合は、シンセの音そのものが目的、というわけでもなく。

作曲のツールとして、シンセやDTMが面白い、、、というところです。

その先に応用編が待っている!?  今、「初球編」というところでしょうか(笑)。


さて、今年の11月23日は、3月に続いて再度、京都城陽市のプラネタリウムでコンサートの予定です。

その前に、小さなライブを2、3回できないかと場所を探しています。。。

機材がある程度、会場にあり、気軽にライヴができる場所。。。と、いうとやはり奈良かしら。。。
恒例、毎日新聞社京都支局での、レクチャーコンサートシリーズ「笙の響きと雅楽の愉しみ」は、昨年は8月でしたが、今年はおそらく、やれるとして、12月、かと思います。

いよいよ9回目となります、こちらのシリーズ、やりたいテーマはまだまだありますので、どうか引き続き、「ご贔屓」に。。。。

8月は少しお休みをいただいて、東京教室の笙の生徒さんたち3名により発表会を広めの和室をお借りして行なう予定です。

笙だけの合奏、なかなか涼やかです。

詳細、後日告知しますのでどうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年7月13日 (金)

京都連日

先週の日曜日は京都の法然院にて、内田輝さんのコンサートに出演。
素晴らしいロケーションで演奏させていただくことができました。

内田さんの"Silent Prayer"というCDのリリース記念のコンサート。

透明感の高い内田さんの音楽と笙の組み合わせは、おかげさまで好評でした。
またどこかでご一緒させていただけたら、嬉しいです。

さて、本日はドイツの作曲家、ジモン・ルンメルさんのコンサートのためのリハ、半日京都でした。

笙の音を初めて聴いて、インパクトを受け、その後構想約10年? わたしがルンメルさんにお会いしたのは2年前のことでした。

正直なところ、(笙と似たような楽器なんて、作れるのかしら。。。)と半信半疑でした(笑)。
ところが、トライアルの楽器がどんどん進化していくのを見ていて、これはすごいプロジェクトになりそう、、、と思い始めました。
ルンメルさんの新しい楽器は笙に合わせてチューニングされているので、倍音が豊か。

二人の音がうまく重なると、さらに倍音が広がります。

作曲もルンメルさん。
和音が立ち現れては消え、現れては消えていくシンプルな作品。

滅多に体験できないコンサートは、明日ヴィラ鴨川のホールにて、18時からです。
入場無料、直接会場へ。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年7月 3日 (火)

Simon さんの活動が記事になりました。

Simon Rummelさんの微分音ハーモニカ。

説明だけしても「は? なんですか、それ?」という感じかと思いますが(笑)、京都新聞さんが記事にしてくださったそうです。

オンライン記事
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20180702000084

動画 「笙」に着想、ドイツ人が新楽器(2018年6月)
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/movie/?r=news&y=2018&v=RbauVC9g 

あさってこの楽器と初のリハーサルがあります。
ここしばらくは、さまざまなコンサートのリハと本番の日々です。。。
そして明日は、久々の城陽プラネタリウムへ。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年7月 2日 (月)

今年も後半!

あっという間に2018年も7月へ。。。

先月は関西で地震などもあり、久々に防災の意識を改めねば、と思いました。
笙は電気コンロを使うので、怖いですね。
調律のときのエタノールも心配です。

普段から整理整頓しておかねば、と思いました。

さて、今月の予定です。コンサートは今のところ、次の2つです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Looperを使った小さなライブもやりたいと思っていますので、そちらも決まりましたらどんどんアップします。
7月8日(日)内田輝さんのコンサートに助演で参加します。
静謐で透明感の高い世界。京都法然院にて。

内田輝《silent prayer》演奏会 6/22 東京初台 近江楽堂 7/8 京都 法然院 今回はnew album 《silent prayer》のレコ発LIVEになります。 音楽プロデューサー宮本貞雄氏、録音技師に加藤明氏を迎え素晴らしい音に仕上がっています。 2公演とも響きの良い空間であり、 頻繁に演奏出来ない場所なので、ぜひお越しください。 音楽会主催は night cruising 自作クラヴィーコードも交えて演奏致します。内容等は随時アップして行きます。 写真 田渕睦深 【東京公演】 会場:近江楽堂(西新宿 東京オペラシティ3F) 日時:2018年6月22日(金) 開場:18:30 / 開演:19:00 出演:内田輝 料金:前売3,500円 / 当日4,000円 【京都公演】 会場:法然院 方丈 (左京区 鹿ケ谷) 日時:2018年7月8日(日) 開場:18:00 / 開演:18:30 出演:内田輝 料金:前売3,500円 / 当日4,000円 ソプラノサックス/クラヴィーコード奏者、ピアノ調律師など各地で幅広く活躍する音楽家・内田輝。 ミホミュージアムにて録音されたサックスソロでの作品《silent prayer》の発売を記念し、“響き”をテーマとした演奏会を東京と京都にて開催。 静寂な空間の中、サックスと自作のクラヴィーコードを奏でます。 前売りチケット メール予約: info@nightcruising.jp (night cruising)まで 件名を「6/22 近江楽堂」もしくは「7/8 法然院」とし、 お名前(カタカナ フルネーム)/人数/連絡先を明記の上、送信下さい。 数日内に受付確認/ご予約番号をメールさせていただきます。 *予約が定員となり次第締め切らせていただきます。その場合、当日券の発行はいたしません。お早めにご予約下さい。 *チケットご購入後のお客様の都合による変更・キャンセルはできません。 *お子様のご入場も可能ですが、席数が限られているため、お子様の分のチケットもご購入下さいますようお願いいたします。 未就学児のお子様のご入場に関しては、ご相談ください。(静かな演奏をともないますので、他のお客さまへのご配慮をお願いします。) 主催:night cruising お問い合わせ: info@nightcruising.jp 050-3631-2006

内田輝さん(@baroquevoice)がシェアした投稿 -

2018年 5月月8日午前12時42分PDT

続いて7月14日はゲーテ・インスティテュート・ヴィラ鴨川にて、Simon Rummelさん製作の楽器とのコラボ。

2018年7月14日(土)18:00~
会場:ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川、
ホール 入場無料、
申込不要 Tel: 075-761-2188 (Ext.31#)
雅楽器「笙」から着想を得て、ヴィラ鴨川滞在中のドイツ人作曲家ジモン・ルンメル氏が新楽器「微分音ハーモニカ」を考案・製作しました。本演奏会のために書きおろした新曲を、笙奏者・伊藤えり氏とともに披露します。新旧2つのリード楽器が奏でる、未知のハーモニーにご期待ください。 雅楽器の「笙」は、円形に並んだ細い竹管に取り付けられた金属製の15枚の簧(した:リード)が振動して音が鳴ります。今回ジモン・ルンメルが考案・製作した新楽器「微分音ハーモニカ」もまた、15枚のリードからなりますが、楽器は空中に吊るされており、小さな磁石によって微分音的な音程調節が可能です。両楽器のゆったりした響きをお楽しみください。 演奏: 伊藤 えり (笙) ジモン・ルンメル (微分音ハーモニカ、作曲) 伊藤 えり (笙) 東京藝術大学卒業。多忠麿、芝祐靖、多忠輝などに師事。1986年より雅楽演奏団体「東京楽所」に参加。各地での演奏会をはじめ、神社仏閣での奉納演奏や、国内外の大学でのワークショップやレクチャーなど活発な音楽活動を行う。近年、笙の響きを活かした即興演奏や、ジャンルを超えた共演も数多く行っている。 ジモン・ルンメル (微分音ハーモニカ、作曲) 1978年生まれ。ケルンでピアノと作曲を、デュッセルドルフで美術を学んだ。実験的な楽器の製作や作曲に取り組み、自作の微分音オルガンによるCD『Harmonielehre』で、2011年QuattroPoleロベール・シューマン賞を受賞。ヴィラ鴨川滞在中、雅楽器「笙」をリサーチし、そこから着想を得た独自の楽器の製作や作曲を行う。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月22日 (金)

Simon Rummel さんの微分音オルガンとのコラボ。

今年に入ってから手作りの音響世界を作り上げる人たちと仕事をすることが多くなりました。

12面体スピーカーのsonihouseさん。

マスプロダクションのスピーカーにはない音の響を作り出す鶴林万平さんのスピーカーには世界中にファンがいるようです。

自作のクラヴィコードで演奏、作曲をされる内田輝さん。

こんなかすかな、ひそやかな音「しか出せない」楽器をなぜ?とも考えてみました。

小さい音、弱い音。かすかな響き。

それを「しか出せない」と捉えるのか、そこから広がる世界を探求していくのか。

共演させていただいて、自分の世界観が少し変わりました。

そして、摩訶不思議としかいいようがない楽器を作り続ける、ジモン・ルンメルさん。

今の世の中では、少し変わった人たちかもしれませんが(わたしを含めcat )、唯一無二であることは、間違いありません。

さて、ジモンさんとのコンサート詳細。

7月14日(土)18時から、京都・ヴィラ鴨川(ゲーテインスティテュート)。

Simon さんの楽器製作もいよいよ佳境に入っています。
どんな音響世界が当日、実現するのでしょう!?

入場無料、申し込み不要。

とり急ぎ、リンクを貼り付けておきます!
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/sta/kyo/ver.cfm?fuseaction=events.detail&event_id=21297849

どうぞよろしくお願いいたします。

関連のシンポジウムはこちら。↓

https://www.goethe.de/ins/jp/ja/sta/kyo/ver.cfm?fuseaction=events.detail&event_id=21288779

ジモン・ルンメルさんと作曲家の三輪眞弘さんとの対談があります(第1部のみ)。

7月7日15時より、同じくヴィラ鴨川にて。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 8日 (金)

鹿児島での講演会の次も、お寺様での演奏。

鹿児島では古典の演奏会でしたが、今回はガラリと雰囲気が変わって、京都、法然院様でのコラボ。

5月の連休最後の日にsonihouseさんで共演させていただきましたが、内田輝さんの新作CDリリース記念の演奏会。
その京都公演のほうに参加させていただきます。
詳細は下記のインスタグラムの画像をクリックしてください。
または、リンクhttp://nightcruising.jp/silentprayer2018 へ。。
前売りチケット メール予約: ナイトクルージング @nightcruising_kyoto にて。  

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 5日 (火)

無事に終わりました西本願寺鹿児島別院様での講演&演奏

Facebookに記事をアップしたのですが、ご覧になれないかたもいらっしゃるようですので、こちらにも。。。

ココログさん、どうしても写真の画質が落ちますが(^◇^;)お許しを。。。

(Facebookの記事のコピペ)

6月2日、西本願寺鹿児島別院様での演奏と講演、無事に終わりました。前半はお話を多めに、後半は演奏を中心にという構成で「仏教から生まれた華〜雅楽を楽しみませんか〜」というタイトルでお届けしました。

広く大きなご本堂、そして見事な荘厳(しょうごん)、雅楽はやはりこういった華やかさのなかから生まれたものです。

お話は、限られた時間内で1400年の時間を駆け抜ける感じでした。

前半、予想通り、お話が押してしまうことに。。。
これは、雅楽と仏教が流入してきたのが飛鳥、奈良時代ですから、わたしとしては、どうしたって力が入ります(笑)。

江戸時代の話は軽く触れて、明治、現代へと一気にジャンプしてしまいましたが、これはもともと時間の都合だけではしょったりしたわけではなく。。。

雅楽は本当に鎌倉、室町のあたりで、音楽的な発展、進化はストップしてしまい、江戸の頃には、「音楽的内容に限っていえば」特に「何もなかった」のですよね。。。

失われた伝承を再興したり、音律論の研究が進んだり、ということはありましたが、新しい曲が作曲されたり、楽器の編成などで改革がなされたり、などまったくなく、ひたすら律儀に古式を守り続けて、今にいたる、という。。。やはり世界的にみても、特異な芸能です。。。

篳篥の三浦さん、龍笛の伊崎さんの音色がご本堂にほどよく響き、その響きに笙も倍音がよくのって鳴ってくれて、まさに極楽浄土の世界でした。

ラスト2曲は、サプライズ(?)で準備した曲(「みなさんが知っている曲も演奏してください」という西本願寺様からのリクエストにお答えして)でしたが、こちらも評判がよく、とりあえずほっとしました。。。

後日、この企画にご縁を結んでくださった笙の生徒さんから

「関係者・参加者皆様大変に感動されていました。

私の知り合いの方は、聞いた音色をわすれないうちにと終わってからそのまま練習をされたそうです。

鹿児島においてこのような機会をもてたことは私にとっても大変ありがたいご縁でした」

とのメールをいただきました。

わたしにとっても、本当にありがたいご縁でした。

お招きくださいました、西本願寺鹿児島別院様、ありがとうございました。

三浦さん、伊崎さん、ありがとうございました。
お疲れ様でした。

朝。入り口の看板。本人自撮りが恥ずかしい(⌒-⌒; )。

大きなご本堂。篳篥は三浦元則さん(東京楽所)、龍笛は伊崎善之さん(伶楽舎)。

ご本堂向かって左は聖徳太子様ご尊像。

そして、鳳凰。

ご本堂向かって左側。

今回は三鼓は使いませんでしたが、、、よく使い込まれた皷類。

そして、帰りの飛行機の窓から。

今までに乗った飛行機のなかで一番小さなプロペラ機!!!

珍しく窓側の席、しかも「1A」でしたので、周囲を気にせず、ずっと窓から写真を撮ってしまいました。。。

いちおう、Facebookの記事のほうもコピペしました⇩。
右端のfマークをクリックしていただくと、 Facebookにとびます。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月30日 (水)

【業務連絡】東京・篳篥教室お問い合わせのS様、

5月26日にご連絡をくださいましたS様へ、

iMessage のほうに連絡を頂戴しています。
iMessageより即日、ご返信しましたが、ご連絡はとどいていますか?

今一度、ご連絡ください。

【お教室などの、お問い合わせをくださるかたへ】

こちらからのご返信が届かないことが、まれにあります。
1、お名前(フルネーム)
2、ご住所
3、電話番号(携帯でも家の電話でも)

をお書きの上、お問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月29日 (火)

西本願寺鹿児島別院様での講演と演奏 

6月2日、西本願寺鹿児島別院様のハートフル講演会、日にちが迫ってまいりました。

単独の講座の受講も可能だそうです(2000円)

仏教から生まれた華、雅楽を楽しみませんか?
というタイトルですが、仏教と雅楽のお話だけでなく、日本の文化の根底で長く広く続いてきた、雅楽というものがどのようなものであるのか、どういった点が魅力的であり、また貴重であるのか、お伝えできれば、と思っています。
篳篥は三浦元則さん、龍笛は伊崎善之さん。
演奏曲目
双調 酒胡子
盤渉調 蘇莫者破
壱越調 蘭陵王
など、バラエティーにとんだ選曲で演奏します。

どうぞよろしくお願いいたします。
リンク↓
http://www.hongwanji-kagoshima.or.jp/heart_c.htm

伊藤 えり

6月2日
伊藤 えり(いとう えり)

笙演奏者 作曲家

仏教から生まれた華「雅楽」を楽しみませんか?

この半世紀で世界からも注目を浴び始めた雅楽は、意外にもお膝元の日本ではまだまだ知られていません。雅楽の魅力をベテランの演奏者とともに、お届けします。東京藝術大学音楽学部楽理科卒。多忠麿、多忠輝、芝祐靖、松井北斗、宮田まゆみの各師に師事。在学時より雅楽演奏団体「東京楽所」にて、国立劇場、サントリーホールなどの舞台、音楽祭、録音に参加。「明治時代の芸風を残す最後の楽人」と言われた多忠麿氏の元で研鑽を積む。現在は主にフリーで活動、古典の雅楽だけでなく、即興をベースとした演奏や作曲によって笙単独の魅力を広める活動をおこなっている。7年前より奈良県在住。ここ数年は香港、韓国などでの演奏やスタンフォード大学の学生に講義を行うなど(於・京都スタンフォードセンター)、海外に笙や雅楽を紹介する機会も増えている。

三浦 元則

助演:三浦 元則(篳篥)幼少より雅楽に親しみ、父三浦進に篳篥の手ほどきを受ける。東京藝術大学雅楽専攻卒業。篳篥、楽箏、打物、歌物、右舞などを修める。篳篥・古代歌謡を東儀雅季、三浦進、右舞を多忠輝、各氏に師事。大学在学時より演奏団体「東京楽所」にて国立劇場、東京オペラシティ、海外など数多くの公演に出演。主に篳篥奏者として古典音楽から現代音楽まで幅広く活動している。「東京楽所」「日本音楽集団」「Group-4-」所属。 東京藝術大学非常勤講師。

伊崎 善之

助演:伊崎 善之(龍笛)高校入学時より雅楽を始め、東京藝術大学音楽学部邦楽科雅楽専攻を卒業。横笛を芝祐靖・越後眞美、歌物を東儀雅季、左舞を岩波孝昌の各氏に師事。これまでにイギリスや中国、韓国など海外での演奏も行い、映画録音など横笛奏者として国内外を問わず幅広い演奏活動を展開する。平成21年度には東京藝術大学非常勤講師を勤め、現在は伶楽舎に所属、小学校・博物館等の教育機関などへの指導・演奏も積極的に行っている。


内 容会員制による月1回の講演会(全8回)
時 間毎回土曜日 13:00~15:00
場 所西本願寺鹿児島別院・本堂
定 員400名
参加費年間 10,000円
参加対象どなたでもお申し込みいただけます。
申込方法

① 直接訪問して申し込む
西本願寺鹿児島別院、また市内各地の出張所にて、年間受講券を取り扱っておりますので、直接お問い合わせください。

② 電話・FAX・ハガキで申し込む
電話、FAX、ハガキでもお申し込みいただけます。お電話の場合は、「ハートフル講演会受講希望」の旨をお伝え下さい。
FAX・ハガキの場合は、氏名・住所・電話番号・生年月日・性別をご記入の上、西本願寺鹿児島別院・ハートフル講演会事務局までお送り下さい。
第1回講演の際に、10,000円と年間受講券をお引き換えいたします。
▼お申し込みはこちら
鹿児島市東千石町21-38 西本願寺鹿児島別院 ハートフル講演会係
電話 099-222-0051 FAX 099-226-4526

※申し込み用紙は下のリンクからダウンロードできます。

③ インターネットから申し込む
下のお申し込みフォームよりお申し込みください。後日、事務局よりご連絡させていただきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月26日 (土)

結構反応があった記事。。。

Facebookに書いた記事をそのままコピペしますね。
意外とたくさんのかたがコメントを書き込んでくださいましたので。。。

*************************
楽器は音量ではなくて、響きが大切です。

特に雅楽のような、間合いが長い音楽は、響きが豊かでなく、音量だけの演奏だと、面白味が半減します。

かたや絃楽器は、ボロンボロンと、へんな残響の演奏が増えてきた? 

特に楽琵琶は、平家琵琶や薩摩琵琶とは違うのだから、端正に枯れたような音であってほしい。。。語りや歌とともに使う楽器とは、やはり求められるものが違うと思います。

楽器のせいなのか、演奏のせいなのか、はたまた絃のせいなのか、わかりませんが。。。

年寄りのたわごと?😉かもしれませんが、ダメ元で、時々こういうことをぼやいてみようかな。。。とも思います。

追記. でも舞楽では音量がないと寂しいですね。特に屋外での舞楽。
芯のある遠音がする音で、やはり大人数での舞楽がいいなあ、と思います。。。
*****************************

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

«6月7月の予定(詳細未定のものも含め)